相続者たち あらすじ(ネタばれ含む)第8話4/5

スポンサーリンク

イ・ミンホ(이민호)パク・シネ(박신혜)が主演する水木ドラマ・相続者たちのあらすじ(ネタばれ含む)第8話4/5です。

原題:王冠をかぶろうとする者、その重さに耐えろ 相続者たち

(ワングァヌル スリョヌンジャ、ク ムゲルル キョンドョラ サンソクジャドゥル:왕관을 쓰려는자, 그 무게를 견뎌라 – 상속자들)

相続者たち キャスト&登場人物 簡易版 

相続者たち

 

病院で

キム会長は病院で検診を受けていた。そこにユン室長がやってくる。ユン室長は謎の男性が持ってきたであろう封筒が気になる。キム会長はヒョンジュのことで何かしら指示をする。

また、ウンサンの母についてもいくつか質問をする。ユン室長の近所に住んでおり、夫婦で屋台をしていたことや、夫の病気のためにキエに借金をしてしまったことなど話す。話はウンサンのことに及ぶ。

キム会長が帝国高校にウンサンを送ったのだが、そのことを知っているかと問うキム会長。息子から聞いたとユン室長。どうしてかと問うユン室長。『あの子がどうしてタンに近づいてはいけないのか、少なくとも100人から聞くことになるだろうから』と、答えるキム会長。

 

ユン室長とエスト

帝国高校で偶然会う二人。エストヨンドが殴られたことで、理事長に会いに来ていた。いい継母だとユン室長。言葉に刺がある、今日は特にツンツンしてるわねと、エスト。会長のウンサンへの言葉が原因のようだ。

ユン室長とエストがダメになった理由も、100人の口からあれこれと言われたからだ。そして、どうしてお前のような人間は直接言わないのだろうとエストに問う。『どうなのかしら?いつも家に執事がいるから?』と、エスト。

その時電話が鳴る。エストに女性からというユン室長。信じないエスト。けれど、その電話は本当に女性からだった。『ヒョンジュさん、久しぶり』と、ユン室長。

 

ヒョンジュ

ヒョンジュは家庭教師があるから後で連絡すると言い電話を切る。そして、コンビニでラーメンをかきこんでいる。その様子を目にしたヒョシンは20分遅くなるとメールをして、ヒョンジュに時間を作る。

ピッタリ20分遅れてやってくるヒョンジュ。それをあげつらうヒョシン。時計というものがあるからとヒョンジュ。どうして20分遅れたんだと問うヒョンジュ。『いい男になりたくて』と、ヒョシン。

見るたびに死にそうな状態だと、夕食に何を食べているのか問うヒョシン。そして、ヒョンジュの口に鼻を近づける、まるでキスをする寸前の状況だ。けれど彼は冷静にラーメンの臭がするとにからかう。

宿題のチェックをするヒョンジュ。なにか気になることはないかと問うと、『今はないけど、明日できたらどうしよう?電話してもいい?』と、ヒョシン。ヒョンジュはタブレットを指し、メールしろ答えるからという。

『どんな問題でもすぐに?』と、ヒョシン。『うん、すぐに』と、ぞんざいに答えるヒョンジュ。『ハニーはどんな天才なんだ!』と、ヒョシン。『103ページ!』と、ヒョンジュ。

 

ヨンドの闘争

家族写真を撮るのがイヤで父と柔道勝負をするヨンド。一度も父に勝ったことがないが、切実に思った時の自分を知りたいと挑む。けれど、反則を使われ負ける。『お前はまだ勝つ方法を知らない』という。

審判のいないマットで正々堂々と戦って負けたというのが結果で、人々はその結果を覚えているのだと父。

 

ウンサンのバイト先のカフェで

ヨンドから電話が入るも無視するウンサン。けれど、ヨンドはカフェにいた。『名前を変えても受けないのは同じだな』と、ヨンド。『アナタはここをどうやって知って来たの?』と、ウンサン。

