韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

相続者たち あらすじ(ネタばれ含む)第14話 2/5

   

イ・ミンホ(이민호)パク・シネ(박신혜)が主演する水木ドラマ・相続者たちのあらすじ(ネタばれ含む)第14話2/5です。

原題:王冠をかぶろうとする者、その重さに耐えろ 相続者たち

(ワングァヌル スリョヌンジャ、ク ムゲルル キョンドョラ サンソクジャドゥル:왕관을 쓰려는자, 그 무게를 견뎌라 – 상속자들)

相続者たち キャスト&登場人物 簡易版 

相続者たち

あらすじ

洗濯

チャニョンとウンサンが電話している。『そうだから、もう許しなさいって。イェソルの台本を探しに、直接来たのよ』と、ウンサン。『やっぱり、オレのポナだ。オレさっき、アイツがショーを見せたんだけど、可愛くて仕方がないってわかったんだ。振り返ってみたいのを、どうにか我慢したんだ』と、チャニョン。

『自慢ね。ショーはアナタがしてるんだわ。早く和解しなさいよ。そうしないと可愛いポナ、誰かに引っ張って行かれるわよ。切るわ!』と言い、制服を干して去っていくウンサン。

『おばさん、今何してるの?引き継ぎをしようと整理してるの?どんなに性格がLTE(速い)なのよ!2番目に行けと言ったら、急ぐ人ね、ホント。わたしはまだ人も雇ってないのに、そんなに出て行きたいの?』と、キエ。

『奥様、お客様がお見えです。次男さんの婚約者の方が』と、別の家政婦。『誰?ラヘル?』と、キエ。そこにアルバイトに行くことを言いにウンサンが来る。

『あなた、部屋に戻っていて。出てこないで、今、ラヘルが来たって。早く戻って!あなた、アルバイトも行かないで。正門を通って出会っちゃダメ。ここにアナタまでいるとしれたら、タンが本当に終わってしまうのよ。わかった?』と、キエ。

『今日はアルバイトに行きたくなかったからよかったわ』と、母に言い、部屋に戻るウンサン。物悲しそうだ。

『こんにちは、お母さん』と、ラヘル。『来たのね。会長は今いらっしゃらないのだけど。タンも家にいないし』と、キエ。『わたし、今日はお母さんに会いに来たんです』と、ラヘル。

『わたし?わたしに会いに?』と、キエ。『お母さん、話し方を楽にしてください。今からでもこうして会えて、どんなに良かったかわかりません。もっと前にわかっていたら、早く会いに来ることができたのに、残念です。お花お好きですか?』と、ラヘル。受け取るキエ。

部屋でじっとしているウンサン。

 

『難しい決定だったろうに、すごいですタンは。お母さんのことをすごく考えたようで』と、ラヘル。『ほんとにそう思う?ありがたいわ。ところで、お母様は傷心が大きいのでは?』と、キエ。

ウンサンの母がお茶を出す。

『少し当惑はしたようです。しかも、ウンサンのお母さんとして知っていたから』と、ラへル。『そうね。すごく驚かれたはずよ』と、キエ。『ところで、お母さん。父母会のとき、どうしてウンサンのお母さんとしていらしたのですか?』と、ラヘル。ちらっとウンサンの母を見るキエ。ウンサンの母はその場を離れる。

『ああ、その日はウンサンのお母さんに事情ができて、代わりにわたしが行ったのよ』と、キエ。『ウンサンの家もよくご存知なのですか?』と、ラヘル。『よく知ってる方ね』と言い笑うキエ。

『わたしは、タンがウンさんのことを好きみたいで、気分があまり良くないんです』と、ラヘル。『好きだなんて!ただわたしと知った仲だから、良くしてあげてるのよ。誤解しないで』と、キエ。

『そうですね。・・・お母さん、わたし、破談にする気はありません。わたしの母はどう考えているのかわかりませんが、わたしはそうです』と、ラヘル。『ほんとう?ありがとうラヘル。すごくありがたいわ。あなたがタンに力を添えてくれれば、おばさんもすごく嬉しいわ!』と、キエ。『はい!』と、ラヘル。

 

ラヘルは家を出て、女子の制服があることに気づく。ウンサンの名札を見つけ、キエに電話をかける。『お母さん、わたしです。ラヘルです。ちょっとお伺いしようと。ウンサンという子は、あの子はタンの家に住んでますか?』と、ラヘル。

ウンサンがバイトに出かけようとしたとき、制服がなくなっていることに気づく。タンが電話しても電話を受けないウンサン。

 

ゴミ捨て場で

翌日。『わたしの制服はどこにあるの?』と、ラヘルに問うウンサン。『制服はないわよね』と、ラヘル。『どこにあるのかって!』と、ウンサン。『捨てたんだけど、ゴミ捨て場に。今頃、燃えてるんじゃないの?』と、ラヘル。

ゴミ捨て場に走って行き、制服を探し見つけるウンサン。『母さんが買ってくれたものなのに・・・』と、悲しくゴミを払う。ラヘルもやってくる。『心が痛い?心が裂ける?タンの家でそれを見つけたわたしはどうだったでしょうね?』と、ラヘル。

『こんなサマを見て、気分は少しは晴れた?わたしがゴミ箱をあさる姿を見て、爽快になったのかって?』と、ウンサン。

『何いってるのよ、わたしを知らないの?これは始まりに過ぎないわ。家政婦の娘が、社会配慮者で転校してきて成金のふりをしてたのも流れたのに、その恐れも知らない正気を失った女が、わたしの婚約者と恋愛して・・・。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 相続者たち , , , , , , , , ,