皇后の品格 第31話・第32話話視聴感想(あらすじ含む) チャン・ナラ、シン・ソンロク主演韓国ドラマ

チャン・ナラ、シン・ソンロク主演SBS水木ドラマ

皇后の品格(ファンフエ プムギョク:황후의 품격)

の第31話・第32話視聴感想(あらすじ含む)です。

 

皇后の品格 登場人物・キャスト チャン・ナラ、シン・ソンロク主演韓国ドラマ

 

皇后の品格

 

 

皇后の品格 作品データ

  • 韓国tvNで2018年11月21日から放送開始の水木ドラマ
  • 脚本:キム・スノク(김순옥) 『姉さんは生きている』
  • 演出:チュ・ドンミン(주동민) 『リターン』
  • あらすじ:ある日突然シンデレラとなり皇帝に嫁いだ明朗溌剌のミュージカル俳優が、王宮の絶対権力と相対して戦い、大王大后殺人事件を契機に皇室を取り壊して、真の愛と幸福を探し求める話
  • 視聴率 12.5%/15.3% 視聴率グラフはこちら → 韓国ドラマ視聴率速報

 

皇后の品格 第31話・第32話話視聴感想(あらすじ含む)

最高視聴率は15%台に復帰。

これまではライバルドラマが弱すぎだったこともあり、20%に迫るような動きを見せていましたが、ここに来て一服しています。

現在の数字が妥当なものかもしれませんね。

 

マクチャン続きであらすじを起こす必要がない状況です。

絵面を見ているだけど内容がわかってしまいますね。

 

オライ家

オ氏父子が皇宮へ殴り込みをしましたね。

牢に入れられたオ・ヘルロは、うちはオライ家だと言ってました。

トライというのが狂ったやつという意味なのですが、その「ト」を姓に変えて作った造語です。

狂ったオ家という意味合いです。

 

その後、オライ家の長女オ・ソニは、こうなったからには最後まで行くし、ソヒョン皇后のように死んで出ていくことはないと、太后カン氏に宣戦布告をします。

 

 

暴露小説

自分が見たソヒョン皇后の死を小説にした皇太弟イ・ユン

「最後のスペンサー夫人2」の表紙は、ソヒョン皇后が亡くなった池の状況が描かれている。

その時のことを知ったピョン先生は嘆くばかりだ。

いまからでも彼らの罪の対価を払わせる、もう逃げはしないと、ユン。

ソニは太后の花園へ潜入するという。

 

当時、皇帝イ・ヒョクへの輸血を優先した医師に詰め寄り、記者会見で真実を明らかにしろと、ユン。

その後、その医師は自殺するが、もちろん殺されたのだった。

 

花園の倉庫

花園に潜入したソニとウビンはクッキーを見つける。

そこにやってきてソニを探す太后。

絶体絶命となるが、ピョン先生に救われる。

その騒動でボタンを落としてしまったウビンだったが、機転を利かせたソジン公主がウビンを救う。

 

ナ・ワンシクの執拗な脅迫に、精神的に追い詰められるイ・ヒョク。

 

 

チュ前隊長が生きていた!

ミン・ユラに食事を持ってきた男がまさに・・・。

 

 

母の死と怒り・ウビンの告白

母の死の事実を、ユンから聞かされ知ることになるソニ。

そして、その怒りをイ・ヒョクにぶつける。

お前のような人のせいでどうして苦痛を受けなければならないの!と、母の死だけでなく、ソヒョン皇后も大王大后もイ・ヒョクのせいで死んだと主張する。

 

自分は知らなかった、今からでも謝罪を受けてくれるかもしれないと、ソニを尋ねるヒョク。

お前と一瞬たりとも同じ場所で息もしたくない、どけ!と、ソニ。

自分は絶対離婚しないと、ヒョク。

やめてくださいとヒョクを制圧し、以前叶えてやると言われていた願い事として・・・皇后様を手放しください、私が好きです、皇后様をと、チョン・ウビン

 

皇后の品格 第33話・第34話視聴感想(あらすじ含む)につづく

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

コメント