相続者たち あらすじ(ネタばれ含む)第19話 5/5

スポンサーリンク

イ・ミンホ(이민호)パク・シネ(박신혜)が主演する水木ドラマ・相続者たちのあらすじ(ネタばれ含む)第19話5/5です。

原題:王冠をかぶろうとする者、その重さに耐えろ 相続者たち

(ワングァヌル スリョヌンジャ、ク ムゲルル キョンドョラ サンソクジャドゥル:왕관을 쓰려는자, 그 무게를 견뎌라 – 상속자들)

相続者たち キャスト&登場人物 簡易版 

 

相続者たち

スポンサーリンク

相続者たち あらすじ

病院へ

キム会長が入院した病院へ行くキム家の人々。『くも膜下出血だ。手術は今はできない』と、医師。『今できないって?それならあのように昏睡状態のままで?』と、ウォン。

『昏睡状態だから、手術はもっと厳しいんだ。原因となった血管の場所も、かなり良くない。脳浮腫のせいで、今は手も出せなくて。意識が戻っての手術をするしか』と、医師。『目覚めなければ?』と、タン。『目覚めることを祈ろう』と、医師。

キム会長の手をずっと握っているキエ。

 

チスクの企み

理事長室にとどまっているチスク。『こうしていてどうしたんですか?動きましょう』と、弟。『大げさに騒がないで。考え中だから』と、チスク。『20年考えていたらいいだろ?なんの考えをさらにするんだ?目覚める前に我々が先に打たなければ。パク弁護士を呼んで、会長の議決権委任から提案して』と、弟。

『軽率に動いては10ウォン一枚引き出せず、告訴に裁判に醜態を晒すこともあるの』と、チスク。

『これよりいい機会があると思う?ウォンは今正気じゃない。この機に片付けなければ。次の機会はないよ、姉さん。

キム社長にしても我々の計画、気づいたか? 姉さん今まで、その家であらゆる恥をかかされながら戸籍を守った理由はなんだ?今日を待っってたんじゃないか!姉さんがその家で佗びしかった歳月、もう補償を受けないと』と、弟。

『受けないとね。 きっちり補償受けようと、こうしてるのよ・・・。あなたは病院の状況を調べて。わたしは他に連絡するところがあるから』と、チスク。

 

ユン副社長の助言

『今の状況でこんな話は申し訳ありませんが・・・』と、ユン副社長。『しましょう、こんな話。父さんが息子の人生まで握って揺さぶりながら守ろうとしていた会社なのに』と、ウォン。

『会長が今の状況を継続すれば、会長の議決権が、全て理事長に委任されます』と、ユン副社長。『父さんの議決権を委任されて、父さんの解任権で株主総会開くでしょう。法的配偶者という座はそのような座ですから。株主総会開くのは防げないのですか?』と、ウォン。

『まさか、それで、病院に来ないのか?』と、タン。『おまえは父さんを見守ってくれ。オレは会社に戻って夜に来る』と、ウォン。頷くタン。『一旦、会議を招集します』と、ユン副社長。

 

キエの退出

『母さん、父さんが目覚めれば電話するよ。ホテルに行って』と、タン。『わたしの心配はしないで。父さんが目覚めて、母さんを探したらどうするの』と、キエ

『母さんを心配してるんじゃない、会社を心配してるんだ。父さんを心配してるというのも。理事長の雰囲気がちょっと尋常では無いようなんだ。ここで母さんと合わないようにしたほうが。兄さんとオレと父さんが、不利になることもある』と、タン。

『は~、その考えができなかったわ。電話して。母さん全部わかるわ。大丈夫。父さんをどうかお願いね』と、退室するキエ。大きなため息をつくタン。

 

『わたしはウォンとタンに対して信頼がないんです。わたしの夫が生涯をかけて築き上げた帝国を、あの子達がちゃんと守ることができるのか、疑っているんです』と、チスク。

『わたしも同じ考えです。お姉さんならわかりませんが』と、義弟A。『こんな取引、いい人振る必要はありませんよお姉さん。素直に正確にお話ください』と、義弟B。

『それならそうしましょう。最初から会長はその座の主人でいましたか?会長も、ここにいる叔父様方や義弟たちの間で毒々しい戦いの終わりに成し遂げた勝利でしょう。けれど、永遠の勝利があるでしょうか?

戦争は勝つことの出来る人がまた始めればいいんです。御存知の通り、わたしには、世話をしている息子も、付いている家族もありません。永遠に失ったと思っていた機会、わたしがまた差し上げられるようなのですが』と、チスク。

『その言葉は、だから・・・』と、親族。『並んでください。わたしに。ウォンとタンが分けて持てば、死ぬ前にこんな機会、二度とありませんから』と、チスク。

 

税務調査

母の名刺を見つめるヨンド。眉を掻いたあと皿洗いに行く。スタッフたちが税務調査の件でざわつく。ヨンドは父のオフィスへと行く。PCや書類が回収されている。

『あんたたち何やってんだ!』と、ヨンド。『ここでこうしてはいけません』と、調査官に取り押さえられそうになるヨンド。調査官を引き離し『父さん、どうして?なんでだよ?』と、ヨンド。

『チェ・ヨンド、出ろ!』と、トンウク。『こいつら、どうしてこうしてるんだよ、父さん!』と、ヨンド。『行けと!!!出ろ、いますぐ』と、トンウク。調査官に連れて行かれるヨンド。目線はずっと父のほうを向いていた。トンウクもまたずっと息子を見ていた。

 

宣戦布告

病室のタン。一瞬躊躇したが父の手を握る。そこにチスクがやってくる。『あなたの母さんはどこに行ったの?家族以外、出入り制限するということで、それでいないの?』と、チスク。

『父さんの家族のお母さんはすごく遅れましたね』と、タン。『処理すべきことがかなり多いわ。会長、目覚める見込みが無いので』と、チスク。『目覚めますよ』と、タン。

『わたし、来ましたよ。いいわね、あなたは。あなたを見守る息子たちも居て。この日だけ耐えて待って、よくやったようねわたしは。あなたがこうして横になってるので、タンの法的代理人はわたしになったわ。それが戸籍でしょ』と、チスク。

『父さんがくれた株式に手を出さないでください。わたしの株式の法的代理人、兄さんに変えます』と、タン。

『そう、そのようにして。あなたとあなたの母さん、無一文で退く程度に腹いせするのも悪くはないわ。ギブ&テイク、覚えてるでしょう?どうせ学ぶことは、ひどく学ぶのもいいわね。奪って奪われて、踏んで踏まれる欲望の世界に来たことを歓迎するわ、息子』と、チスク。

ウォンがやってくる。『お忙しいでしょうに、いらっしゃったんですね』と、ウォン。『会長の顔を見たから行かないとね。会長に伝える言葉はタンに伝えたし。今見ると、あなた達すごく似てるわ』と言い去るチスク。

『どんなことを聞いたとしても、気にするな。おまえはまだそんな歳じゃない。今日は俺がいるから、行ってちょっと寝て。明日下校して、荷物をまとめてまた来い』と、ウォン。『ああ』と言い、父を一瞥して退出するタン。

 

ホテルの部屋の戻ろうとしたタンだったが、屋上へと行く。真っ暗な街を眺めるタン。ふと左側を見るとヨンドが居た。互いに沈んだ表情だ。

 

相続者たち 第20話1/5に続く

 

相続者たちOST

相続人たち OST Part 2(SBS TVドラマ)(韓国版)(韓国盤)

※1~3話のあらすじキャストの詳細は、韓国ドラマランキングにあります。

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント