スポンサーリンク

真心が届く 登場人物・キャスト イ・ドンウク&ユ・インナ主演韓国ドラマ

真心が届く(チンシミ タッタ:진심이 닿다)とは、イ・ドンウク&ユ・インナ主演韓国ドラマ(tvN水木ドラマ)。

あらすじ:ある日、ドラマのようにポロッとローファームに落ちた韓国代表女優オ・ユンソが、完壁主義弁護士クォン・ジョンロクに会って始まる宇宙女神偽装就業ロマンス。

 

以下で登場人物・キャスト(出演者)を紹介します。

 

 

真実が届く

 

 

スポンサーリンク

真心が届く 作品データ

  • 韓国tvNで2019年2月6日から放送開始の水木ドラマ
  • 脚本:キム・スノク(김순옥) 『姉さんは生きている』
  • 演出:チュ・ドンミン(주동민) 『リターン』
  • 原作:イェゴ(예거:イェーガー:Jaeger)の小説

 

 

スポンサーリンク

真心が届く 登場人物・キャスト

オ・ジンシム(오진심)役  ユ・インナ(유인나)

真実が届く ユ・インナ

 

32歳。韓国代表トップ女優。自他ともに認める宇宙女神。大根演技。

法大出身脳セクシー女はイメージ。わかってみると生活無能力者。

 

高1の冬休み、ありふれた街頭キャスティングを通じてチョコレートCFモデルとしてデビュー。

「あなたの女神,私の女神オ·ユンソ”と呼ばれ,デビュー以来ずっとトップクラスを維持してきた。

けれど、自身をストーキングしてきた財閥3世との騒々しくごちゃごちゃしたスキャンダルに巻き込まれ、一瞬にしてイメージ墜落、結局、暫定引退という一手に出る。

 

2年後、スター製造機のイ・セジン作家の新作ドラマ「愛は痛いものだ」の配役をとるために、作家に三顧の礼と泣訴をいとわないのだけど・・・オ・ユンソにはスキャンダルよりもっと致命的な弱点があったので。

デビュー後、いっそう一緒に見る人を恥ずかしくする「大根演技」がそれだ。

あまりにも早くスターになり、本物の俳優になる機会がなかったというか?

 

代わりに若い頃から大人の世の中、それも情け容赦のない芸能界で暮しているため、空気を読むことにたけている。

ほめられて認められるために大いに努力してきた。

自然に認証欲求も強くなった。

「わたしうまいでしょ?ほめてください!」憎くない。

頑張ってるのが殊勝でかわいい。

ただ、演技はいつも足踏み状態。

だからためらう作家に自発的に現場実習をすると前に出るチンシム。

そうして、韓流女神オ・ユンソは、ローファーム弁護士の秘書に偽装就職することになる。

 

しかし,偽装就職の道は遠く険しかった。

素敵な弁護士とのドラマチックな”共助”を夢見たのだけど、現実は「無能なバカマヌケのような秘書」。

闘志が燃え上がった。

秘書のabcをツラツラ暗記してでも必ず上司のクォン・ジョンロク弁護士に認めてもらうぞ!(ここでチンシムの問題点が現われる。鼻をぺちゃんこにしてやる!ではなく認めてもらうぞ!)

空気を読むことに長け、何よりも暗記力が甲なチンシムだ。

芸能活動に反対する親を説得するため、教科書を丸暗記して法大に進学するほど。

 

そうして、秘書の業務はもちろん、法典をツラツラ暗記してさっさと!完璧な秘書になるつもりなのだけど、予想しなかったことが発生する。

無愛想というより道端の石や電柱のように見えた弁護士が、格好よく見え始めたのだ。

法大出身という知的な芸能人のイメージで生きているけど、実は白痴美を超え「白痴」のレベルだ。

また、若い頃から芸能界に身を置き芸能界が世の中の全てだったので世情に疎い。

すべての状況を映画やドラマのシーンに置き換えて考える癖がある。

一言で現実感覚がゼロ。

猛々しいのかと思えばキツネのようで、キツネのようかと思えば純真で愛らしい。

人に当てられた裏話を笑ってにこやかに返すことができる。

 

 

クォン・ジョンロク/クォン・ジョンノク(권정록)役  イ・ドンウク(이동욱)

真実が届く イ・ドンウク

 

