不滅の恋人コラム13 安平大君(アンピョンテグン)の最後

不滅の恋人コラム。

第13回は「安平大君(アンピョンテグン)の最後」です。

 

不滅の恋人(原題:大君・テグン-愛を描く:テグン-サランウル クリダ:대군 – 사랑을 그리다)特集ページ

不滅の恋人 キャスト・登場人物紹介 ユン・シユン、チン・セヨン、チュ・サンウク主演韓国ドラマ
ユン・シユン、チン・セヨン、チュ・サンウク主演TV朝鮮週末ドラマ不滅の恋人(原題:大君-愛を描く:テグン-サランウル クリダ:대군 - 사랑을 그리다)のキャスト・登場人物(出演者)紹介・簡易版です。不滅[続きを読む]

 

 

不滅の恋人 特集ページ ユン・シユン、チン・セヨン、チュ・サンウク主演韓国ドラマ
不滅の恋人(原題:大 君・テグン-愛を描く:テグン-サランウル クリダ:대군 - 사랑을 그리다) の特集ページです。2019年3月3日から始まるNHKでの放送を踏まえて設置しました。今後、あらすじや歴史解説をアップしていきます。

 

 

韓国ドラマ 大君

 

 

不滅の恋人コラム13 安平大君(アンピョンテグン)の最後

首陽大君(スヤンテグン:수양대군)をモデルとしたイ・ガンの策略により、安平大君(アンピョンテグン:안평대군)をモデルとしたイ・フィは死ぬことに。

このあたりのドラマのストーリーは史実との乖離がそれほどないと言えます。

けれど、まだまだ話数もあるのでイ・フィが死んでおらず反旗を翻す展開が容易に想像がつきますよね?

 

韓国ドラマ 大君

 

 

さて、史実の安平大君は一体どんな最後を辿ったのでしょうか?

ストーリーとの脈絡がなくなってきているので、史実の方を見てみましょう。

 

1453年の癸酉靖難(ケユジョンナン:계유정난)で首陽大君は政敵の金宗瑞(キム・ジョンソ:김종서)皇甫仁(ファンボ・イン)らを虐殺。

後ろ盾を完全に失った安平大君を一旦は江華島(カンファド:강화도)に流刑します。

その後、安平大君は喬桐島(キョドンド:교동도)に移送されることに。

 

下の地図の赤いマークのところが喬桐島。

その右側、方角だと東側が江華島です。

この2箇所は都城から比較的近い流刑地と言えますね。

 

癸酉靖難(ケユジョンナン)が起きた日は10月10日。

直ちに流刑となった安平大君(アンピョンテグン)はその8日後の10月18日に・・・賜死されました。

享年36。

比較的長寿命の王族としては短命な生涯でした。

 

不幸はもちろんこれだけではありません。

後年の憂いを断ち切るべく、首陽大君は安平大君の息子イ・ウジクを賜死とし、妻は官婢、娘たちを私奴婢としました。

いわゆる連座制による処罰です。

 

このことからもわかるように、ドラマ内のソン・ジャヒョンも、婚姻が成立していれば官婢に落とされるところだったわけです。

 

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

コメント