きれいな男(キレイな男) 第14話あらすじ1/4 視聴率3.9%同時間帯3位

スポンサーリンク

チャン・グンソク(장근석)、IU(アイユー:아이유)主演の韓国ドラマ・キレイな男

(きれいな男:綺麗な男:美しい男: 原題:イェップン ナムジャ:예쁜 남자)

の第14話あらすじ(ネタバレ含む)&感想1/4です。

キレイな男 キャスト・登場人物紹介

 

  • 放送開始日:2013年11月20日
  • 放送局と曜日:KBS2水木ドラマ
  • 第14話放送日と視聴率:2014年1月2日 視聴率:3.9% 同時間帯3位

きれいな男

 

スポンサーリンク

きれいな男 あらすじ

親子としての対面

『あなたはわたしが捨てたわたしの息子よ』と、衝撃的な告白をするナ・ホンナン。『出生の秘密まで作るのですか?こんな冗談はやり過ぎではないですか!』と、マテ。

『あなたほど、私もあっけにとられ辛いのではないの?それでも気持ちを落ち着かせてこうして出てきた理由は、もしかして期待するだろうかと気になったからよ。あなたが私の息子という反転で、私に歓待を受けることになるのではないかと思ったら大きな誤算よ。私はそんな気はないわ』と、ナ・ホンナン

『いま、一人の人生を引っ掻き回している瞬間です。わたしに言った言葉は全て事実ですか?』と、マテ。

『失くした息子なら幸いで、やむを得ない事情で出てきてくれた息子なら、申し訳ないという言葉がよく似合うわね。けれど、私は2つとも違うわ。後悔もなく未練もなく面倒なだけ。ホン・ユラが訪れてあなたを巡って取引をした。私がMGの座を手放せば、あなたの出生の秘密を覆ってくれると』と、ナ・ホンナン

『ホン・ユラも、この事実を知っているって?』と、マテ

『私が警告したじゃない。どうせあなたは捨てられる運命だと。ブログ小説で私を攻撃してきたが、とんでもないこと。ホンユラいくら術数を使っても、忘れないで、あなた達二人。私がまさにMGだってこと』と、ナ・ホンナン。

 

ダビドゥの家から実家に引っ越すポトン。ダビドゥが送ると言うも、トラックを用意しているという。かばん2つの荷物しかなかったが、マテの特大パネルがあるためだった。

 

こんなに酷いことまでして、どうして産んだのか?どうして捨てたのか?』と、マテ。

『まさにあなたみたいな人だった。あなたとまさに似ている人。魅力的な顔、天使の微笑。そのように私の人生に入ってきて、私の人生をずたずたに破っていった。私が財閥の令嬢ということを知って接近して、わたしをバラバラにして消えたの。あなたを嬉しくない理由、説明となったでしょ? 』と、ナ・ホンナン。

『わたしの存在は、そのように説明されるのですね』と、マテ。

『二つのうちから選択して。一つ。この国から離れて。生きてみたい国を決めて行きなさい。食べていけるように準備してあげるわ。あなたはここで生きられない。地獄だから。私にとってあなたは、血がにじむようで。何をしてもダメな人生を送ることになるわ。だから最初の提案を受けて。

願いを受けられないなら、二つ目、。地獄から血をにじませながら生きるくらいなら、永遠に無くなったらどう?この国で持ちこたえて生きるというのが苦痛だということの極端な比喩よ。 理解できない言葉はなかったでしょ?』と、ナ・ホンナン。

 

結局、ダビドゥの車でマテのパネルも運ぶことになった。けれどスピードが出せない。

 

話を終えたマテは、精神的に大きなダメージを受けていた。『あんな状態で運転したら事故するわ』と、ヨ・ミム。マテを放っておけなかった彼女は、代わりに運転してマテを送る。放心状態のマテ。

 

実家に到着するポトン。綺麗に飾った部屋を見て感動するポトン。テシクがやったのだという母。そのかわり、テシクにはベッドもないと。テシクは早く嫁に行け、そうすればここを使えるという。

ダビドゥがマテのパネルを持ってくる。ポトンをひっぱたく母。母はいつでも来てくれ、なんならテシクの部屋も渡すという。たった5万ウォンでポトンを住まわせてくれていたことに感謝する母。それが家賃なの?と。ダビドゥもまた、それなら毎日出勤の印鑑を押しますと冗談をいう。

マテに電話しても一日中連絡がつかないため、心配するポトン。その頃マテはユラに会いに行っていた。

 

マテv,s,ユラ

『今日、ナ・ホンナン副会長に会いました。変な話をされて・・・わたしがあの人の息子だと。その嘘みたいな話が事実だって、あなたも知っていたのか?』と、マテ。

『知ることになったわ』と、ユラ。『いつから?わたしと初めて会った、その時から?』と、マテ。『いいえ、いつだったかポトンさんの机の上で時計を見て知ることになったの』と、ユラ。

『だけど、どうして話さなかった?どうしてわたしを置いて、あの人と取引をしたのかって?チェ・チーム長、ナ・ホンナン副会長よりも取るに足らないと?』と、マテ。

『教えたくなかったの。傷つくから』と、ユラ。『違うなら、わたしがパク・ギソク会長の息子じゃないから?』と、マテ。『言い訳じゃないわ。その時はマテが別の庶子だと思ってたの』と、ユラ。

『それならわたしはどうなる?あなたのその刃はわたしに来るのか?』と、マテ。『私は走るだけ。私の目的に向かって。上品な手段のみを選別して使用する時間はないの』と、ユラ。

『ハァ、一体何てことをするというのだ?わたしの人生はあなたのおもちゃなのか?』と、マテ。

『どうして、その質問を他人に対してするの?あなたの母、いや、あなたを育てた母キム・ミスクにするべきじゃないの?あなたが誰か知っていたようだけど。トッコ・マテが誰か知って育てていたようだけど。どうして暗号なんて与えて、パク会長の息子だと暗示したのか、母親に聞くべきだわ』と、ユラ。

 

きれいな男 第14話2/4に続く

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント