韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

相続者たち あらすじ(ネタばれ含む)第13話 5/5

   

イ・ミンホ(이민호)パク・シネ(박신혜)が主演する水木ドラマ・相続者たちのあらすじ(ネタばれ含む)第13話5/5です。

原題:王冠をかぶろうとする者、その重さに耐えろ 相続者たち

(ワングァヌル スリョヌンジャ、ク ムゲルル キョンドョラ サンソクジャドゥル:왕관을 쓰려는자, 그 무게를 견뎌라 – 상속자들)

相続者たち キャスト&登場人物 簡易版 

相続者たち

 

学校で

『兄さん、寝た?本当に寝た?兄さんに聞きたいことがすごく多いのに、話したいこともすごく多いのに・・・兄さんはすごく早く寝るんだね』と、タン。その言葉を聞いているウォン。

翌朝。『送ってくれてありがとう』と、タン。『降りろ』と、ウォン。『兄さん、その・・・退社する時にここに来るの・・・』と、言ってみたものの首を振り、『気をつけて』と言い降りるタン。ウォンは出勤するヒョンジュを見かけ車を降りようとしたが躊躇してやめる。

 

『聞くところによると、あなた達はお金で互いを差別するんですって?だからわたしは今後あなた達を成績で差別するつもりよ。わたしにとって学生はきっちり2分類よ。勉強の出来る生徒(ヨンスキ)。勉強の出来ない生徒(ヨンスキ)。そこ、窓の下の眉毛の上がった生徒(ヨンド)、スマホを締まって、眉毛も下げて』と、ヒョンジュ。皆が小さく笑う。

『ここで勉強が一番できる生徒は誰?』と、ヒョンジュ。他の生徒にチャニョンだと言われ、名前を告げるチャニョン。『これで、このクラスには2つの生徒が生じたわ。ユン・チャニョンと、あなたたちヨンスキ。教科書開けて』と、ヒョンジュ。

※ヒョンジュは生徒のことをヨンスキ(영수기)と呼ぶのですが、ちょっと意味がわかりません。童話や説話からの引用とかなのかとも思っても見たり・・・영=youngとも思ってみたり・・・

 

キム会長の指示

キム会長の手の者は、ユン室長が気づいたようだと報告する。そうだと思って呼んだんだというキム会長。ユン室長が入室する。誰かわかるだろうとキム会長に問われ、撮った写真の中に自分があるのか問うのを忘れていたと答えるユン室長。

ユン室長に初恋を消せと言い、一旦タンへの株式の名義変更を停止し、エストが近いうちに帝国グループの買い込むだろうから、その対策をしろと命ずる。

キム会長は、チスクにもエストに考え直す余地はないのかと聞いてみろと支持する。ただのメギツネではないと答えるチスク。

そして最後に、ウンサンを留学させる準備をしろという。青春という名の変数を計算に入れてなかったと、キム会長。

 

ドーナツキス?

『あなた、今日見ると、とてもかっこいいわね』と、ウンサン。『フン、それ、昨日今日のことか?おまえ、朝遅刻しただろ?』と、タン。『寝坊して。久しぶりにぐっすりと眠ったんでしょ』と、ウンサン。

『開いた口が塞がらないな。オレがいないのにあの家で眠気が来るのか?』と、タン。『アナタは兄さんとどうだったの?』と、ウンサン。『同じ部屋で眠りについて、くだらない話もして、旨いものも食べて』と、タン。

『ウソみたいだけど?』と、ウンサン。『よくわかったな』と、タン。『そんなこと言ってないで家に帰りなさいよ。反抗してでも家で暮らしちゃダメなの?』と、ウンサン。

『母さんにそそのかされたのか?母さんはどうなんだ?昨日もワインを飲んだか?』と、タン。『これからアナタがわたしをスパイにさせるの?』と、ウンサン。

『食べる?』と言いドーナツの箱を差し出すウンサン。自分のものを口に持って行くが、ちょうど口につけた時に、そのドーナツにタンがかじりつく。まるでキスでもしているかのようだ。

一瞬フリーズするが、『死ぬ?ホント』と、タンに一発お見舞いするウンサン。そして、『大げさに騒がないで!』とも言う。ドーナツの箱を指し、『おれが、これを食べるとは言わなかったじゃないか』と、タン。

『ほんと、隙を作れば・・・』と、ウンサン。『オレが昨日考えてみたんだけど、オレたちの進度がすごく遅いようだ』と、タン。『なんの進度が遅いのよ?手も握ったし、屋上で・・・』と、墓穴を掘るウンサン。

『オレたちその話をまたしようとしてるのか?』と、ニヤつくタン。『すべてのことには順序があるってことよ』と、ウンサン。『どこに行くんだ?顔を赤らめて!』と、タン。『放送時間よ、何よ?振替当番よ。今日はヒョシン先輩が来なくて』と、ウンサン。そうなのかとタン。

ヒョシンは気にそまない面接を受けていた。心配になって電話をかけるタン。そんなタンにチスクから電話がかかる。

 

親族間戦争

理事長室。『痛手を追わせて申し訳ございませんでした』と、タン。

『申し訳ない?これが申し訳ないで済む話しなの?アナタが父さんに殴られて、わたしは少しガマンしないといけないのに、時間が経てば立つほど我慢できない。我慢が!

アナタがわたしを弄んでるの?あなたの父さんを弄んでるの?わたしとあなたの父さんは、アナタを嫡出子として隠し18年育てたの。それはせいぜい、アナタの出身成分に蓋をしようと。そうやって執拗に隠すのかって?』と、チスク。

『アナタの父さんは、自身の兄弟たちを皆蹴散らして、会長の座に座ったの。その戦争が果たして楽だったと?お前の叔父達やその子供達と、今でもアナタの父さんと訴訟中よ。

けれど、アナタが庶子だと分かれば、その両班(叔父)たちが黙っていると思う?なんといっても席をひとつ奪いたいと、また飛びついて噛むだろう。それでまた戦争よ。

あなたはたかだか高校生で、あなたの兄さんはようやく3年になるの。これからあなたとあなたの兄さんが、防がなければならない戦争になるはずよ。どうするのよ!』と、チスク。

 

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 相続者たち , , , , , , , , ,