韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

ミスター・サンシャイン 第10話あらすじ・視聴感想 イ・ビョンホン、キム・テリ主演韓国ドラマ

      2018/08/27

イ・セフンの屋敷にやってくるヒナ

どうしてここで会おうというのだ?と、イ・ジョンムン

風にもあたり、家も見回して・・・一種の投資でしょう・・・朝鮮が日本に渡ろうがロシアに渡ろうが、土地は残るのではないですか?(金の延べ棒を見せ)私がこの家を買おうと思います・・・逆賊の宅なので国庫に押収され、朝鮮は常にお金がないのでどうせ誰かに売ることになるし、私が買いますと、ヒナ。

仲介人を送れ、度支部(タクチブ:탁지부)に連絡を入れておくのでと、イ・ジョンムン。

そういたしますと、ヒナ。

お前の父親には会ったのか?朝鮮の地に戻ってきたので、一度はお前を訪ねるみたいだがと、イ・ジョンムン。

ご存じのはずですが、私は父がおりませんと、ヒナ。

お前の母は方方で探していると、イ・ジョンムン。

知っております、毎回同じおっしゃり様なのでと、ヒナ。

ひょっとして、私がお前に嘘をついて探しているようか?と、イ・ジョンムン。

けれど私は方法がありません、だからただ信じなければ、虚しい希望でも持たなければ・・・私に母が貴いほどに、大監にも私が持つ情報が貴重だから・・・それではもう下問なさってくださいと、ヒナ。

・・・その、黒髪のアメリカ人の男だ、お前が見るにどうなのだ?と、イ・ジョンムン。

商売人としては良いお客様ですと、ヒナ。

お客様を抜きで見れば?と、イ・ジョンムン。

大監がもうおっしゃったではありませんか、黒髪のアメリカ人だと・・・アメリカは事がよじれれば彼を朝鮮人と言い、朝鮮は事がよじれれば彼をアメリカ人と言うので、彼はただ、寂しい異邦人ですと、ヒナ。

それなら、その者には米国に置いている家族さえいないのか?と、イ・ジョンムン。

いないように見えます、賓館の部屋にも事務室にも写真一枚もないのを見ればと、ヒナ。

ひょっとして、賓館に訪ねてくる人などはおらず?と、イ・ジョンムン。

咸鏡道(ハムギョンド)から来た宣教師の書信があり、隔てなく過ごすアメリカ軍の同僚一人が賓館に共に泊まっており、数日前にアメリカから友人が一名やってきたのですが、彼は正式な訪問ではなく隠れ入りました・・・彼の部屋が何度か探られましたと、ヒナ。

それについては心当たりがある・・・すべてアメリカからの知人だな・・・朝鮮では知人付き合いしている者はいないのか?と、イ・ジョンムン。

彼の隣の部屋に、キム・アンピョン宅の若様が泊まっていらっしゃるのですが、なにか縁があるように見えます、良い縁ではないのではないかと思って・・・それと、コ・サホン大監宅のお嬢様と交流がありますと、ヒナ。

 

 

ミスター・サンシャイン チェ・ユジン

 

 

掘っ立て小屋で足の治療をしているエシン

表情でのユージンの言葉や、籠の中でのトンメの言葉が思い出される。

 

スングがやって来る。

お師匠様!と、エシン。

どうしてきたんだ、怪我したところは大丈夫なのか?と、スング。

痛がる素振りをして・・・すごく痛いって、練習をさぼることはできなくてと、エシン。

オレはこうだからお前を信じないんだ、完治したなと、スング。

お師匠様、お伺いしたいことがあります、お師匠様は我々同士たちの総大将ですか?と、エシン。

オレはお前の大将さ、だけど最近はお前がオレの大将のようだなと、スング。

それならさっと座ってみてください、下っ端のようにと、エシン。

お前が座れと言ったから座るんじゃなくて、座ろうとした途中にお前が言ったんだと、スング。

はい・・・お師匠様、お師匠様の上にはどなたがいらっしゃいますか?と、エシン。

何が気になるのだ?と、スング。

その方は両班ですか?その方が守ろうとする朝鮮は誰が暮らせますか?と、エシン。

ただ問わずに「はい」と言っていたのに、今になって急にどうして?と、スング。

とある人の質問を受けたのですが、彼はただ私に尋ねただけなのに、尋ねた人も、尋ねられた私も傷ついてと、エシン。

お前が同士だと言っていたそのアメリカ軍だが、その者が巷で噂の王の証書を朝鮮に戻してくれた、イ・セフンを処断したのも、ソアが漢城の外に抜け出せるよう陸路を割ったのも、その者の助けだったと、スング。

いつも知らないのが良いとおっしゃってたのに、どうして話してくださるのです?と、エシン。

お前が知ることが、その者に重要なようで、もしかしてお前にも重要なのか?と、スング。

はい・・・と、エシン。

もしかして知っているのか?その者の出自を?と、スング。

お師匠様はご存知なのですか?と、エシン。

オレが初めてお前をここに連れてきたときに冷遇した理由は、この険しい道を何日か来て、元気をなくして落ちていくだろうと思ってだった、けれどお前は10年もやって来た、お前がどんな質問をどのように受けても、お前はその10年を答えてきたと、スング。

それなら、私は・・・と、エシン。

けれど・・・(跪き)・・・お嬢様、私がお嬢様とこのように過ごすのが世間に知られれば、私は班常(パンサン:반상)の法度をないがしろにした罪人です、綱常罪(カンサンジェ:강상죄)で私は死を免れることはできません・・・お嬢様の意思とは関係がないでしょう、法がそうなのです、世の中がそうなのです・・・だから、ダメなことです、その者との縁ももう手放さねばなりませんと、スング。

涙するエシン。

※班常・・・両班と常人  ※綱常罪・・・下の身分の者が無礼を働く罪

 

1 2 3 4 5 6

スポンサードリンク (sponsored link)

 - ミスター・サンシャイン , , , , , , , , ,