韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

神の贈り物 - 14日 第10話あらすじ前半 視聴率9.4% ムジンの民泊で、事件発生7日前、トンチャンが脅迫者?、トンチャンの言い分

   

イ・ボヨン(이보영)、チョ・スンウ(조승우)主演の神の贈り物 - 14日(シネ ソンムル – シプサイル:신의 선물 – 14일)

第10話の視聴感想(あらすじ含む・ネタバレあり)前半です。

神の贈り物 - 14日 キャスト・登場人物紹介 イ・ボヨン、チョ・スンウ主演韓国ドラマ

 

神の贈り物 - 14日

 

 

神の贈り物 - 14日 作品データ

  • 韓国SBSで2014年3月3日から放送開始の月火ドラマ 全16話
  • 脚本:チェ・ラン(최란)  『一枝梅(イルジメ)』
  • 演出:イ・ドンフン(이동훈)  『パリの恋人』『タチャ』
  • あらすじ:死んだ娘を取り戻すために、2週間前にタイムスリップする母の物語。
  • 第10話放送日:2014年4月1日 視聴率:9.4%

 

神の贈り物 - 14日 第10話あらすじ

ムジンの民泊で

4人が写っている写真には、10年前のムジン市長の美大に通う息子も写っていた。不動産屋からまだムジンに住んでいると聞き、会いに行くスヒョン

息子はアメリカに移民して10年連絡を取っていない、友人についても知らないというかつての市長。奥さんは何やら同様している様子だ。家には現場となる風景の絵が飾られていた。

ススキ野原に到着したスヒョンは、『きっと何かある』と、つぶやく。

『公開手配この人』の放送時間。まさにセッピョルが誘拐された時間だ。けれど、今、セッピョルはここにいると、スヒョン。自分たちが運命を変えたといっただろ、犯人を捕まえれば終わりだと、トンチャン

立ち寄っていた商店の主人に民泊はないかと問うスヒョン。ウチがそうだから泊まれと、主人。『公開手配この人』を見せてくれというスヒョン。すると、大統領の緊急演説が始まり、昨今の事件や世論により、死刑執行を再考すると発表する。

セッピョルは持ってきた本を呼んでいる。けれどそれは、子供を救うために母が自分の身を犠牲にする話だった。(第1話で紹介されたアニメーション)本を取り上げるスヒョン。

『子供が生きているのか気になるのに!』と、セッピョル。騒ぎに気付きやってくるトンチャン。本を捨ててくれと、スヒョン。トンチャンは絵本を読み、改変を始める。すねたセッピョルはトンチャンのところへ行く。

商店の主人が宿泊費をとりにやって来た時に、たまたま写真を見る。スジョンじゃないかと言う主人。スヒョンは家の場所を問う。

おもちゃで遊んでいても、うかないセッピョル。トンチャンはセッピョルの機嫌を直すために、改変した物語の続きを読む。

スヒョンはスジョンの家に行く。商店の主人の話では、娘が死んで3年もしたら母親は消息不明となり、死んだという噂も出て、今では家は廃屋だ、その母親は半分巫女でわたしの姑の亡くなる日もわかったのに、娘のことはわからなかったのだそうだ。

その廃屋でスヒョンと女性が写っている写真を見つける。

 

事件発生7日前

その写真の女性は謎のカフェの主人であり、スジョンの母親だった。それを見て驚くトンチャン。

翌朝、ソウルへの帰路。セッピョルはスヒョンに喧嘩したのかと問う。トンチャンの様子がおかしいからだ。案の定、自転車の老人を車で轢きそうになる。

トンチャンは何故かフードをかぶる。轢かれそうになった老人が詰め寄り、『おまえ、兄弟写真館の末っ子じゃないか?』と問うと、否定してその場から走り去る。そんな様子を見ていぶかしがるスヒョン。不動産屋の主人も、キ・ドンホが写真館の長男と言っていたからだ。

家の前で下ろしてもらったスヒョンはウジンに事実を確認すると、まさに二人は兄弟だった。テレビ局でもその事実を確認する。

トンチャンは家に帰り、チュ・ピョンウに相談する。言ってなかったことを知ってようだが、自分から言うべきか、聞かれるまで待つべきかということだ。

後者の場合には自由を任せるということで、心は監獄の中にあるんじゃないかとのアドバイスを受け、スヒョンに打ち明けることにしたトンチャン。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 神の贈り物 - 14日 , , ,