韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

相続者たち あらすじ(ネタばれ含む)第14話 3/5

   

イ・ミンホ(이민호)パク・シネ(박신혜)が主演する水木ドラマ・相続者たちのあらすじ(ネタばれ含む)第14話3/5です。

原題:王冠をかぶろうとする者、その重さに耐えろ 相続者たち

(ワングァヌル スリョヌンジャ、ク ムゲルル キョンドョラ サンソクジャドゥル:왕관을 쓰려는자, 그 무게를 견뎌라 – 상속자들)

相続者たち キャスト&登場人物 簡易版 

相続者たち

あらすじ

説教

『もう、殴り合いじゃ足りなくて器物損壊をするの?無断で放送までして?』と、チスク。『申し訳ありません』と、ハモるタンとヨンド。

『もう、その言葉はうんざりよ!校則に従って処理するわよ。校内奉仕30時間。反省文100枚。帝国高の環境美化をする。今学期が終わるわね。どうせ勉強は放棄したでしょ?あなた達と話すのももう終わりよ。チェ・ヨンド。おまえは父親をお連れしてきなさい。』と、チスク。

『善処をお願いします』と、タン。『おまえは違うようだと?おまえはおまえの兄を連れて来なさい!答えないの?ふたりとも?』と、チスク。無言の二人。

『喧嘩するヨンスクたち。放送室で争ったって?他の先生達は忌み嫌って、あなた達の相談は新人のわたしが引き受けることになったわ。反省文100枚よ。すべて埋めるまでずっとさせるわよ』と、ヒョンジュ。

『こいつだけさせてはダメですか?いつも過ちはこいつがするんです』と、ヨンド。『こいつがこうで、ぼくが応じなければならないんです』と、タン。『互いの間違いよ。それなら、自分の間違いじゃなく、互いが何を間違ったか書きなさい』と、ヒョンジュ。

 

回想

二人は最近のことから昔のことまで回想する。そして、ヨンドの母が去るとき。

『タン、ヨンドを見なかった?おばさんが急いでてこうなんだけど』と、タンの手を握り話すヨンドの母。『ぼく、最近ヨンドと遊ばないんだけど』と、タン。『それならどうしよう。おばさんは今、携帯を持ってないの。アナタがヨンドに知らせてくれないかな?』と、ヨンドの母。

ヨンドは自分の話を聞かないと答え、ヨンドの母のカバンに目をやるタン。どうしたのかと問うタン。ヨンドの母は言葉を濁し、今時間がないんだと言う。そして、ヨンドを探してくれるかとタンに頼み、学校の前にある食堂にいるからと言いその場を離れる。

『オレは最後までお前を連れて行かなければならなかった。それが最後の機会だということを知っていたのなら・・・』と、心のなかで思うタン。

『オレは最後までお前についていかなければならなかった。それが二度と掴むことのない機会だということを知っていたのなら・・・』と、心のなかで思うヨンド。

二人が食堂についた時には、すでにヨンドの母はいなかった・・・。

『どうして書かないの?互いに間違ったことはないの?無いのにそうやって争ったの?』と、ヒョンジュ。

 

放送室からのポナの告白

ウンサンはラヘルに言われたことをリフレインしていた。

『あなた、チャニョンに対して、わたしが反省してるって話をした?』と、ポナ。ヒョシンが放送2分40秒前と伝える。『前回はわたしのディレクションを受けないって・・・』と、ウンサン。

『ちょっと、あなた、チャニョンと友人なら、ホントにわたしの話で聞いたことはないの?』と、ポナ。『それがチャニョンの男らしく、すごくいい点でしょ』と、ウンサン。

『あなた、ホントに・・・わたしがユン・チャニョンと別れることを望んでるの?』と、ポナ。2分20秒前の雑談禁止の合図を出すヒョシン。そして、放送ブースのボリュームを上げ、全校放送に切り替える。もちろん、ポナは気づかない。

『先輩!ちょっと、チャ・ウンサン。わたしは完全にすごく反省していることを、ユン・チャニョンに対して、話をチョットしてくれって。わたし最近息が苦しいの。チャニョンがわたしの息なのに、そばにいないのに、わたしが息を吸えるの?わたしは今宇宙にいるようよ。

ところでわたしたちの放送中!?灯りが付いているじゃない?Oh My God! 先輩!!!ダメよ!!!』と、ポナ。放送を聞き、照れるチャニョン。盛り上がるクラスメイト。

その後ポナは顔を伏せないと廊下を歩けない状況に。チャニョンに出くわし、走って逃げるポナ。『ちょっと、イ・ボナ。どこに行く?話があるんだって!』と、チャニョン。『言わないで、聞かないわ。別れようってことを言うんじゃない!』と、ポナ。

『そんなんじゃないよ、ちょっと立ち止まって』と、チャニョン。『追わないで、聞かないわよ!』と、逃げるポナ。笑顔で追いかけるチャニョン。

『ああしようとした放送じゃないのにな』と、ヒョシン。『そうだから』と、ウンサン。ウンサンはヒョンジュを見つけ会釈をし、『こんにちは』という。近づくヒョンジュ。真顔になるヒョシン。

『新しく来た文学の先生よ。すごく美人でしょ!』と、ウンサン。ヒョシンはじっと見たままだ。『そんなにきれいなの?言葉も忘れて目もそらさないのね』と、ウンサン。『ちょっとはずしてくれる?』と、ヒョシン。

『どういうこと?』と、ヒョシン。『少しだけいい席に移って座ったの。家庭教師のお姉さんではなく先生として。おめでとうと言わないの?』と、ヒョンジュ。『別に。ぼくの初恋は10数センチ遠のいたね』と言い、去るヒョシン。

1 2

スポンサードリンク (sponsored link)

 - 相続者たち , , , , , , , , ,