韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

六龍が飛ぶ 第20話あらすじ2/2 ユ・アイン、キム・ミョンミン、シン・セギョン主演韓国ドラマ

      2015/12/15

ユ・アイン(유아인)、キム・ミョンミン(김명민)、シン・セギョン(신세경)主演のSBS月火ドラマ

六龍が飛ぶ(ユンニョンイ ナルシャ:육룡이 나르샤)

の第20話あらすじ2/2です。

六龍が飛ぶ キャスト・登場人物紹介 ユ・アイン、キム・ミョンミン、シン・セギョン主演韓国ドラマ

 

六龍が飛ぶ

 

 

六龍が飛ぶ 第20話あらすじ2/2

 

各面々が政変の準備に入る。

黒馬が走れば政変決行で、白馬が走れば中止と説明する三峰(サムボン:삼봉)鄭道伝(チョン・ドジョン)。また、後者ならどんな行動もしてはならないとも。

 

李成桂(イ・ソンゲ:이성계)に会いに行くチョン・ドジョン。そして、政変のためのすべての配置が整ったことを告げる。

私が何も決定してないのにどうして?と、イ・ソンゲ。

将軍が決定しなければ全て中止となる、馬の色で知らせることになっていると告げるチョン・ドジョン。また、将軍さえ頷けばこの国の歴史が変わるとも。

『どう決定なさいましたか?黒馬ですか?白馬ですか?正業ですか?遼東征伐ですか?

『私の決定は・・・』と、イ・ソンゲ。

イ・シンジョクが馬を走らせる。

白馬だった。

 

『三峰、そなたが造ろうとする国について話した時、私も胸が高鳴った。けれど、私はその国の将帥になって国を守るなら、どれくらいうれしいだろうかと思った。

そうだ、私はその程度の人だ。大義より民よりただ私の家族、私の垣根の中の人がさらに大切な、そんな普通の人だ。

王というのは民を先に世話しなければならないのではないか?けれど、私の選択はいつも家族なのだ。

三峰はそう言ったな、他の王たちもそうだと。けれど、皆がそうであれば、私が王になることが何の革命なのだ?

すまない三峰』

このように書をしたためていたイ・ソンゲ。

 

出兵指揮。高麗(コリョ:고려)の新しい歴史を刻むと、高揚している崔瑩(チェ・ヨン최영)。そして、高らかに万歳を唱える。

 

父は決して背信できないからと、自分たちで事を起こすことを主張する李芳遠(イ・バンウォン:이방원)。その決定だけは我々ができないと言ったであろうと、チョン・ドジョン。

そこにヨニがやってきて、残っていたイ・ソンゲ将軍の家族が消えたと告げる。

チェ・ヨンが保護の名目で人質にしたのだ。家族だけでなくプニたちも一緒に連れて行かれていた。

幸いパンウォンは難を逃れたが、彼とチョン・ドジョンも、いつ連れて行かれるかわからない状況だった。

西京にいる李芳雨(イ・バンウ:이방우)李芳果(イ・バングァ:이방과)も、同じような憂き目にあっていた。

 

鴨緑江を越えるべく威化島(ウィファド:위화도)に橋をかけようとする家別抄(カビョルチョ:가별초)。けれど、増水しているため、杭が打てず全く橋は架けられない状態だ。

そのことを趙英珪(チョ・ヨンギュ:조영규)に抗議するムヒュル。進軍困難との狀啓(チャンゲ:장계)を二度も送っているじゃないかと、ヨンギュ。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

一軍が100名も死んで遺体も探せない状況に、声を荒らげるムヒュル。

 

まだ鴨緑江を越えられないとの報告を聞いたチェ・ヨンは、イ・ソンゲがなにか企んでいるのではないかと疑い、教旨を得て発破をかけようとする。

 

被害者は増える一方で、継続して増え続けているので何名かわからないと、報告するヨンギュ。

李之蘭(イ・ジラン:이지란)もまた、現地調達する予定だった軍糧米の枯渇を問題視している。

そこにイ・シンジョクが入ってきて、疫病が蔓延し始めたことを報告する。

また、南誾(ナム・ウン:남은)が入ってきてイ・ソンゲの前に跪く。そして、御命に関係なく回軍してくれと懇願する。このまま遼東城へ行ったとしても、戦える兵はいくらもいないと。

ダメだと、イ・ジラン。そして、将軍の家族が開京と西京で人質になっていることを告げる。それは、御命に反すれば家族の首が飛ぶということだ。

 

ムヒュルの弟が疫病にかかる。これが何の戦争なんだ?と、ムヒュル。

こんなのがまさに戦争だと、ヨンギュ。

 

宦官が教旨を持ってやってくる。その内容は一日でも早く遼東城へ進軍せよというものだった。

また、その宦官は、将軍に他の考えがあるのでないなら、どうしてこんなことがあるのだ?とも告げる。

出て鴨緑江の状況を見てそんな言葉を言えと、イ・ソンゲ。

宦官はチェ・ヨンの言葉を伝える。

『難しさのない戦争はない』

そこにイ・シンジョクが入ってきて、脱走兵を捕まえたことを告げる。そして、更に増えています、処刑しなければなりませんとも。

 

自分だけ逃げようとする逃走兵を直ちに処断すると言い、執行を命ずるイ・ソンゲ。

逃走兵たちは、故郷に返してほしいだの、戦えないことの悔しさなどを口々にする。

早く執行しろと、ナム・ウンの剣を抜き歩みをすすめる宦官。その宦官に剣をかざすチュンギル。そして、できないと言う。

再び国を裏切るのか?と、イ・ソンゲ。

裏切りは将軍がしました、子供を助けるとニセの倭寇をした自分を生かして、将軍はなんとおっしゃいました?私の子供だけでなく、他人の子どもたち家族たち、すべて生かせと贖罪させるべく家別抄(カビョルチョ)に残しました・・・

けれどこれは何ですか?ここには5万人の他の家の息子たちがいます、彼らには10万人の母親・父親がいます、この戦争を続ければ、10万人の両親から5万人の息子を奪い、その血の涙をどうされようと言うのですか!

斬ってください、私はこの人達を到底斬れませんと、チュンギル。

その言葉が皆の胸に響く。

それでも、そいつを追補しろと、宦官。

剣を落とし跪くムヒュル。

『将軍様、その日は正直わかりませんでした。けれど、もうわかりました。その日!開京を走るべく馬は、白馬でなく黒馬でした・・・将軍様、弟を、弟達を助けて下さい。ここ威化島に来ている弟達・兄たちを、どうか生かすようにしてください、将軍様!』

泣きながらそう懇願するムヒュル。

早くこいつらの首を斬れ、どう軍を統率してこうなのだ?と、宦官。

チョン・ドジョンの言葉を思い出すイ・ソンゲ。

國という字を土地と民を守ると説明していた。そこに家(家族)を足したものが国家だとも。

軍律を執行せよとまくし立てる宦官。

イ・ソンゲは夫人と子どもたちの名を呼び、すまないとつぶやく。

将軍ができないなら私がすると、剣を振り上げる宦官。

その時、イ・ソンゲが剣を抜き、『やめろ!』と叫ぶ。

『キム・ワン、あの者を、直ちに追補せよ!私イ・ソンゲは鴨緑江を渡らない!』

 

 

六龍が飛ぶ 第21話あらすじ1/2に続く

文責:韓国ドラマあらすじ団

 

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 六龍が飛ぶ , , , , , , ,