35歳。オールウェイズのエース。論理優先合理主義者。時間厳守第一主義 。遅刻者嫌悪。

頭がいい。

けれど、金の匙ではない。

所有するビルもない。

太陽が自分を中心に回っていると信じる天動説の支持者たちと違い、傲慢なエリート意識もない。

地方官公庁に勤める父親に似てもどかしいほどに誠実で、無愛想が病いのような一人の男だ。

これまでサボったことはなく、トイレでこっそりとタバコを吸ったこともなく、トップを逃したこともない。

死ねとばかりに勉強ばかりする典型的な模範生だ。

 

ローファームでも勝訴率が最も高く、クライアントの信頼度もトップだ。

ただ、人間関係に要領がイマイチない。

ラインを使うのはうまくできないし好きでもない。

 

司法研修院を首席で卒業し、判事や検事の代わりに弁護士になったのも政治ができないからだ。

当然、好き嫌いが分かれる。

友達も多くない。

大学時代からつるんでいたユ・ヨルムとキム・セウォンが,ほぼ唯一の友人と言える。

 

模範生らしく、自宅と職場と裁判所を行き来しながら、よそ見をする暇もなく、忙しく暮らし恋愛もできなかった。

女を知らない。

深刻な恋愛音痴だ。

もちろん、チョンロクにも初恋はある。

けれど、初恋のヨルムはチョンロクの最も親しい友達の恋人になり、チョンロクはヨルムに対する気持ちをきれいに畳んだ。

その後、チョンロクは「ものすごく忙しい」状態を維持し、女性を見ることを石でも見るかのようにしている。

一言でウォーカーホリック。

そんな彼に、旬の過ぎた芸能人オ・ユンソが秘書としてやってくる。

 

バカマヌケでもできることをしておいて、「私いま本当に上手でしょ?!! 褒めてください!!」

堂々と要求するチンシムのずうずうしさを鼻であしらいしながらも、続くまぶしい微笑に心が弱くなった。

その微笑が、チョンロクの石のような心臓にコンコン!軽くぶつかるのかと思ったのに、石を割りついには大きな岩を粉にした。

ブラックコーヒーは好きでない。 意外にミックスコーヒーやシロップを入れた甘いラテが好きだ。

好きな人には直進するスタイルだが、持って生まれた恋愛音痴で、苦戦を免れない。

 

 

キム・セウォン(김세원)役  イ・サンウ(이상우)

真実が届く

35歳。ソウル中央地検検事。ひまわり直進男。

チョンロクの法大同期で司法研修院の同期。

そしてヨルムの元彼。

父親がセミ総合病院院長で、一言で言うと金の匙出身だ。

けれど、ただの一度も金長地という素振りを見せなかった。

 

ひたすら勉強にだけに邁進するチョンロクとは違い、遊びながら上位圏を維持し、恋愛もうまくやる上、組織でラインもうまく使い、どこでも可愛がられるタイプだ。

明らかに憎らしいが、また決して憎くない。

 

生きていて一度だけ反則を犯した。

チョンロクがヨルムに気があるということを知り、先にヨルムが好きだと先手を打ったこと。

そして、無限愛情攻勢で、ついにヨルムの愛を引き出し熱烈に愛した。

けれど、ヨルムの父親の仕事を受けてやった対価として、ヨルムと破局を迎えた。

セウォンは相変わらずヨルムを忘れられずにヨルムの愛を渇望する。

愛の前では水火も厭わない純情男だ。

 

 

ユ・ヨルム(유여름)役  ソン・ソンユン(손성윤)

真実が届く

35歳。ソウル中央地検。野蛮人=欲望満レベル。ガールクラッシュ・女検事。

 

チョンロクとセウォンの法大同期だ。

賢くで堂々としてしっかりしている。

同時に欲張りで利己的だ。

チョンロクとセウォンより先に司法試験をパスして検事になった。

 

大学時代、ヨルムとチョンロク・セウォンは一体のように駆け回った。

正確にはチョンロクのそばにヨルムとセウォンがついていた。

イケてる人たちの中でも目立つ2人の男性の間で、ヨルムはしばしば優越感を覚えたものだ。

同時にこの男たちがみんな自分のことが好きだという事実に感心した。

特に神父と同じくらい禁欲的なチョンロクがヨルムを好きだという事実はヨルムを盛り上げた。

 

