星から来たあなた 第1話あらすじ&視聴感想後半

スポンサーリンク

チョン・ジヒョン(전지현)キム・スヒョン(김수현)主演の韓国ドラマ・星から来たあなた

(ピョレソ オン クデ:별에서 온 그대)

の第1話あらすじ&視聴感想(ネタバレあり)後半です。

星から来たあなた キャスト・登場人物紹介 チョン・ジヒョン主演韓国ドラマ

 星から来たあなた 

スポンサーリンク

星から来たあなた あらすじ

学校問題

ユ・セミのマネージャーが助監督に文句を言っている。時間通りしっかりとスタンバイしていたのに、ソンイが来なくて撮影スケジュールが伸びているのだ。

それなら主人公をしろとキレる助監督。セミは車から出てきてマネージャーをなだめ、助監督にも謝る。ニュースは見なかった?今日ソンイは遅れるか来ないだろうというセミ。

ニュースではソンイが大学に通ってないことが取り沙汰されていた。学生もインタビューを受け、学校で見たことがないという。忙しいわりにはSNSをやっていると、ニュースは閉められる。

アン社長は、今日は学校にいけという。ニュースが出てすぐに行くのは気に沿わないソンイ。

 

フィギョンの帰国

S&Cのイ会長はフィギョンの到着が遅いことに気をもんでいる。女の尻を追い回す奴だと舌打ちしている。また、ショッピングモール用地買収のことも気がかりでいる。31坪の土地所有者が立退きに応じないのだ。

その時、息子チェギョンはメールを受ける。その土地所有者が事故で急死したとい言うのだ。人が死んだことではあるがと喜ぶイ会長。

フィギョンは帰国早々ソンイに会いに行っていた。6ヶ月ぶりに会ったのに会って嬉しくないのかとフィギョン。そんな余裕が無いというソンイ。学校にいくということで、ソンイを送るフィギョン。

この際スケジュール減らし学校にしっかり通った後に結婚しようというフィギョン。『いつか誰かと結婚するだろうけど来年じゃないわ』と、ソンイ。さらに、キスシーンやベッドシーンのあるメロドラマをするという。

自分は理解すると、無理に言うフィギョン。未来の夫だけが理解すればいいと言うソンイ。それが自分だというフィギョン。中学校の時から今まで何度プロポーズしたことかと。

 

学校での再会

学校に着くと、生徒たちが群がる。女生徒は嫉妬から、鼻はしてるわね、生まれたままであの姿なのがどこにいるのかと、陰口を叩く。それに対して、お前ら何処かで手術してこいというソンイ。

教授が入ってきて驚く。ご近所さんだ。それは良かったとマネージャー。裏で何とかしようというのだ。引っ越ししてすぐ何かあったってことはないだろうとマネージャーは言うが、『あったの』とつぶやくソンイ。

授業が終わり、『教授さま~』と、今までとは全く違う態度で、会えてうれしいというソンイ。『嬉しいですか?』と、ミョンジュン。もしかして昨日のことで当惑しているのか、時々ああいうことがあって、昨日は泣く番だったし、現代人にとっての風邪のようなものだというソンイ。

『言いたいことは何ですか?』と、ミンジュン。ソンイは韓流スター云々と文化のことを言い始めるが、結局はレポートを書くのが辛いということを言いたかったのだ。

助けてくれとしがみつき、こんな縁がどこにあるんだと、引っ越しすればおとなりで、学校に来れば教授でと言う。今回助けてくれたら、いつか必ず借りを返せると言う。

人が生きるとはそういうものじゃないですかというソンイに、一度が二度に三度になっていくのが人が生きるという事だと、顔を近づけて言うミンジュン。そして、いつか返すというほど人間の時間は長くないと言い去っていく。

 

400年前と12年前

唯一の友人チャン・ヨンモク弁護士と将棋を打つミンジュン。3ヶ月後に死亡届の操作をしてほしいという。いつもは10年ごとで、今回は2年しか経っていないが、なにか問題があったのかというチャン弁護士。

今回が最後になるという。3ヶ月後にもともといた場所に帰るというミンジュン。寂しがるチャン弁護士。

フィギョンとセミと食事をするソンイ。セミに証人になってくれと言い、ソンイにプロポーズするフィギョン。

懐かしい二人の写真を見せるチャン弁護士。あなたが写真を取るのが嫌いだったから一枚しか無いという。自分だけ容姿が変わらず、人は老いて死んでいくのが嫌だったのだというミンジュン。そして自分がいなくても長生きしてくれという。

チャン弁護士は気になることがあると言い、初めて来た時のことを問う。事故があって帰れす、そのために一人の子が死ななければならなかったというミンジュン。どんな子かと問うチャン弁護士。自分に初めて贈り物をしてくれた子だというミンジュン。

自分が書いたというUFOの絵をミンジュンに渡すその子。あなたは本当に直符使者(チョスンサジャ:저승사자)かと問う。そんな光景を思い出しつつ、12年前のクリスマスイブにに不思議なことが会ったと話し始める。(※直符使者 地獄への案内人)

その時は京畿道の外科医だったが、事故の映像が浮かんだのだというミンジュン。こんなことは初めてだったと。その子が400年前に会った子と顔が同じだったんですねとチャン弁護士。

 

ソンイもまた12年前のクリスマスイブに指輪を贈ろうとしたわねと、フィギョンに言う。その時と同じように今日も受け取らないというソンイ。1・2度じゃないから傷つかないというフィギョン。けれど、理由を教えてくれという。

『あの人の顔っを覚えている?』と言うソンイ。12年前の事故のことを思い出す。確かにトラックに轢かれるタイミングだったのだが、気づいたらある男性に助けられていたのだ。確かに顔を見たはずなのに思い出せないという。

セミはその人がソンイの初恋だという。初恋というとオーバーだけど、いつか会ってみたいし、どうして助けたのか聞きたいというソンイ。

それがまさにミンジュンだった。助けられたソンイは、『おじさんは誰ですか?幽霊ですか?ちがうなら、直符使者(チョスンサジャ)のようなものですか?』と、400年前のこと同様の質問をミンジュンにしたのだった。

『あの日のことは夢だったのだろうか?そんなに似ている人が存在するのだろうか?もし夢でないなら、去る前に、また会いたいのだけど・・・だめでしょうね』と、ミンジュン。

エレベーターのドアが開く、目の前にはソンイがいた。

 

おまけ

ミンジュンがあのようなのは軍隊に行ってないからだと言い出す。それを遠巻きに聞くミンジュン。

自分は1871年の辛未洋擾(シンミヤンヨ:신미양요)にも参加したし、10年毎の身分洗浄ごとにも軍隊に行ったという。そして、400年の間で24回、49年7ヶ月は戦争に行っていたのだと言う。

『信じますか?』

 

星から来たあなた 第2話前半に続く

星から来たあなたOST Part1.  My Destiny  린(Lyn)

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント