韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

ボクにはとても愛らしい彼女 第11話、私の生涯の春の日 第13・14話視聴感想(あらすじ含む)&未生(ミセン:미생)が面白い!

      2014/10/26

ピ&クリスタル主演のSBS水木ドラマ・ボクにはとても愛らしい彼女(ネゲン ノム サランスロウン クニョ:내겐 너무 사랑스러운 그녀)

カム・ウソン&スヨン主演のMBC水木ドラマ・私の生涯の春の日(ネ センエ ポムナル:내 생애 봄날)

の第11話および第13・14話の視聴感想(あらすじ含む)です。

ボクにはとても愛らしい彼女 キャスト(出演者)・登場人物 ピ(RAIN)、クリスタル主演ドラマ

私の生涯の春の日 キャスト・登場人物紹介 カム・ウソン、チェ・スヨン(少女時代)主演韓国ドラマ

 

ボクにはとても愛らしい彼女 第11話、私の生涯の春の日 第13・14話視聴感想

 

私の生涯の春の日(ネ センエ ポムナル:내 생애 봄날)

惰性で見ている両ドラマ。

『私の生涯の春の日』は、正直なところとっとと終わって欲しいです。

過去のドラマの典型をトレースしている予測可能なお決まりのストーリーな上に、スヨンの力量不足がシンクロしてけっこう辛いです。

 

ボクにはとても愛らしい彼女

 

さて、今週は野球中継があったために『ボクにはとても愛らしい彼女』は1話のみの放送となりました。

その兼ね合いで、水曜日分の『私の生涯の春の日』は久しぶりに視聴率が10.6%と、2桁に乗せましたが、翌日は木曜日にもかかわらず1%ダウンして9.6%となりました。

『ボクにはとても愛らしい彼女』は先週と変わらず6.9%でした。未だに第1話の8.2%を超えられないでいます。期待値は高かったものの視聴してみるとダメだったというパターンです。

回を重ねるごとにクリスタルの演技がこなれてきました。高速でしゃべるときのキレはさすがで、もっとこの特技を全面に出せばいいのにと思いながら見ています。

そろそろ姉とヒョヌクの関係を知ることになりそうで、そうなると大きな葛藤を抱きそうですね。

 

未生(ミセン:미생)が面白い!

 

未生(ミセン:미생)

 

未生(ミセン:미생)は地上波ではなくTvNで放送されている漫画が原作のドラマです。地上波と異なり金・土に放送されています。

囲碁のプロ棋士を目指していたチャン・グレンは、家庭の事情で棋士になることを断念します。

囲碁の勉強に全勢力を傾けていたため、普通の学生のように学業はしておらず、階層社会の韓国においては、必然的に底辺に属せざるを得ない状況。

けれど、とある商社にインターンとして一時的に入社し、自身の瑕疵を自覚しあらゆる困難に直面して成長するという、いわゆる成長ドラマです。

けれど、普通のドラマと異なり悲壮なリアリティーが漂っており、それにより没入度を高めています。

また、その悲壮に勝つために囲碁で培った戦略を応用したり、もともと良かった地頭をフル活用して道を開いていく主人公に、どっぷりと感情移入してしまいます。

 

個人的には、ドクター異邦人(タクト イバンジン닥터 이방인)ですっかりその演技に惚れ込んだカン・ソラ(강소라 )が出演していることもあって視聴しているのですが、主人公チャン・グレン役のシワン(시완)がかなりいい味を出していることにも注目しています。

『太陽を抱く月』の時には一定の評価を下し、トライアングル(トゥライエングル:트라이앵글)の時はまだまだじゃんと思っていた彼ですが、今回はイイです。脚本と演技がマッチしています。

また、個人的に好きな若手俳優のカン・ハヌル(강하늘)も出演しています。『相続者たち』のヒョシン先輩の人です。

地上波のドラマよりも徹底して作りこんでいるので、けっこう言葉が難しいのが玉に瑕ですが、見るとハマると思いますよ!

まだ3話が終わったばかりなので、追っかけ視聴も十分に可能です。諸事情によりあらすじを起こす予定はないので、なんとか自力で視聴してみてください!

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - その他の韓国ドラマ , , ,