チョコレート 第10話視聴感想(あらすじ含む) ユン・ゲサン&ハ・ジウォン主演韓国ドラマ

ユン・ゲサン&ハ・ジウォン主演韓国ドラマ

チョコレート(チョコリシ:초콜릿)

第10話視聴感想(あらすじ含む)です。

 

チョコレート

 

 

チョコレート 作品データ

  • 韓国jtbcで2019年11月29日から放送開始の週末ドラマ
  • 脚本:イ・ギョンヒ(이경희) 『むやみに切なく』『本当に良い時代』
  • 演出:イ・ヒョンミン(이형민) 『私達が出会った世界』
  • あらすじ:メスのように冷たい脳神経外科医イ・ガンと、食べ物で人々の心を癒す火のように暖かいシェフ、ムン・チャヨン。ホスピス病棟で再会した二人の男女が料理を通じて互いの傷を癒すヒューマンメロ。

 

 

チョコレート 第10話視聴感想(あらすじ含む)

まずは視聴率。

先週の土曜日に比べると若干上昇したものの、昨日より5%が遠ざかってしまいました。

年末なので仕方ない部分もあるので、年明け以降に期待しましょう。

 

チョコレート,ストーブリーグ  金土ドラマ視聴率速報 20191228
2019年12月28日付けの金土ドラマの視聴率速報です。(韓国ドラマランキング調べ、AGBニールセンの集計結果より)

 

 

チョコレート 第10話 ストーリーのおさらい

イ・ガンの叔母イ・ソフンがホスピスにやってくる。

自分と組もう、院長は弟子(チェ教授)の殺人幇助などで追い出せばいいと言っている。

タバコを吸おうとしたイ・ソフンに、ここではダメだとムン・チャヨン

最終的にカンは叔母には乗らなかった。

 

先生が好きな人を知っているといい、「お姉さん」と空中に書くミニョン

チャヨンのことではなく看護師のことだった。

 

カンが好きなのかとイ・ジュンに問われ、慌ててやけどをしてしまうチャヨン。

好きではない、自分を助けてくれたありがたい医師なだけで、それ以上でも以下でもないと言う。

調理室の外でその会話を聞いていたカン。

 

自分の後任を探すようにと主看護師に告げたことをクォン・ヒョンソクに告げるハン・ソネ

 

ハン・ヨンソルイ・スンフンとの離婚の許可をもらおうとするユン・ヘミ

全く圧力にはならず、むしろ彼女の弟の不正がイ・ジュンの口から暴かれ、ユン・ヘミは身動きが取れなくなる。

 

マイクが食べたかった味ではなかったとチャヨンが伝えたことで、もう一度キムチチゲを作り直す実母。

けれど、彼女はマイクが砂糖アレルギーにもかかわらず砂糖を入れてしまう。

キムチチゲを捨て、どうして現れたのかと激怒するチャヨン。

マイクの兄が突っかかってきたために、チャヨンは頭を打ってしまう。

 

自分の行動で誤解を与えていたなら自分の誤りだ、自分はミンソンの友人だ、最も近くで見守り、誰よりも二人の愛を応援していた、だから私にはチャヨンさんはまだミンソンの・・・と、カン。

私にとっても先生はミンソンさんの友人です・・・心配しなくてもいいですと、チャヨン。

 

検査を受けに行くチャヨン。

 

イェソルの母親がホスピスに戻ってくる。

すまなそうな夫。

 

祖父が反対して両親が結婚式をできてない、自分が行っても追い出される、孫だと思われてないと、イェソル。

祖父の店の蒸しパンが食べたかったら一人でいったことがあると聞き、ハン・ソネはイェソルを祖父の店に連れて行く。

トイレに行ったあと、自分がどうしてここにいるのかわからなくなり彷徨い始めるハン・ソネ。

 

チャヨンとテヒョンとの話から、チャヨンの不調を知るイ・ジュン。

嗅覚と味覚に異常をきたしているのだが、回復することもあるししないこともあるという状況だった。

 

チャヨンが子供の頃に百貨店の事故に巻き込まれたことも知らなかったし、どうすることもできなかったと、テヒョン。

そんな会話を耳にするイ・ジュン。

 

ベトナム人妻を持つ入院患者がチャヨンを尋ねてくる。

初めてデートしたときの料理が食べたいとのことだ。

偶然にもベンタイン市場に行ったことがあったチャヨンは、その患者のアシストを受けつつ料理を完成させる。

先に逝ってしまうことを詫びる夫。

また、今度は同じ国に生まれようとも。

互いの愛を確認し合う夫婦。

その様子を外から見守るチャヨン。

 

チョコレート 第11話視聴感想(あらすじ含む)に続く

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

コメント