『おい、お前はオレの何を見たんだ?ところで、オレがお前についてちょっと知ってみて一番驚いた事実は、おまえがアルバイトを頑張って成金になったということだ』と、ヨンド。

『どんな答えが聞きたいのよ?』と、ウンサン。『何も言わなくていい。ただ、寂しくてけだかきただら』と、ヨンド。『あ、そうだ、オレ、告訴を取り下げてやった』と、ヨンド。『ホント?』と、ウンサン。

『するって言ったじゃないか、オレが』と、ヨンド。その時、遠くからタンが言葉を被せてくる。『何をシしてやるって言ったんだ?』と。『あ~、これは反則だろ』と、ウンサンに向かって言うヨンド。

ヨンドの前に座り、『ここをどうやって知って来たんだ?』と、タン。『それはこいつがすでに尋ねたんだが』と、ヨンド。『なんと答えたんだ?』と、タン。

『オレがここを知っているということは、「こいつが他のアルバイトをしているチキンの店も知っているし、ピザの店も知っているし、食堂も知っているという意味だ」と、頭のなかだけで考えていただろ』と、ヨンド。

『それがなんだ?ホテル屋の息子も休みごとに週末ごとに出て皿洗いじゃないか』と、タン。『知らないことを言い張るのはやめとけよ』と、ヨンド。『仕事しないのか?』と、不安げな顔のウンサンに助け舟を出すタン。

『それでおまえ、アイツの動線をどうやってそんなによく知ってるんだ?』と、ヨンド。『オレは何でもおまえより一歩早いじゃないか、いつも』と、タン。『だから背後に気をつけろ。一歩後ろにはオレがいるぞ』と、ヨンド。

『チャ・ウンサンで背後を打つのか?無駄なことに誠意を注ぐなよ』と、タン。『お前ら恋愛してるのか?』と、ヨンド。『よく似合うかオレたち?』と、タン。『何をそんな興なことを聞くんだ?』と、ヨンド。『よく似あってるぞ、オレたち』と、タン。顔色が変わるヨンド。

『チェ・ウンサンに触れるな。警告したぞ』と、タン。『正面突破か?それはあまり良くない戦略なんだが。膝の管理をしっかりしろよ。オレのマット内にはルールはないから』と、ヨンド。

言い合いをしている間に、おごりのジュースを置いてウンサンは帰ってしまう。渋々二人してジュースを飲みながら店を出る。

『法はそうやって使うんだ。ニセの告訴状じゃなくて。チューニングも違法なのは知ってるだろ?』と、車に乗って去っていくタン。ヨンドのバイクは駐禁で移動させられたのだった。

 

ウォンとヒョンジュ

車の中でヒョンジュの帰りを待つウォン。すると、誰かの車で帰ってくるヒョンジュ。ヒョンジュは運転手からある提案を受けていた。送ってくれてありがとうとヒョンジュ。そこへウォンが近づく。『誰だ?こんな時間に誰の車なんだ?』と、ウォン。

相手がユン室長と知り驚くウォン。ヒョンジュはそんな関係ではないとユン室長に言う。ウォンは、『明日会いましょう』と、すぐにユン室長を帰す。

どういうことだと問うウォン。わからないことなの?と聞き返すヒョンジュ。ユン室長の息子の家庭教師の件だという。けれど、時間も遅いし、おまえしか家庭教師はいないのかと問うウォン。

こうして会っているのが会長に知れたらと、不安がるヒョンジュ。おまえが養ってくれればいいとウォン。家庭教師でいくら稼げると思うの、イヤよと、ヒョンジュ。完全に家を出たから行き場所がない、寝かせてくれるか?とウォン。

本当に出てきたのかとヒョンジュ。生涯分の叱責を受ける気分だから叱るなというウォン。どうするのよと、ヒョンジュ。最後まで泊めてやると言わないんだなと、ウォン。その様子を誰かが撮影している。

 

第8話5/5に続く

※1~3話のあらすじとキャストの詳細は、韓国ドラマランキングにあります。

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント