ザ・キング:永遠の君主 ティーザー(予告編)

2020年4月17日から放送を開始する、イ・ミンホ&キム・ゴウン主演でキム・ウンスク作品、ザ・キング:永遠の君主(ド キン:ヨンウォネ クンジュ:더 킹 : 영원의 군주)のティーザーが公開されました。

ご存じの方は多いと思いますが、あらすじ団は大のキム・ウンスク作家フリーク。

現在、サイトの更新をサボリ気味なのも、ソワソワしていてもたってもいられず、他のドラマに気が回らないから(笑)

というわけで、4月の中旬から本格再始動となりそうです。

 

ザ・キング:永遠の君主

 

 

ザ・キング:永遠の君主 ティーザー

実はすでに人物相関図などの情報も出ています。

今回はティーザーを重点的に紹介しますね。

Netflix作品なので日本語字幕のティーザーもあるのですが、完全翻訳されてないので、あらすじ団バージョンとしてオリジナル訳を紹介します。

どのくらい差があるかチェックするのも面白いですよ。

 

ザ・キング: 永遠の君主 | ティーザー予告編 | Netflix

 

 

チョン・テウル:本当に、別の世界から来たの?

「1」と「0」の間を越えて

イ・ゴン:ここにあるのだろうか?私が生き残った理由が・・・

2020年、春

チョン・テウル:あなたはまるで私を知っている人のようにふるまうけど、私はあなたを知らないわ

イ・ゴン:私がここにいないように、君も私の世界にはいなかった

チョン・テウル:私は未だに地球が丸いということも信じてない人よ

イ・ゴン:一緒に行こう、私の世界に

 

「シークレット・ガーデン」「トッケビ」

キム・ウンスク作家が描く、次元が異なる愛のストーリー

ザ・キング:永遠の君主

 

 

どうですか?かなり端折られているし、ニュアンスが違うところもあるでしょ?

特にイ・ゴンに最後のセリフが、字幕だと「一緒に来い」と命令形になってますよね?

実際のシーンでないとわかりませんが、どちらかというと優しく言っている感じじゃないですか?

 

企画意図を読むと平行世界のお話のようです。

以前にも流行りましたが、キム・ウンスク作品なのであの頃の野暮ったさはなさそうですね。

「1」と「0」の間を越えて・・・とのことなので、デジタルも関係するのかな?

 

 

Netflixだと日本語字幕あり、ぼくはSBSで

字幕、やっぱり楽ですよね~。

辞書引かなくていいもん。

けれど、ボクはSBSで無料で視聴します。

また、特にキム・ウンスク作品は一言一句逃したくないので、とにかく原音を何度も聞いて理解していこうと思います。

 

今回のティーザーでもわかったように、セリフの2/3ほどが翻訳されない箇所も出てきます。

キム・ウンスク作家の場合は、巧妙なレトリックを駆使しているので、一言聞き逃しただけで面白さが損なわれる可能性もあるしね。

ただ、いつものようなほぼほぼ完訳はきついので、字数は減らすつもりです。

完訳するとだいたい2万字行っちゃいますから(汗)

それに、最近サボりすぎて能力の低下も著しいし。

 

ところで、直近では自宅にいる方が多いせいか、Netflix作品のキャスト情報の閲覧数が増加しています。

やはり時代はサブスクリプションですね~。

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

コメント