韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

ケリョン仙女伝 第1話視聴感想(あらすじ含む) ムン・チェウォン、ユン・ヒョンミン主演韓国ドラマ

   

ムン・チェウォン、ユン・ヒョンミン、ソ・ジフン、コ・ドゥシム主演のtvN月火ドラマ

ケリョン仙女伝(ケリョンソンニョジョン:계룡선녀전)

の第1話視聴感想(あらすじ含む)です。

 

ケリョン仙女伝 登場人物・キャスト紹介 ムン・チェウォン、ユン・ヒョンミン主演韓国ドラマ

 

 

ケリョン仙女伝

 

 

 

ケリョン仙女伝 作品データ

  • 韓国tvNで2018年11月5日から放送開始の月火ドラマ
  • 脚本:ユ・ギョンソン(유경선)
  • 演出:キム・ユチョル(김윤철)『品位のある彼女』『マダム・アントワン』
  • あらすじ:伝来童話「仙女と木こき」のビハインドが気になる?699年のあいだ鶏龍山(ケリョンサン)で木こりの復活を待ちながらバリスタになった仙女ソン・オンナムが、「チョン・イヒョンとキム・グム」の2人の男に偶然出会って起きる話。

 

 

 

ケリョン仙女伝 第1話視聴感想(あらすじ含む)

木こりと仙女

 

 

このドラマ。

民間説話を元にしたファンタジーです。

このあたりのことに詳しくないので調べてみると、仙女と木こり(ソンニョワ ナムックン:선녀와 나무꾼)と、「木こりと仙女」の2パターンの表記がありました。(画像は後者)

各地に伝承されていて、地域によって呼び名が違うようです。

また、ドラマでは鶏龍山(ケリョンサン)の設定ですが、金剛山(クムガンサン)のものが有名みたい。

 

 

さて、視聴率ですが、初回は5.628%でした。

同時間帯前作で大ヒットした100日の郎君様は5.026%スタートだったので、それよりも良い数字です。

ただし、先週に引き続きtvNを視聴したという視聴者も少なからずいるはずなので、今後の上下動によって評価が分かれるところではあります。

 

視聴率グラフはこちら → 韓国ドラマランキング

 

 

内容ですが、一言で表すなら、ファンタジーラブコメといったところでしょうか?

ほぼシリアスさはありません。

初回ということでキャスト情報の範疇でストーリーが展開されており、いまだに出てきてない登場人物も何人かいます。

ということで、いつものように、キャスト情報を参照してください。

 

 

ケリョン仙女伝

 

一つだけ注意点を。

ムン・チェウォン(문채원)&コ・ドゥシム(고두심)が主役の仙女ソン・オンナムを演じ分けています。

このオンナムですが表記は(옥남)です。

分けて読むとオクナムとなります。

ひょっとすると日本に入ってくるときにはオクナムと表記されるかも知れませんが、当サイトでは音の方を重視することが多く、オンナムと表記していきます。

そのほうが、音と文字が一致してわかりやすいかと。

 

ちなみに、オンナムが胸につけているバッジには「バリスタ」と書かれています(笑)

 

 

あらすじについては、起こすかどうか検討中です。

とりあえず、第2話もキャスト情報の範疇でしょうから、感想が中心になりそうです。

 

 

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - ケリョン仙女伝 , , , , ,