韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

空から降る一億の星 第13話視聴感想(あらすじ含む) ソ・イングク&チョン・ソミン&パク・ソンウン主演韓国ドラマ

      2018/11/20

ソ・イングク&チョン・ソミン&パク・ソンウン主演のtvN水木ドラマ

空から降る一億の星(ハヌレソ ネリヌン イロッケエ ピョル:하늘에서 내리는 일억개의 별)

の第13話視聴感想(あらすじ含む)です。

 

空から降る一億の星 登場人物・キャスト紹介 ソ・イングク&チョン・ソミン&パク・ソンウン主演韓国ドラマ

 

 

空から降る一億の星

 

 

 

 

空から降る一億の星 作品データ

  • 韓国tvNで2018年10月3日から放送開始の水木ドラマ
  • 脚本:ソン・ヘジン(송혜진) 『解語花』
  • 演出:ユ・ジェウォン(유제원) 『オー、私の鬼神様』
  • あらすじ:怪物と呼ばれる危険な男ムヨンと、彼と同じ傷を持つ女性チンガン、そして、ムヨンに相対する彼女の兄チングク、彼らに訪れる衝撃的運命のミステリー・メロ。
  • 明石家さんま&木村拓哉主演の日本のドラマのリメイク
  • 視聴率 2.346% 視聴率グラフはこちら → 韓国ドラマランキング

 

 

 

空から降る一億の星 第13話視聴感想(あらすじ含む)

あらすじを簡単に。

 

 

死ななかったよ、笑わないね、まさか本当に僕を殺そうとしたの?・・・似合わない、殺人者になるって、人を殺せば・・・似合わないっておじさんには・・・と、キム・ムヨン

 

 

辞表を出す前にクビになったとメールするムヨン。

また、バスの中でクマ山のチョルクデという絶壁の場所をチェックする。

 

 

ナムサンへ行き、ムヨンと記念撮影をするユ・ジンガン

ムヨンがカン・ソノ(ソンホ)という本当の名前を見つけた記念だと言う。

ホはわからないけどソンはどうしてだか「善(ソン)」だと思う・・・キム・ムヨンだと寂しい感じで、カン・ソノだと優しくたくましい感じだとも。

そんなにいいか?と、ムヨン。

うん、そんなにいいわ!あなたの両親は本当に良い人のようだわ、息子の名前をそのように付けたのを見れば、きっと良い方たちよ・・・先生は名前の他にお話にならなかったの?と、チンガン。

父親は自殺したと聞いたことは話さないムヨン。

自分はお兄ちゃんが言ってくれるまで待つと、チンガン。

 

 

カン・スングの菩提を弔っているユ・ジングク

 

 

帰り道、父親が自殺したことを話すムヨン。

ウチが幸せでなかったことが結論として出たとも。

もうお父さんが亡くなられてたのねと、ムヨンをハグするチングク。

ヘサンに行ってくると、ムヨン。

なぜだか不安感に駆られるチングク。

 

 

チョルクデにやってくるムヨン。

父さんと呼べなかったと、チンガン宛のメールを打つも途中でやめる。

父のことを思い出し始める。

家のことも思い出し、歩いていく。

弟が居たことも思い出す。

壊れたロボットの玩具を見つける。

そして、鏡に写ったチングクが発砲し、父を殺めただろうことも思い出す。

 

 

ムヨンが銃と言っていたことが気になり、ムヨンの父の死に銃が関係しているのかと、チングクに電話で尋ねるヤン・ギョンモ医師

 

 

チンガンの子供の頃の写真から、チングクを切り捨てるムヨン。

 

ムヨンが望むなら、目には目を歯には歯をでも構わないと、タク・ソジョンに話すチングク。

 

 

子供の頃の夢が警察だったことを後付の理由にして、チングクの行動を把握するムヨン。

そして、家に忍び込み、失踪した少年を捜索する紙を見つける。

火にかけられっぱなしの鍋を見つけ、火を止める。

 

戻ってきたチングクはムヨンとすれ違う。

そして、流しに移動された鍋を見ていぶかしがる。

 

 

チャン・セランを尋ねるムヨン。

そして、銃を用意してほしいと話す。

難しいことをしてあげたら私に何をしてくれるの?と、チャン・セラン。

全てと、ムヨン。

また、失踪した子を誰が探していたのかを調べてほしいとも。

カン・ソノ、誰なの?と、チャン・セラン。

 

 

兄とタク・ソジョンをくっつけようとするチンガン。

 

 

何があってもお前はオレにとってただお前だと、チンガンに告げるムヨン。

 

 

ムヨンが家に無断で入ったことを、タク・ソジョンに笑って話しているチングク。

 

 

父がチングクに撃たれたことを思い出すムヨン。

その翌日、チャン・セランから銃を受け取る。

どうして私があなたのためにこのように危険なことを甘受してるのか気にならない?手に入れたくてよと、チャン・セラン。

また、スンアに「捕まるな」とムヨンが告げたブラックボックスを見て、世の中に自分のような人間がもう一人いるなんてと思ったとも。

オレが?と、ムヨン。

言ったじゃない、私達似てるって、同じ根から生まれた別の枝のようにと、チャン・セラン。

考えてみると、ムヨン。

失踪した子供のことを、チンガンの兄チングクが探していた子だと、チャン・セラン。

どうしてオレを探してるんだ?カン・ソノはオレだと、ムヨン。

父親は殺された気がするとも。

調べてみる、こんなことは私には何でも無いと、チャン・セラン。

じゃあもう一つ、母親と弟、確かじゃないがユニ、カン・ユンと、ムヨン。

弟なんてもともと居ないのがいいんじゃない?と、チャン・セラン。

おそらくそちらが思ってるほどオレたちは似てないようだと、ムヨン。

 

 

チングクが家に入ると、ムヨンの靴があった。

来たんだなと、チングク。

銃を握ったムヨンが出てくる。

 

 

空から降る一億の星 第14話に続く

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

関連記事

 - 空から降る一億の星 , , , , , ,