胸部外科-心臓を盗んだ医師たち 登場人物・キャスト紹介 コ・ス、オム・ギジュン、ソ・ジヘ主演韓国ドラマ

コ・ス、オム・ギジュン、ソ・ジヘ主演のSBS水木ドラマ

胸部外科-心臓を盗んだ医師たち(ヒュンブウェカ-シムジャンウル フムチン ウィサドゥル:흉부외과 – 심장을 훔친 의사들)

のキャスト・登場人物(出演者)紹介、簡易版です。

 

 

胸部外科-心臓を盗んだ医師たち

 

 

 

 

  1. 胸部外科-心臓を盗んだ医師たち 作品データ
  2. 胸部外科-心臓を盗んだ医師たち 主要人物
    1.  パク・テス(박태수)役  コス(고수)
    2. チェ・ソッカン(최석한)役  オム・ギジュン(엄기준)
    3. ユン・スヨン(윤수연)役  ソ・ジヘ(서지혜)
  3.  태산병원
    1.  ユン・ヒョニル(윤현일)役  チョン・ボソク(정보석)
    2.  ユン・ヒョンモク(윤현목)役  ナム・ギョンウプ(남경읍)
    3. アン・ジナ(안지나)役  キム・イェウォン(김예원)
    4. カン・ウンスク(강은숙)役  チャン・ソヨン(장소연)
    5. ムン・スンジェ(문승재)役  オ・ドンミン(오동민)
    6. ク・ヒドン(구희동)役  アン・ネサン(안내상)
    7. ク・ドンジュン(구동준)役  チェ・デフン(최대훈)
    8. ナム・ウジン(남우진)役  イ・ジェウォン(이재원)
    9. イ・デヨン(이대영)役  チョン・ヒテ(정희태)
    10. イ・ジュンド(이중도)役  チャ・スンベ(차순배)
    11. ソン・ジェミョン(손재명)役  ソン・グァンオプ(손광업)
    12. イ・ソニョン(이선영)役  パク・ギョンヘ(박경혜)
    13. ペ・ユリ(배유리)役  チョン・ユミン(정유민)
    14. イ・ミラン(이미란)役  ナム・テブ(남태부)
    15. ユ・セファン(유세환)役  チョン・ヒョンソク(정현석)
    16. チョン・ジウォン(정지원)役  ルヒョン(루현)
  4. テス周辺人物(テス チュビョン インムル:태수 주변 인물)
    1. オ・ジョンエ(오정애)役  イ・ドッキ(이덕희)
    2. ファン・ジンチョル(황진철)役  チョ・ジェユン(조재윤)

胸部外科-心臓を盗んだ医師たち 作品データ

  • 韓国SBSで2018年9月27日から放送開始の水木ドラマ
  • 脚本:チェ・スジン(최수진)&チェ・チャンファン(최창환)
  • 演出:チョ・ヨングァン(조영광) 『被告人』
  • あらすじ:「二つの命、たった一つの心臓」医師としての使命と、個人としての事情が衝突するジレンマを有する状況に置かれた、切迫した胸部外科の医師たちの話

 

 

 

胸部外科-心臓を盗んだ医師たち 主要人物

 パク・テス(박태수)役  コス(고수)

胸部外科-心臓を盗んだ医師たち

 

テサン病院胸部外科フェロー

現代版奴隷のなかで上奴隷、大学病院のフェロー奴隷だ。

他の人々は1・2年するフェローを4年しているロングフェローの境遇で、地方医大出身だとテサン病院に残ることも、他の病院に行く席もなく、
チェ・ソッカン教授の下で4年目の忠誠を尽くしている。

いつでも教授がフッと吹けばフッと消えてしまうのがフェローの命だと、看護師はテスをロウソクのあかりだと呼ぶ。

いつかは松明のように燃え上がることを願いながら。

 

テスは金のために胸部外科を志願した。

専門医の月給が違う課の二倍だったから。

専門医を取った後の展望や未来は考える余裕さえなかった。

今すぐに数百がさらに急だった。

食堂で仕事をする未亡人の母と、空の下たった二人だけだった。

 

そのように始めても皆して逃げてあきらめるが、テスはますます心臓(胸部外科)が良くなった。

心臓手術のほかは目に入ってこなかった。

心臓を触ることができないならば医師をしないという考えになったが、胸部外科医はテスが願ってできるものではなかった。

大変で互いにしないようにとするが、テスはいくら望んでもいつも崖っぷちだった。

そしてテスがテサンに残らなければならないもう一つの理由がある。

テスが必ず生かさなければならない人、母 イ・ジョンエ。

拡張性心筋症で心臓移植を待っている母のためにならば、テスは崖っぷち、いや、それ以上のところにも立てると考える。

 

 

 

チェ・ソッカン(최석한)役  オム・ギジュン(엄기준)

胸部外科-心臓を盗んだ医師たち

 

