韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

テバク(大撲) 第1話視聴感想(あらすじ含む) チャン・グンソク、ヨ・ジング主演韓国歴史ドラマ

   

チャン・グンソク(장근석)、ヨ・ジング(여진구)、チョン・グァンリョル(전광렬)、チェ・ミンス(최민수)、ユン・ジンソ(윤진서)、イム・ジヨン(임지연)主演ドラマ

テバク(대박:大撲)

の第1話視聴感想(あらすじ含む)です。

 

 

テバク(大撲) キャスト・登場人物紹介 チャン・グンソク、ヨ・ジング主演韓国歴史ドラマ

 

テバク

 

 

テバク 作品データ

  • 韓国SBSで2016年3月28日から放送開始の月火ドラマ
  • 脚本:クォン・スンギュ(권순규)  『武士ペク・ドンス』
  • 演出:ナム・ゴン(남건)
  • あらすじ:天下と愛をめぐって繰り広げられる、忘れられた王子テギルと、その弟・英祖の対決を描いたドラマで、アクションと賭博、ラブロマンスがすべて含まれたファクション時代劇ドラマ
  • 視聴率 第1話11.8%

 

 

第1話視聴感想(あらすじ含む)

まずは視聴率ですが、いきなりの10%越えで、同時間帯1位を記録しました。

とはいっても、継続して1位を記録していた『六龍が飛ぶ』の後続ということで、最初から有利な立場にありました。

このアドバンテージが消える2話以降はどうなるか全くわかりません。

 

というのも、2位につけている『町の弁護士チョ・ドゥロ』もいきなりの10%越えを見せたし、最下位の『モンスター』も、主人公がまだ本格的に登場していないからです。

また、ニールセンではなくTNMSの視聴率では、1位から3位まで、それぞれ1%ずつしか差がありません。

そのため、それぞれのドラマが軌道に乗るまでは、特に注視が必要です。

 

すべてのドラマを視聴してみましたが、三者三様にこれから面白くなっていきそうです。

これから、三つ巴のドッグファイトが展開されるのかどうかは、俳優の演技よりも脚本にその命運がかかっている気がします。

 

 

テギル 冒頭のセリフは?

さて、冒頭、1728年(英祖4) 3月15日の李麟佐(イ・インジャ:이인좌)の乱の描写がありましたね。

テギルのモデルであろう永壽(ヨンス:영수)は、1693年10月6日生まれているので、この冒頭部分のテギルは36歳(韓国式)ということになります。

 

その後、イ・インジャと将棋を指すテギル。

『久しぶりだな、白面書生(ペンミョンソセン:백면서생)』と挨拶します。

この言葉は文章ばかり読んでいる人のことを差すので、イ・インジャのことを、実際の経験のない頭でっかちな人物だと挑発していると取れます。

 

その前の冒頭から続くナレーションが、ドラマを通じてのあらすじです。

『権力の頂点、玉座。玉座を守ろうとする者(ヨニングン)、玉座を争い取ろうとする者(イ・インジャ)、それと、防ごうとする者(テギル)』

 

将棋を指す二人。簡単に低い駒を手放すイ・インジャに対してテギルが問題提起を始める。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

『たとえ相手の王を捕まえたとしても、手足のような兵卒をすべて失うなら、何の意味だ?』と、テギル。

『それならお前は、その卒たちをすべて生かし、どこで全て使うのだ?・・・(車を打ち)・・・兵卒の犠牲がなければどのように王を捉えるのか。これがまさに、大義のための犠牲でなければ、何なのだ?』と、イ・インジャ。

『一体誰のための大義で、誰のための犠牲なのだ?』と、テギル。

『この国朝鮮のための、民のための』と、イ・インジャ。

将棋盤を叩き、『民?恐れもなく民と言った?玉座に一度座ってみるかと、八道の民を蹂躙するあんたが!』と、テギル。

『玉座だけが、この腐った朝鮮を変えることができる』と、イ・インジャ。

『いや、民を無視する王は必要ない』と、テギル。

『敢えてお前が防ぎ立つなら、お前もまた斬るだろう。容赦なく』と、イ・インジャ。

『そうだな、あんたは常にこんなふうだ。全て題目のままに裁断して、気に入らなければ殺してしまう。してみろ?できるのならしてみろって!』と、両手を広げるテギル。

それぞれの剣士、キム・チェゴンファン・ジンギムミョンが代理で剣を交える。

『ペク・テギル・・・』と、イ・インジャ。

『イ・インジャ・・・』と、テギル。

『私は都城(トソン:도성)へ行く。そこで、また会おう』と言い、去っていくイ・インジャ。

『イ・インジャ。ナリが両班だと言って、口の上手さは靑山流水だな。けれど、世の中の理致というものは、結局は民が勝つというのだ』と言い、『卒』の駒を打つテギル。

※訳、ちょっと怪しい部分も!

 

 

その他の描写については、キャスト情報を見ればほぼ分かることなので説明を省略します。

といいつつ、気になったところを1つピックアップしておきます。

 

今回の淑嬪崔氏(スクピンチェシ:숙빈최씨)同伊(トンイ:동이)ではなくポクスンという名前になっています。漢字は福順か福純といったところでしょう。

また、淑嬪崔氏ムスリ説を採用しており、ムスリであったなら当然ながら婚姻もしています。

ムスリというのは宮女たちの小間使いで、既婚者が動員されましたので。

(途中、子供の頃にムスリとして入宮していましたが、あそこはスルーしておきましょう)

その流れで、ポクスンがすでに身籠っていたというのは、なかなか斬新な解釈で、『なるほど、これもありだな』と思わせました。

もちろん、学説的には。淑嬪崔氏ムスリ説は流言のたぐいだとされているため、この説を前提にしなければ成り立ちませんが、物語の切り口としては面白い設定です。

 

第2話以降、登場人物も増えて大きく物語が動きそうです。

それとも、まだ序章でしょうか?

 

 

テバク 第2話視聴感想(あらすじ含む)に続く

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - テバク , , , , ,