韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

大丈夫、愛だ 最終回(第16話)視聴感想 完璧な構成に脱帽せずにはいられない!

   

チョ・インソン(조인성)コン・ヒョジン(공효진)主演のSBS水木ドラマ

大丈夫、愛だ/大丈夫、愛さ(クェンチャナ、サランイヤ:괜찮아, 사랑이야)

の最終回(第16話)視聴感想です。

大丈夫、愛だ キャスト(出演者)・登場人物 チョ・インソン、コン・ヒョジン主演ドラマ

大丈夫、愛だ

 

大丈夫、愛だ 最終回(第16話)視聴感想

完璧なエンディングでした。

もともとノ・ヒギョン作家の脚本は理路整然としていて数学的なのですが、今回はさらにその傾向が強く、各話で小出しにされたパーツが徐々に組み合わさっていき、最終週で完全体へと仕上がっていきました。

そのため、途中では意味不明な点もあり、ストーリーの含みや帰結を予想するための視聴側のリテラシーが問われた作品でもあります。

それが如実に現れたのが視聴率で、初回から第14話までほぼ変わらない10%前後の数字が並びました。

これもいつものことですが、ノ・ヒギョン作家の脚本に対応できる視聴者しか視聴しておらず、また、そんな視聴者はリテラシーが高いセグメントに所属していると言えます。

 

とは言うものの、日本人にはかなりハードルの高い作品だったのではないでしょうか?

あらすじを起こす際にも、他の作品に比べてかなりリサーチしましたし、2度視聴しても咀嚼できない箇所が多かったです。

この作品が日本に入ってきた時には、当然ながら簡素化された意訳になるのでしょうが、 ノ・ヒギョン作家の紡ぎだすセリフは削るところがないため、おそらくはワケの分からない訳に仕上がると思います。

または、意訳をこじつけて別のストーリーを生み出すかのどちらかです。

ここは翻訳家の腕の見せどころですが、文字数の制約を取っ払わないことにはこのドラマのストーリーは伝わらないでしょう。

 

チョ・インソンは更に株を上げたに違いない!

『その冬、風が吹く』より前は個人的に苦手な俳優だったチョ・インソンですが、この作品ですっかり評価が変わり、できる俳優という位置づけになりました。

そして今作でも、予想に違わずハイレベルな演技を見せてくれました。年令を重ねるにつれて引き出しが増えているようです。

滑舌が悪いのが玉に瑕ですが、それを補って余りある良い役者の雰囲気を持っているので、今後も活躍が期待されます。

 

一方で、コン・ヒョジンは今回のヘスという役が適役だとは思えませんでした。いい線はいっているものの、なんだか違うと感じました。

彼女についてはほとんど辛口批評は出ないのですが、前作の『主君の太陽』や他の作品と比べると微妙に外している感が否めませんでした。

もっとも、今回はシャープな役で、過去の作品の少しおとぼけな役とは違っていたからかもしれません。彼女に対しては視聴者としてそんな役を切望しているのかもしれません。

役者は役者らしく、あらゆる役を消化しなければならないのですが、彼女自身も今まで演じてこなかったシャープな役に慣れていなかったのかもしれませんね。

 

OSTが秀逸だった 大丈夫、愛だ

音楽要素はドラマに欠かせないものですが、今回はそれが実に良かったです。

以前、大丈夫、愛だ OST & BGM特集でも紹介していますが、オリジナルの韓国語の曲以外の洋楽のチョイスも秀逸でした。

配信されているアルバムを2つゲットしましたが、すごく聴き応えがあります。クラブ系の曲は飛ばして聞いていますが(笑)

また、シングルカットされてない、ウララセッションの『Love Fiction』も良い曲で、シーンに小気味よい軽快感を出していました。

 

울랄라세션 (Ulala Session) – Love Fiction

 

そして、ずっとカフェで流れていた曲も、ようやく昨日公開されました。オレンジ・キャラメルということはわかっていたのですが、全曲聴けなくてイライラが募っているところでした(笑)

 Tonight 오렌지캬라멜(Orange Caramel)

 

むすび

最終回を視聴し終わると、一旦テンションが下がります。すべて視聴を終えたという達成感というか虚脱感というか、自分の中で何かが完結してしまうんですよね。

そのため、最終回だけアップしてなかったり、最終回を見終えたためにラスト数話のあらすじを書かなかったりすることもあるのですが、この作品は最後まできっちりあらすじを書いていこうと思っています。

今回の作品は、ノ・ヒギョン作家の作品ということで、まずはそこに注目して視聴しました。

日本のドラマでは作家が誰なのかを把握してみることはありませんが、韓国ドラマの場合には、それが大きな要素でもあるので必ずチェックするようにしています。

ノ・ヒギョン作家も次回作を発表するまでには1年近いブランクを開けると思いますが、首を長くして待ちたいと思います。

また、主演の二人の次回作にも期待です。こちらは、できればあまりブランクを開けずに、良いドラマに出演して欲しいですね。

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 大丈夫、愛だ , , , , , , ,