真心が届く 第13話視聴感想あらすじ含む イ・ドンウク&ユ・インナ主演韓国ドラマ

イ・ドンウク&ユ・インナ主演韓国ドラマ(tvN水木ドラマ)

真心が届く(チンシミ タッタ:진심이 닿다)

の第13話視聴感想(あらすじ含む)です。

 

真心が届く 登場人物・キャスト イ・ドンウク&ユ・インナ主演韓国ドラマ
真心が届く(チンシミ タッタ:진심이 닿다)とは、イ・ドンウク&ユ・インナ主演韓国ドラマ(tvN水木ドラマ)。あらすじ:ある日、ドラマのようにポロッとローファームに落ちた韓国代表女優オ・ユンソが、完壁主義弁護士クォン・ジョンロクに会って始まる宇宙女神偽装就業ロマンス。以下で登場人物・キャスト(出演者)を紹介します。

 

 

真実が届く

 

 

真心が届く 作品データ

  • 韓国tvNで2019年2月6日から放送開始の水木ドラマ
  • 脚本:キム・スノク(김순옥) 『姉さんは生きている』
  • 演出:チュ・ドンミン(주동민) 『リターン』
  • 原作:イェゴ(예거:イェーガー:Jaeger)の小説
  • あらすじ:ある日、ドラマのようにポロッとローファームに落ちた韓国代表女優オ・ユンソが、完壁主義弁護士クォン・ジョンロクに会って始まる宇宙女神偽装就業ロマンス

 

 

真心が届く 第13話視聴感想(あらすじ含む)

まずは視聴率から。

3.745%と、水曜日の自己最低を記録。

地上波の絶対王者が抜けたタイミングだったので上昇すると思っていましたが、厳しい結果となってしまいました。

 

ドクター・プリズナー 等 水木ドラマ視聴率速報20190320 真心が届く、春が来るか春、ビッグイシュー
2019年3月14日付けの水木ドラマの視聴率速報です。(韓国ドラマランキング調べ、AGBニールセンの集計結果より)

 

 

真心が届く 第13話あらすじ(ざっくりバージョン)

別れを切り出すクォン・ジョンロク(クォン・ジョンノク)

2人で写真を撮ったのが不便で?人の視線が集中するから負担で?なにか言ってみて、私達がどうして別れなきゃならないの?と、オ・ユンソ(チンシム)

はい、オ・ジンシムさんが言った理由のせいで、これ以上会うのは無理だとの考えに及びました、なので、ここまでにするのが良いようです、私達・・・これまで、ありがとうございましたと、チョンロク。

一人ベンチでなくユンソ。

 

 

翌朝、コン・マネージャーがやってきても、ベッドでふさぎ込んでいるユンソ。

すごく好きだと言っておいて・・・いつでも私の味方になってくれると約束しておいて・・・どうしてこんなに急に変わるの?・・・私は別れのようなものは初めてで、何をどうすればいいか何もわからないわ・・・。

 

オールウェイズ。

ユンソが荷物を取りにやってきている。

このまま行けば本当に終わりなのに、それでも見ないの?と、ユンソ。

ありきたりな別れの挨拶しかしないチョンロク。

 

 

よりを戻したキム・セウォンユ・ヨルムに呼ばれて居酒屋に行くチョンロク。

ユンソと別れたと話す。

 

ヨルムと別れた時どうやって耐えたのかとセウォンに問うチョンロク。

 

 

タン弁護士に対して、ハートが動かないと告げるチェ弁護士

けれど、バイクから守られた際に胸が高鳴る。

助けた方のタン弁護士はバイクの青年に一目惚れ。

 

 

パク・スミョンの母親がオールウェイズに乗り込んでくる。

息子が殺人犯にされたことが悔しい、息子は殺してないというのだ。

父母の心は同じだと、子をかばう親心だというヨン・ジュンギ代表とヤン秘書

 

懲役20年を求刑する検事。

判決も懲役20年で下る。

 

スミョンを助けて欲しいとチョンロクに訴える母。

スミョンは一度しか刺してない、もう一度はイム・ユニかもしれない、可愛がっていると言っておいて面会に一度も来ずに消えたとも。

 

 

別れのシーンで名演を見せるユンソ。

経験から出たものだが、もう大根演技なんて言えないと、スタッフをうならせる。

 

 

 

事務長の調べで、27億3千万ウォンの保険金をイム・ユニが現金で受け取って消えたことを知るチョンロク。

担当弁護士に会う2人。

イム・ユニを男が待っていたと、弁護士。

内縁の夫が他に居たのでしょうか?ユンソさんがこの事実を知ればすごく衝撃を受けるでしょうね、ユンソさんはこの事件に懸命に取り組んでいたと、事務長。

 

パク・スミョンの反訴審を受け持つというチョンロク。

チョンロクがパク・スミョンを真犯人だと主張しておいて反訴するなんてと、大反対するヨン代表

 

 

ユンソの撮影を見学に行くヨン代表たち。

ヨン代表の主張は検察庁の食堂が美味しいからというものだったが、魂胆がミエミエだった。

邪魔者扱いされそうだったが、上手くユンソと会うことができ食事に行くことに。

そのときに、パク・スミョン事件の弁護をすることになりそうなチョンロクのことを聞くユンソ。

 

メッセージを送りたいけど送れないユンソ。

 

パク・スミョンから一度だけ刺してイム・ユニが逃げろと言ったので逃げたとの証言を受けるチョンロク。

 

どちらに転がってもお前が傷つくと、ヨン代表の反対は続く。

すでに手続きをしたことを告げ謝るチョンロク。

後ろ指を指されるぞと、ヨン代表。

自分の誤りだから認めなければならないと、チョンロク。

オールウェイズのことは関係ないのか?オレにこうしてはダメだと、ヨン代表。

 

 

オレも実は怖い・・・オレが誰かの胸に生涯消せない恨を残すかと・・・けれど、正す機会さえ逃せば、オレは今後誰かの弁護士になる資格も自信も無くなりそうで・・・と、セウォンに告白するチョンロク。

 

イム検事はチョンロクのことをリークする。

そのことが弁護士倫理への背信だと大きなニュースになる。

 

チョンロクが執務室に戻ると、「願いを一つ言う」と書かれたジェンガが置いてあった。

また、ハートのポストイットには「私の願いは弁護士さんが揺れないこと、今までもそうしたように、素敵にやり抜くと信じてます」と書かれていた。

ユンソではなくオ・ジンシムの名前で。

 

バス停からユンソのCMを眺め涙するチョンロク。

 

 

真実が届く第14話に続く

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

コメント