愛の不時着 第11話視聴感想(あらすじ含む) ヒョンビン&ソン・イェジン主演韓国ドラマ

スポンサーリンク

ヒョンビン&ソン・イェジン主演SBS金土ドラマ

愛の不時着(サランエ プルシチャク:사랑의 불시착)

第11話視聴感想(あらすじ含む)です。

 

 

  https://karasuji.com/cast/bulsichak-cast/  

 

 

スポンサーリンク

愛の不時着 作品データ

  • 韓国tvNで2019年12月13日から放送開始の週末ドラマ
  • 脚本:パク・ジウン(박지은) 『青い海の伝説』『プロデューサー』『星から来たあなた』
  • 演出:イ・ジョンヒョ(이정효) 『ロマンスは別冊付録』『ライフ・オン・マーズ』
  • あらすじ:ある日、突風とともにパラグライディング事故で北朝鮮に不時着した財閥相続女ユン・セリと、彼女を隠し守り愛するようになる特級将校リ・ジョンヒョクの絶対極秘ラブストーリーを描いたドラマ。

      https://karasuji.com/cast/bulsichak-cast/    

 

 

スポンサーリンク

愛の不時着 第11話視聴感想(あらすじ含む)

まずは視聴率。

土曜日の放送にも関わらず、自己記録に匹敵する数字をマーク。

日曜日に向けてはずみが付きそうです。

 

見たとおりに話せ スタート 週末ドラマ視聴率20200201 愛の不時着、愛はビューティフル、人生はワンダフル,2度はない,揀擇(カンテク)-女達の戦争
2020年2月1日付けの週末ドラマの視聴率速報です。(韓国ドラマランキング調べ、AGBニールセンの集計結果より)

 

 

スポンサーリンク

愛の不時着 第11話あらすじのおさらい

しばらく彷徨ったよ、ソウル市江南区清潭洞(カンナムグ チョンダムドン)までしか言ってくれなくて、具体的な住所は言ってくれなかったと、リ・ジョンヒョク

私はこんな種類の夢は好きじゃないわ、覚めたら本当に虚しくて、リ・ジョンヒョクさんがそのように見つめるのも一つも嬉しくないってと、ユン・セリ

夢じゃないのにと、チョンヒョク。

確かなの?と、セリ。

確かだと、チョンヒョク。

チョンヒョクの胸に飛び込むセリ。

いや、どのようにここまで?顔はどうしたの?どこか怪我したんじゃなくて?と問う。

なんでもないと、チョンヒョク。

 

チョンヒョクはチョ・チョルガンも通ったであろう日帝時代の金鉱の跡を使って韓国にやってきていた。

韓国側の出口付近に北朝鮮のバッジが落ちていたため、警察によって一帯が捜査される。

 

ひょっとして私のために脱北したの?違うなら諜報?と、セリ。

チョ・チョルガン、そいつがここにいる、そいつの目標は君、君を使ってボクの家まで攻撃するつもりだ、君のためだけできたんじゃないと、チョンヒョク。

しばし来たというのならいつ帰るの?と、セリ。

今夜にでも、そいつを捕まえ次第と、チョンヒョク。

まずは私を狙うのなら、リ・ジョンヒョクさんは私を守らなければならないわね、そうするには一緒にいなければならないわね、しっかりくっついてと、セリ。

目についてはダメと、自分のマフラーをチョンヒョクに巻くセリ。

CCTV・ブラックボックス・国情院・警察を持ち出し、二人だけの秘密裏な空間に移動するしかないと、家に連れ帰る。

 

冷蔵庫になにもないことを指摘するチョンヒョク。

私が言わなかった?小さな口の公主だって?と、セリ。

ガツガツ食べていたセリを思い出すチョンヒョク。

北では特殊状況だったと、セリ。

 

目の前のチョンヒョクに実感のないセリ。

家族とはどう過ごしてる?と、チョンヒョク。

生きて帰って嬉しがられた、全て良いと、セリ。

けれど、次兄ユン・セヒョンが妻のコ・サンアとやってきて、北に行っていたことで脅迫する。

それをわかっていて助けようとしなかったことを指摘するセリ。

人生で忘れるべきでない3つの人がいる、大変なときに助けてくれる人、大変なときに置き去りにする人、大変な状況にさせる人、だから二人を忘れないとも。

 

何も言わないで、恥ずかしくてと、セリ。

セリを抱きしめるチョンヒョク。

人生で忘れるべきでないのは悪い人ではなく良い人だとも。

 

チョ・チスキム・ジュモクパク・グァンボムクム・ウンドン、そしてチョン・マンボクはチムジルバンに潜伏中。

チスがアカスリをしたために追加料金を払う羽目に。

 

 

北ではヨンエ以下の姉さんたちが新年のおめかし。

一緒にムーダンのところへ。

ヨンエは息子を金日成総合大学の医学部に入れたいので尋ねる。

南の少女のような話しぶりのムーダン。

マンボクは遠くへ行って戻れない、ヨンヘには人の心配をしてる場合ではない、村に嵐が訪れると予言する。

 

ヨンエの夫ほか、次々と軍人が逮捕される。

チョ・チョルガンが捕まったためだ。

そのため、彼の斡旋で潜伏しているク・スンジュンも捕まれば殺される状況に。

結局、チョン社長は捕まり、スンジュンだけがかろうじて逃げ切る。

 