テサン病院胸部外科副教授

テサン病院で唯一のヘウォン大出身だった。

テスが入ってくる前まで。

テサン大出身の聖骨教授たちは六頭品にもならないソッカンを思う存分呼んで使ったし、難しい患者や手術してもすぐに死にそうな患者は全部ソッカンに投げられた。

胸部外科だけでなく他の課からもすぐに死ぬ患者は心臓が良くないという言い訳でソッカンに渡したし、外科医が忌避するモータリティー(死亡率)はソッカンが抱え込んだ。

外科医として最高の実力を有していながらも死亡率1位という恥辱を抜け出すことはなかった。

テサン大出身専門医までソッカンを無視して手術室に入らず何も分からないインターン一人を連れて手術したことも多い。

自分の人一人もなく単独で持ちこたえていたソッカンをテスが訪ねてくる。

救急車で大動脈が破裂してしまった母の腹を開いてどうしても生かして手術場まで攻めて来たテスを見た瞬間、ソッカンは直感する。

私はこいつが必要だと。

そのように二人は一つの船に乗り、すさんだテサン病院で生き残った。

この4年を共に。

 

 

 

ユン・スヨン(윤수연)役  ソ・ジヘ(서지혜)

胸部外科-心臓を盗んだ医師たち

 

テサン病院胸部外科助教授

医師だからと皆同じような医師ではないでしょう。

心臓を触る手と便を触る手が同じであることはないでしょう。

何と大腸肛門外科の教授前で話した。

たかだか専門医1年目が。

たかが胸部外科という言葉にかっと怒ったが、スヨンの自負心がそれだけすごかった。

最も尊敬する医師である父を繋いで胸部外科を選択したし、心臓にメスを当てる医師が最高の外科医という考えは揺れたことない。

スヨンは先天性心臓病を持って生まれた。

手術難易度が最も高い複合奇形だったし、二度もオープンハート手術を受けたおかげで、胸に鮮明な手術跡を持っているが、スヨンはその傷跡さえも誇らしいと考える。

胸部外科を、その中でも最も難しい小児心臓を選択するのは当然だった。

最高のうちでも最高になりたかった。

テサンで専門医修練を受けて専門医を取った後、世界最高の心臓センターであるアメリカ・クリーブランド・クリニックに発った。

実力を認められ定年が保障される教授職を提案されて悩んでいる間、もう帰ってきてテサンを守れとの父の招請を受けて帰国を決めた。

テサンの心臓である胸部外科を育てて、テサンをクリーブランド・クリニックのようにするという目標を立て。

 

 

 

 

 태산병원

 ユン・ヒョニル(윤현일)役  チョン・ボソク(정보석)

胸部外科-心臓を盗んだ医師たち

テサン病院長、ユン・ヒョンモクの腹違いの弟

 

 

 ユン・ヒョンモク(윤현목)役  ナム・ギョンウプ(남경읍)

胸部外科-心臓を盗んだ医師たち

テサン医療院理事長、ユン・スヨンの父

 

 

アン・ジナ(안지나)役  キム・イェウォン(김예원)

テサン病院心臓内科フェロー

 

 

カン・ウンスク(강은숙)役  チャン・ソヨン(장소연)

テサン病院手術場ベテラン看護師

 

 

ムン・スンジェ(문승재)役  オ・ドンミン(오동민)

テサン病院胸部外科専攻医

 

 

 

ク・ヒドン(구희동)役  アン・ネサン(안내상)

胸部外科-心臓を盗んだ医師たち

テサン病院胸部外科課長

 

 

ク・ドンジュン(구동준)役  チェ・デフン(최대훈)

テサン病院胸部外科フェロー、ク・ヒドンの息子

 

 

ナム・ウジン(남우진)役  イ・ジェウォン(이재원)

胸部外科-心臓を盗んだ医師たち

テサン病院応急医学科専門医、テスとは中学の時から友人

 

 

イ・デヨン(이대영)役  チョン・ヒテ(정희태)

テサン病院麻酔科教授

 

 

イ・ジュンド(이중도)役  チャ・スンベ(차순배)

胸部外科-心臓を盗んだ医師たち

テサン病院基調室長

 

 

ソン・ジェミョン(손재명)役  ソン・グァンオプ(손광업)

胸部外科-心臓を盗んだ医師たち

テサン病院胸部外科教授

 

 

イ・ソニョン(이선영)役  パク・ギョンヘ(박경혜)

テサン病院胸部外科専門看護師

 

 

ペ・ユリ(배유리)役  チョン・ユミン(정유민)

テサン病院手術場スクラブ看護師

 

 

イ・ミラン(이미란)役  ナム・テブ(남태부)

テサン病院集中治療室看護師

 

 

ユ・セファン(유세환)役  チョン・ヒョンソク(정현석)

テサン病院体外循環師

 

 

チョン・ジウォン(정지원)役  ルヒョン(루현)

テサン病院手術場看護師

 

 

 

テス周辺人物(テス チュビョン インムル:태수 주변 인물)

オ・ジョンエ(오정애)役  イ・ドッキ(이덕희)

テスの母親

 

 

ファン・ジンチョル(황진철)役  チョ・ジェユン(조재윤)

胸部外科-心臓を盗んだ医師たち

チュンサン大学病院胸部外科教授

 

 

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

コメント