韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

相続者たち あらすじ(ネタばれ含む)第12話 4/5

   

イ・ミンホ(이민호)パク・シネ(박신혜)が主演する水木ドラマ・相続者たちのあらすじ(ネタばれ含む)第12話4/5です。

原題:王冠をかぶろうとする者、その重さに耐えろ 相続者たち

(ワングァヌル スリョヌンジャ、ク ムゲルル キョンドョラ サンソクジャドゥル:왕관을 쓰려는자, 그 무게를 견뎌라 – 상속자들)

相続者たち キャスト&登場人物 簡易版 

相続者たち

 

学校で

タンに気づくウンサン。タンはウンサンの傍を通るも声をかけない。

ウンサンが放送室に行くとポナがいた。『うわ~、これ全部何なの?』と、ウンサン。『女子の後輩の朝貢。タイトルは「祝・大賞受賞」ってところ。ヒョシン先輩、アジア青少年短編で賞をもらったって』と、ポナ。

『ほんと?すごいわね』と、ウンサン。『あ、そうそう、大変な事件。あなた、わたしが何を言っても驚かないでよ!』と、ポナ。『なに?』と、ウンサン。『チェ・ヨンドがあなたのことを好きなんだそうよ』と、ポナ。

『そ、そう・・・』と、ウンサン。『静かに!ミョンスとわたし、二人だけが知ってることだから。チェ・ヨンドに、絶対知ってるふりをしないでよ。あなたが知っておくべきことのようで言ってあげたんだから。ほんとに秘密よ』と、ポナ。

『オレの悪口言ってたのか?パッと見たところ、オレの悪口を言って親しくなったようだぞ、二人』と、ヒョシン。『わたし、この子と親しくないんだけど』と、ポナ。

タンが入ってくる。『関係者以外立入禁止なんだけどな』と、ヒョシン。『ここにオレと関係のない人間がどこにいるんだ?』と、タン。『狂いそう。わたしに聞かせてる言葉よ』と、ウンサンに言う勘違い女ポナ。

『イ・ボナ、全部聞いてるぞ。掲示板を見たところ賞をもらったって?』と、タン。『オレがお前を放送室にこさせようと、賞をもらったんじゃないのに』と、ヒョシン。『は~、何をわかって作ったんだ?ジャンルは何だ?ホラー?恐怖?13日の金曜日?なに?そんなの?』と、タン。

『オレは一様に痴情だろ・・・。そんなのは、チャ・ウンサンが好きなんじゃないのか?』と、ヒョシン。『えっ?』と、ウンサン。『あなた、そんなのが好きなの?』と、ポナ。

『うん。恐怖・ホラー・スリラー・オカルト・スプラッター』と、ウンサン。『スプラッターも見るのか?』と、ヒョシン。『あは!夢と希望に満ちたホラー映画を作るのが、わたしの夢です』と、ウンサン。

『ところで、お前たち、互いにどうして目も合わせない?』と、タンとウンサンを指差すヒョシン。『ちょっと、あんたたち、わたしのせいでそうする必要はないわよ』と、ポナ。

『バレたからもう行かないとな。行くよ』と、タン。『おまえ、それで、どうして来たんだ?』と、ヒョシン。『ただ、会いたくて来たんだ』と、タン。『誰?オレ?』と。ヒョシン。『わたしの話ししてるのよ』と、ポナ。

 

チスクに会いに行くタン

『なんの用?』と、チスク。『この前は申し訳ありませんでした。食事の席を台無しにしてしまって』と、タン。『わかってはいるのね』と、チスク。『それで、願いを申し上げようと。ラヘルを夕食に招待したいのですが、直接言えば来ないようで、このお願いを父さんに対してするのも、ちょっとどうかと。ラヘルの母も一緒に』と、タン。

『こういう時だけ探しにきて、母親の役をさせるのね』と、チスク。『すみません』と、タン。『どうしましょう、わたしは近頃忙しくて・・・』と、言うも、キエに見せつけてやるといったことを思い出すチスク。『こんな話は、女同士でするものでしょう。心配しないで』と、引き受けるチスク。『お願いします』と、タン。

 

新作発表会

RSインターナショナルの秋冬コレクションの発表会。参加者に対して、『この時代の貴族じゃありませんか?女性のよくが美しさを作りますよね?』と、いうエスト。イェソルやヒョシン、ポナの母の姿まで見える。ラヘルも駆り出されている。

ヒョシンの母がラヘルに声をかける。母の仕事を手伝っているのかと。いつか自分のする仕事だし、無条件に譲ってくれる人でもないので、よく見てもらおうとしているところだと答える。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 相続者たち , , , , , , , ,