自分の愛する人を再び害されることがあれば自分自身を許せないと、南に渡った理由を父に手紙で知らせていたチョンヒョク。

中隊交代まで1っヶ月あるため、それまでには帰るとも。

手紙を焼くチョンヒョクの父

 

 

指紋認証のドアに交換し、チョンヒョクの指紋も登録するセリ。

 

自分好みのスーツをチョンヒョクに買い与えるセリ。

店員がやたらとチョンヒョクにタッチするのが気にいらなかったが、チョンヒョクを旦那さんと言ったので、すっかり良い気分になる。

2500万ウォンだったのを見て、何してるんだと、チョンヒョク。

私が言ったわよね、ラグジュアリーな燕だってと、パトロン化するセリ。

デパートのドアを保持して人を通すジェントルなチョンヒョク。

女子たちも大騒ぎだ。

 

ホン・チーム長にチョンヒョクをボディーガードのイ・ヒョクとして紹介するセリ。

また恋愛を始めるのですか?と、ホン・チーム長。

何言ってるのかわからないわと、ごまかすセリ。

弁明をしつつ、あなたのせいで目が高くなったから恋愛は難しいとも。

 

セリの会社のビルを見て驚く5人。

もちろん、セリに会うことはできない。

 

 

ソ・ダンがチョンヒョクに振られたと噂している同級生3人。

そこにタンがやってくる。

堂々としているタンに面食らう同級生。

また、気になる男性(スンジュン)を外に見つけた3人だったが、タンがその男の車に乗り驚く。

 

 

パク・チーム長たちは、セリは人と一緒に昼食を取らないからと、チョンヒョクを呼ぶ。

けれど、彼らが話すセリと実際にセリとに乖離があると思うチョンヒョク。

趣向を把握してこそ長生きできると言われても腑に落ちない。

 

帰りの車。

ボクは君の趣向についてよく知らない方なのか?と、チョンヒョク。

私の趣向はリ・ジョンヒョクさんがよく知ってるじゃないと、セリ。

君の趣向ってなんなんだ?と、チョンヒョク。

リ・ジョンヒョクさん・・・初めて会ったときから話してたじゃない、顔が完全に私のタイプだってと、セリ。

薄ら笑いを浮かべるチョンヒョク。

 

スンジュンはタンの新居に匿われることに。

なんの痕跡も残すなと、タン。

そのまま帰るの?ラーメン食べていく?と、スンジュン。

 

二人きりで女性とラーメンを食べるのは初めてだと、スンジュン。

「ラーメン食べていく?」って韓国では誰にでも言う言葉じゃないんだと告げ、他の人から言われたら「いいえ」と、短く断れとも。

どうして?「いいえ」って言うの?私はいいのにと、タン。

その言葉の真意がわからず、ずっとスンジュンを悩ませることに。

 

※イ・ヨンエ&ユ・ジテ主演の映画「春の日は過ぎゆく(ポムナルン カンダ:봄날은 간다)」で「ラーメン食べる?」が「食べていく?」に変化して、意味深な言葉として使われています。

続くセリフは「寝ていく?」なので。

 

 

ハン・ジョンヨンに、セリが北にいた事、弟セヒョンはそのことを知っていて隠していたことを話す、ユン・セジュン

 

デパートのドアでのチョンヒョクの行動がネットに上がっていた。

「顔天才」などと書かれていて喜んでいるチョンヒョク。

 

セリの部屋の前までやって来るチョ・チョルガン。

エージェントから電話があり、チョ・チョルガンを探しに行くというチョンヒョク。

探せたなら君の顔も見ずに北に帰ることもあるとセリに告げる。

そのときには声だけでもと、互いの位置情報を登録するセリ。

 

チョンヒョクは罠にハマり戦闘を開始していた。

 

チョンヒョクがやったように、動物を逃がすためにボンネットを叩くセリ。

その時、車内に人がいることに気づき、ダッシュで逃げ始める。

途中でスマホを落としてしまう。

 

敵を倒し、スマホをチェックするチョンヒョク。

そして、セリのもとに駆けていく。

 

警備用の小部屋に隠れるセリ。

近づいてくるチョ・チョルガン。

 

セリからの電話に安心するチョンヒョク。

けれど、セリと一緒にいるというチョ・チョルガンだった。

電話を切らずに来い、長くは待てないと、チョ・チョルガン。

絶体絶命のチョンヒョク。

駐車場の電気を消し、チョンヒョクに逃げてと、セリ。

位置把握能力を駆使し、セリの目の前に現れるチョンヒョク。

 

 

エピローグ

7年前。

甘いもの、甘いものと言いながら、キットカットを買い漁るセリ。

タンを見つけ、熱を帯びたときに食べれば気分が良くなると話す。

けれど、反応がないため、韓国人じゃないのね、ソーリーと言い立ち去る。

キットカットを一抱えするタン。

 

二人の記念撮影を手伝った際。

男がもったいないとつぶやいた後に、英語で二人はお似合いですねと告げるセリ。

ムカついたタンは、キットカットをひとかじり。

 

愛の不時着 第12話 視聴感想(あらすじ含む)に続く

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

コメント