星から来たあなた 第3話あらすじ&視聴感想2/4

スポンサーリンク

チョン・ジヒョン(전지현)キム・スヒョン(김수현)主演の韓国ドラマ・星から来たあなた

(ピョレソ オン クデ:별에서 온 그대)

の第3話あらすじ&視聴感想(ネタバレあり)2/4です。

星から来たあなた キャスト・登場人物紹介 チョン・ジヒョン主演韓国ドラマ

 星から来たあなた

スポンサーリンク

星から来たあなた あらすじ

腹痛

書斎で過去の日記を読むミンジュンイファとのことを思い出している。お隣から『お腹が・・・』と、腹痛で苦しむソンイの声が聞こえる。

ソンイは右側下が痛むとマネージャーに電話をするが、以前もストレスだったというマネージャー。以前とは違うから早く来いという。

マネージャーは今は法事で忠州に出ているので、母親を呼んだらどうだ?連絡しようか?と言う。それは嫌だというソンイは、自分でいいようにして病院に行くと告げ電話を切る。

右側下なら盲腸かもしれないと思うミンジュン。そうであろうと関係ないと無関心を決め込む。ソンイは寝巻き姿では病院に行けないと、身なりを整えメイクをしている。

『ああ、お腹が・・・正気を保て、わたしはスターよ。わたしはアジアのスターよ。わたしは国民の女神・・・』と言いながらメイクをする。けれど、腹痛のためにアイラインがうまく引けない。

なんとか身支度を整えてお気に入りのヒールを履くソンイ。『病院ファッションもわたしが第一人者じゃなきゃ・・・』と、力なくつぶやいている。

踊り場に出ると同じタイミングでミンジュンが出てくる。『申し訳ないんだけど、今、どこに行くの?』と、ソンイ。『わたし?近く、ソンミン大学病院』と、ミンジュン。『午前に2時に?』と、ソンイ。『用事があって、ちょっと』と、ミンジュン。

『ああ、まあ、とにかく、それならより良かったわ。わたしが体調がちょっと悪いから言うんだけど、行く方にわたしを連れて行ってもらえる?』と、ソンイ。

 

ト・マネージャー

病院に到着する二人。ミンジュンは盲腸の所見を的確にインターンに伝え、手術室の準備をしろという。面食らうインターン。『ところでどちらさん?患者とはどういう関係ですか?』と問うインターン。

『わたしのマネージャーよ、わたしのマネージャー』と、ソンイ。『え?わたしが?まさか・・・』と、ミンジュン。インターンは医師でもない者に医学的な指示をされたことにため息をつく。最近は医学ドラマも多いしと、ブツブツ言いながら去っていく。

どうして自分がマネージャーなんだとソンイに問うミンジュン。自分は女優だから、夜中に男と病院にやってきたら、妊娠だ自殺未遂だと噂が立つのだという。それでも人をマネージャーにと憤るミンジュンに、マネージャーでしょ?と、事務手続きをするように促す看護師。

呆れるミンジュン。本当に盲腸なら手術を必ずしなければならないのかと問うソンイ。ビキニが着られなくたらいけないと心配して、ミンジュンにそのことを伝えてほしいという。マネージャーだからと。

『わたしがいつ?』と、憤るミンジュン。『チョン・ソンイサンのマネージャーの方!』と、看護師に呼ばれ、思わず『ハイ!』と、答えてしまいため息をつくミンジュン。書類にサインしたミンジュンは、連絡先にポケベルの番号を記載する。

手術室に運ばれるソンイ。入る直前。『ちょっと待って!ちょっと・・・ト・マネージャー』と、ソンイ。自分を指差すミンジュン。頷くソンイ。ミンジュンが近寄ると腕をつかむソンイ。

『行っちゃダメよ。わたしが目覚めた時、どこにも行かず、必ずそばにいて・・・わかったの?ト・マネージャー、どこにも行かないでよ、行っちゃダメよ!』と言い、ソンイは手術室に入る。

すぐに帰ろうとしたミンジュンだったが、躊躇して結局は待つことに。

 

おなら

手術が終わり予後の説明を受けるミンジュン。盲腸といえばおならだ。歩けば出やすくなると説明を受けるが、そんなものは出ないというソンイ。でたら報告するというミンジュン。

ミンジュンに腕を借り、言われたとおりに院内を歩くソンイ。病院服が気に入らなくて『Red』が無いのかい聞いてくれという。『わたしがそんなことを聞くように思えるか?』と、ミンジュン。首を横に振るソンイ。歩いていろとミンジュン。

ソンイは写真の話を持ち出し、わたしに似ていたら、ビジュアルが冗談じゃないレベルだという。ちょっと間違っただけでよく見ると違ったと答えるミンジュン。

『初恋、そんなの?』と、ソンイ。『いや、申し訳ない人』と、ミンジュン。申し訳ない人は、その人だけではないようだというソンイ。人生を振り返れば一人二人じゃないはずだ、性格を直せとも言う。

そんなことを言っていると、無事におならも出る。『よかったな』と、ミンジュン。『わたしのじゃないだけど』と、ソンイ。『看護師さん!』と言いその場を離れるミンジュン。『いや、わたしのじゃない!』と大きな声を出すソンイ。傷口が痛む。

 

初雪

病室に帰ると、外には雪が降っていた。『雪ね』と、ソンイ。心の中で『初雪ね』という。

朝鮮時代。イファが同じように言っている。

『初雪がいらしたわ。初雪をご存知ですか?この国朝鮮では、初雪が降る日には、どんな嘘をついても良いのです。さらに、王にする嘘も許される唯一の日なのです。旦那様。お耳に入れることがございます。

実はわたし、旦那様が好きです。わたしは早く歳をもっと重ね、美しい女人となった姿をお見せしたいと思います・・・。ハハ、嘘です。驚かれましたか?申し上げたではありませんか!今日は嘘を言っても許されている日だと。初雪がいらしたから!』

浸っていたミンジュンだったが、そのそばで、初雪の日にはチキンにビール、ホルモンに焼酎と、次々と食べたいものをいうソンイ。『おい、盲腸じゃなくて脳の手術を受けたのか?』と問うミンジュン。

更に止まらないソンイは食べたいもののカロリーを言い、制限の範囲内で、何が食べられるのかと自問する。そして、盲腸の手術を受けたから体重が減ったかと、少しでも可能性を見出そうとする。

無駄口をたたいてないで寝たらどうだというミンジュン。わたしが寝たら行こうとするのかと問うソンイ。マネージャーだとみんなに言ったのに、行ってしまったら変に思うわと。『だからわたしが言いたいのは・・・』と、ソンイ。

『行かない』と、ミンジュン。新聞を読み始め、『星座は何だ?』と、問う。『みずがめ座よ。どうして?』と、ソンイ。もしかして、近々に船に乗るようなことがあるかと問い、水に注意しろという。

そんなことは信じないというソンイ。『それでも、気をつけろということは気をつけても悪くないんじゃないか?そうじゃないか?』と、ミンジュン。ソンイは既に寝入っていた。

 

星から来たあなた 第3話3/4に続く

星から来たあなたOST Part1.  My Destiny  린(Lyn)

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント