不滅の恋人コラム5 ナギョムのモデル貞熹王后尹氏はどんな人?

スポンサーリンク

不滅の恋人コラム。

第5回は「ナギョムのモデル貞熹王后尹氏はどんな人?」です。

 

不滅の恋人(原題:大君・テグン-愛を描く:テグン-サランウル クリダ:대군 – 사랑을 그리다)特集ページ

不滅の恋人 キャスト・登場人物紹介 ユン・シユン、チン・セヨン、チュ・サンウク主演韓国ドラマ
ユン・シユン、チン・セヨン、チュ・サンウク主演TV朝鮮週末ドラマ不滅の恋人(原題:大君-愛を描く:テグン-サランウル クリダ:대군 - 사랑을 그리다)のキャスト・登場人物(出演者)紹介・簡易版です。不滅[続きを読む]

 

 

不滅の恋人 特集ページ ユン・シユン、チン・セヨン、チュ・サンウク主演韓国ドラマ
不滅の恋人(原題:大 君・テグン-愛を描く:テグン-サランウル クリダ:대군 - 사랑을 그리다) の特集ページです。2019年3月3日から始まるNHKでの放送を踏まえて設置しました。今後、あらすじや歴史解説をアップしていきます。

 

 

韓国ドラマ 大君

 

 

スポンサーリンク

不滅の恋人コラム5 ナギョムのモデル貞熹王后尹氏はどんな人?

首陽大君(スヤンテグン:수양대군)をモデルとしたイ・ガンと婚姻したユン・ナギョム

彼女の姓がユンだったことで、個人的には「おおお!」と思ってしまいました。

というのも、首陽大君の実際の妻で後に王后となる女性もユン氏だから。

それが、貞熹王后尹氏(チョンヒワンフ ユンシ:정희왕후 윤씨)です。

 

 

この時代の女人天下は坡平尹氏(パピョンユンシ)

韓国ドラマ 大君

 

坡平尹氏(パピョンユンシ:파평윤씨)

この時代を彩った女性たちの本貫としてとても有名です。

貞熹王后(チョンヒワンフ)は朝鮮で初めて大王大妃(テワン テビ:대왕대비)となったり垂簾聴政(スリョムチョンジョン:수렴청정)を行ったりと、初づくしの女性でした。

 

少し時代が下り第11代中宗(チュンジョン:중종)の第1継妃となり第12代仁宗(インジョン:인종)を生んだ章敬王后尹氏(チャンギョンワンフ ユンシ:장경왕후 윤씨)、その後、第2継妃となり第13代明宗 (ミョンジョン:명종)を生んだ文定王后(ムンジョンワンフ:문정왕후)もまた坡平尹氏(パピョンユンシ)でした。

もちろん、朝鮮三大悪女の一人、鄭蘭貞 (チョン・ナンジョン:정난정)の情人・尹元衡(ユン・ウォニョン:윤원형)も文定王后の兄弟なので坡平尹氏です。

このように、坡平尹氏は王統を継いだ外戚として、ある意味天下を牛耳っていた家門でした。

 

一方で、その血が災いしてか、明宗 (ミョンジョン)には跡継ぎがおらず、朝鮮は13代で嫡統が途切れてしまいます。

(第14代宣祖(ソンジョ:선조)からは傍系の血筋)

 

 

父親は健在だった

ドラマ内でのナギョムは父が不在という設定ですが、貞熹王后(チョンヒワンフ)の父親は健在でした。

貞熹王后(チョンヒワンフ)は1418年生まれ。

1428年には11歳で大君と婚姻しています。

ちなみに、この頃の大君は首陽大君(スヤンテグン)ではなく晉平大君(チンピョンテグン:진평대군)と呼ばれていました。

 

彼女の父・璠(ユン・ボン:윤번)が亡くなったのは1448年。

このことからもわかるように、彼女が婚姻した後20年は父親が生きていたことがわかります。

 

スポンサーリンク

まとめ

史実では内助の功で夫を王にした女性。

ドラマ内ではどのような描かれ方をするのでしょうね?

 

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

コメント