けれど、ヨルムはチョンロクの代わりにセウォンを選んだ。

そして2年前の夏、長年の恋愛の末にセウォンと別れた。

理由は自激の心。

それがヨルムの弱点だった。

 

イケてるセウォンのイケてる背景の前ではいつも気後れする。

ヨルムの資格に迫る事件が発生すると、ヨルムはためらうことなくセウォンと別れた。

ヨルム自身より大事なものはないと思った。

そして2年が経って目の前に現れたセウォンを見ながらヨルムは気づく。

相変わらずセウォンを愛していることを。

 

 

 

スポンサーリンク

オールウェイズ・ローファーム

ヨン・ジュンギュ(연준규)役  オ・ジョンセ(오정세)

真実が届く

オールウェイズ・ローファーム代表。代表浮心。目標はジャン・アンド・キム。私もトップソーシャル・ローファームのCEOになるぞ~。

ローファーム・オールウェイズの代表。

主に法律事務所の仕事よりは、放送や趣味生活に夢中になっている。

法曹人が幅を利かす堅苦しくて行き詰まった家の中で育った。

そのおかげで自然に弁護士になったが、親とは異なる生活をしたいという欲望が、法曹人らしくない(?)華やかなスーツに噴出される。

韓国のローファーム代表の中では自分が一番イケててスタイリッシュだ。

 

オ・ユンソを偽装就業させてやって事実だけでも、彼の柔軟で自由なメンタルが垣間見える。

表向きには従兄弟のヨン・ジュンソク(ヨン企画代表)の要請でやむを得ずオ・ユンソを受笥入れてやったようだが、実は一時オ・ユンソの熱烈なファンだった。

成功したオタクたちの事例集があれば、チュンギュの事例は神話のような話として記録されないだろうか。

ユンソがローファームに入って以来、出勤する日々が映画の一場面になったようだ。

同時にユンソの契約満了期間が日ごとに迫るという事実に一喜一憂する。

 

 

チェ・ユニョク(최윤혁)役  シム・ヒョンタク(심형탁)

真実が届く

37歳。離婚専門弁護士。虚勢は私の力。ナルシストなマザコン。

私はママなの?二人のうちから選択しろ!と叫ぶ女タン・ムニが現れる。

 

 

タン・ムニ(단문희)役  パク・ギョンヘ(박경혜)

真実が届く

29歳。弁護士。小心者の狂ったヤツ。すぐに恋に落ちる。

 

 

イ・ドゥソプ(이두섭)役  パク・ジファン(박지환)

真実が届く

40歳。オールウェイズの事務長。顔はチンピラ。知ってみると感性チンピラ。人生の映画はレオン。ウンジに夢中。

 

 

ヤン・ウンジ(양은지)役  チャン・ソヨン(장소연)

真実が届く

37歳。10年目のベテラン秘書。オールウェイズのB舎監。パワーガール。シングルマザー。

 

 

キム・ヘヨン(김해영)役  キム・ヒジョン(김희정)

真実が届く

 

27歳。秘書補助。オールウェイズのゴシップガール。社内恋愛鑑別士。

噂の収拾と拡散が趣味。

 

 

スポンサーリンク

ヨン企画社

ヨン・ジュンソク(연준석)役  イ・ジュニョク(이준혁)

真実が届く

40歳。ヨン企画社代表。チンシムにとっては親のような存在。ヤヌスの顔を持つ。

 

 

コン・ヒョクチュン(공혁준)役  オ・ウィシク(오의식)

真実が届く

35歳。実の兄のようなチンシムのマネージャー。

 

 

スポンサーリンク

検察庁

イ・ジュヨン(이주영)役  キム・チェウン(김채은)

真実が届く

 

27歳。ソウル中央地検新人検事。キム・セウォンの後輩。

キツネだ。

家柄が良くて学閥が良くてモデルのように美しくてスマートだ。

春川(チュンチョン)地検からセウォンが帰ってきた後、遠慮なくセウォンのそばをうろつき、ヨルムの心を騒然とさせる。

けれど、オ・ユンソこそ等級の違うキツネということを気づかずに、飛びかかって返り討ちに合う。

 

 

スポンサーリンク

真心が届く 人物相関図/人物関係図

真実が届く 人物相関図/人物関係図

 

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

コメント