不滅の恋人コラム12 朝鮮で王族が官職に就くことはできたの?

不滅の恋人コラム。

第12回は「朝鮮で王族が官職に就くことはできたの?」です。

 

不滅の恋人(原題:大君・テグン-愛を描く:テグン-サランウル クリダ:대군 – 사랑을 그리다)特集ページ

不滅の恋人 キャスト・登場人物紹介 ユン・シユン、チン・セヨン、チュ・サンウク主演韓国ドラマ
ユン・シユン、チン・セヨン、チュ・サンウク主演TV朝鮮週末ドラマ不滅の恋人(原題:大君-愛を描く:テグン-サランウル クリダ:대군 - 사랑을 그리다)のキャスト・登場人物(出演者)紹介・簡易版です。不滅[続きを読む]

 

 

不滅の恋人 特集ページ ユン・シユン、チン・セヨン、チュ・サンウク主演韓国ドラマ
不滅の恋人(原題:大 君・テグン-愛を描く:テグン-サランウル クリダ:대군 - 사랑을 그리다) の特集ページです。2019年3月3日から始まるNHKでの放送を踏まえて設置しました。今後、あらすじや歴史解説をアップしていきます。

 

 

韓国ドラマ 大君

 

 

不滅の恋人コラム12 朝鮮で王族が官職に就くことはできたの?

ドラマ内では首陽大君(スヤンテグン:수양대군)をモデルとしたイ・ガンが領議政(ヨンイジョン:영의정)という最高官職に就任していますよね。

「あれ?王族って官職に就けないよね?」と思った方はなかなかの朝鮮王朝通。

けれど、この時期は王族でも官職に就くことはできていました。

 

 

韓国ドラマ 大君

 

実際の首陽大君も最高官職に就任しています。

しかし、当時は領議政ではなく領議政府事(ヨンイジョンブサ:영의정부사)という呼称でした。

1401年太宗(テジョン:태종)1年に議政府(ウィジョンブ:의정부)が設置された際にそのように決定され、首陽大君が王・後の世祖(セジョ세조)となって以降の1466年(世祖12年)に領議政と改められたのです。

 

その後も、彼の弟で世宗(セジョン:세종)の4男・臨瀛大君(イミョンテグン:임영대군)の次男、つまりは世祖の甥である亀城君(クィソングン:귀성군) 李浚(イ・ジュン:이준)も領議政となっています。

当時は「亀」という字を「ク」と読んでいた感もあり、時として「クソングン」と表記されることもあります。

この人物もなかなかに有名な人物で、当時を描くドラマには必ず登場しますよ。

この亀城君こそが、王族を官職から遠ざけた原因となった人物なのです。

 

彼が領議政だったのは世祖の最晩年から第8代睿宗(イェジョン:예종)代の跨ぎ。

睿宗が病弱だったこともあり、文武に秀でた王族・亀城君は王位簒奪の最有力候補とみなされ、ファクトかどうかはさておいて謀反の罪で流刑となります。

その後、わずか13歳だった者乙山君(チャウルサングン:자을산군)が王位につきました。

彼が後の成宗(ソンジョン:성종)です。

そして、成宗代に経国大典(キョングクデジョン:경국대전)に王族の官職が制限されることが明記され、王族は実質的に宗親府(チョンチンブ:종친부)で管理されることとなったのです。

 

結局の所、首陽大君による王位簒奪が悪しき前例となっており、そのようなことが二度と起こらないようにルール作りがなされたわけです。

それ以降、王族は外交上の官職なり、強権を持つことのできない提調(チェジョ:제조)あたりを歴任することとなりました。

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

コメント