韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

ドクターズ 第9話あらすじ キム・レウォン、パク・シネ主演韓国ドラマ

      2016/07/20

キム・レウォン(김래원)、パク・シネ(박신혜)、ユン・ギュンサン(윤균상)、イ・ソンギョン(이성경)主演ドラマ

ドクターズ(닥터스)

の第9話あらすじです。

 

韓国ドラマ ドクターズ

ドクターズ キャスト(出演者)・登場人物紹介 キム・レオン、パク・シネ主演韓国ドラマ

 

 

韓国ドラマ ドクターズ

 

 

 

ドクターズ 作品データ

  • 韓国SBSで2016年6月20日から放送開始の月火ドラマ
  • 脚本:ハ・ミョンヒ(하명희)  『上流社会』『温かい一言』
  • 演出:オ・チュンファン(오충환) 『星から来たあなた』(サブ)
  • あらすじ:過去の傷を癒して医者になった二人の男女が、様々な人間群像に会って成長し、生涯たった一度だけの愛を始めるヒューマンメディカルドラマ
  • 第9話19.4% 視聴率グラフはこちら → 韓国ドラマランキング

 

 

ドクターズ 第9話あらすじ

 

もう出来ないと言って走るのを止め寝転ぶヘジョン

隣に寝転び、『星を見ろ、ん、ん~、素敵だ、フハハ、ヘジョン、オレ、腕が長いだろ?使ってもいいぞ、腕』と、チホン

『お~、鳥肌!』と、ヘジョン。

けれど、言葉とは裏腹で、しっかり腕枕を使う。

痛いふりをして、もっと近づくチホン。

眠ってしまい、チホンの方に寝返りをうつヘジョン。

『復讐すれば、被害を受けたことに対する憤怒が落ち着く効果がある。復讐は、心を落ち着け前に進むことができる力を与える。私は、目的を達成する前まで休まない。ところで、この男のそばでは、眠りが来る』

 

ソウは泥酔してスニ・ハワイから帰っていなかった。

そんなソウにはヨングクが付いている。

帰らないの?と、スニ

これはすべてあんたのせいよ!と、ソウ。

わかったわ、ごめんねと、軽く答えるスニ。

ヨングクもこんなに酔ったソウは初めてで、どうしていいかわからない。

帰らない、ここを爆破させる!と、ソウ。

わたしにどうして?と、スニ。

これはすべてあんたのせいよ!と、スニのせいにするソウ。

爆破させるなら明日させてとなだめつつ、ソウを追い返すスニ。

 

ソウを送ったと思ったら、アン・ジュンテが突然起きたので驚くスニ。

どうしてオレだけ置いて?と、アン・ジュンテ。

また、ラーメンが食べたいと言い出す。

あげないわと、スニ。

 

病院で目を覚ますチェ・ガンス

お前のせいでどれだけ苦労したかわかるか!と、カン・ギョンジュン

自分は病んでるからと、また寝ようとするカンス。

スポンサードリンク (sponsored link)i   

一旦殴ろうとしたものの、頭をなでて休めと言って出て行くカン・ギョンジュン。

急にどうしたんだろ?と、カンス。

 

帰路。

私のせいで腕が痛いでしょ?と、ヘジョン。

いやただこれは回してるんだと、腕と、チホン。

腕大丈夫ですか?私の頭すごく重いでしょ?と、ヘジョン。

それは頭だったのか?オレは何か羽だと思ってたと、チホン。

ありがとう先生、久しぶりに熟睡したわと、ヘジョン。

今戻ってきたの?あんた、すごく遅く通ってるんじゃないの?と、スニ。

おい、お前、まさに学生主任の先生のようだと、チホン。

先生!私がこの子の保護者なのよ、は~、最近おかしい人がとても多いわ、この前雨が降る日の町内公園で狂ったやつらが踊って大騒ぎどころじゃなかったそうよ、ウチのヘジョンが、そんなおかしな人々にひっかかったらどうするんです!と、スニ。

そうだな、オレは行くよと、チホン。

さようならと、ヘジョン。

踊りの当事者たちはそそくさと退散する。

 

どうして遅く帰ってきたの?店を閉める時間がすごく過ぎてたじゃない?と、ヘジョン。

ソウのせいだということ、ヨングクが優しくてかっこいいということも話すスニ。

ヨングクが理想形だというのがにじみ出ているスニは、今後もよく連れて来いという。

ヘジョンが恋愛するから自分もしたいと。

こんなのが恋愛なのかな?と、ヘジョン。

最後に来た背が高くてシベリアンハスキーに似ている男性、その男性の名前はチョン・ユンドなの?、ちょっとおかしいのよ、ホン先生とあんただけ見送ったのよ、二人の内の誰を好きなの?私は、あんたが好きというのに500ウォン賭ける!と、スニ。

苦笑いするヘジョン。

 

ジョギングを終えたユンドとチホンが出くわす。

先生、私はユ・ヘジョン先生が好きですと、ユンド。

その話をオレにどうして?と、チホン。

先生とユ・ヘジョン先生、特別な仲だと聞きました、まあ、特別な仲だと言っても、愛する仲とちょっと違い、男女関係に変わったのも、いくらにもなってないと知っていますと、ユンド。

それで?と、チホン。

私の考えはちょっと遠くに行ってしまいましたが、結婚してない仲なら、その仲に私が参与してもいいと考えますと、ユンド。

ヘジョンもこれ知ってるのか?と、チホン。

知ってます、まさか好きな女に告白もせず、関係ない人のところに来て告白しますか?と、ユンド。

そうだな、お前オレにこんな話をするのはなんでだ?と、チホン。

私が、後頭部を打つのがすごく嫌なんです、お二人が付き合っている仲と知った以上、続けて工作して女の横取りをする、そんな奴になりたくはありませんと、ユンド。

どのように横取りしようと?誰が奪うんだ?と、チホン。

え?と、ユンド。

いいぞ、男らしく、男はちょっとこんな味がないとな、だけどな、オレはオレが望んだものを、ただ一度も奪われてみたことがないんだ、ヘジョンが魅力的な女ということを、お前も知るようになって嬉しい、ヘジョンが自身が男に人気のある女だと知ることになってすごくイイと、チホン。

いや、私がそんなに緊張させませんか?と、ユンド。

どうして緊張するんだ?ヘジョンとオレがどれだけ強固な仲なのか教えてくれた人なのに、お前が、うまくやれ、健闘を祈ると、チホン。

わ~虚勢張るな本当に、あの自信は何なんだ?・・・男女は結婚式場に入る前までは分からないんですよ!・・・あ~何だ、始めてもないのに負けたような気分は?と、ユンド。

1 2 3 4

スポンサードリンク (sponsored link)

 - ドクターズ , , , , , ,