スポンサーリンク

韓国ドラマファンの不幸?再放送に負ける新作ドラマは切ない。今はそんな時期だったり・・・

先日、DATVでチョン・ジヒョン(전지현)キム・スヒョン(김수현)主演の韓国ドラマ・星から来たあなた(ピョレソ オン クデ:별에서 온 그대)を視聴しました。

第1話だと思っていたら第2話でした(汗)

そのときに改めて思いましたよ。

『このドラマおもしろすぎる!』って。

 

大丈夫だ、愛

特定の俳優のファンの方は別にして、純粋な韓国ドラマファンにとっては、『相続者たち』『星から来たあなた』の流れが蜜月だったのでは無いでしょうか?

この2つのドラマのあとにも複数ほんのドラマを見ていますが、残念ながらこれらを超えるドラマは出てきていません。そのため、個人的にも何となくテンションが下がってきています。

あまりにクオリティーの高い作品が連続してしまったために、新作ドラマを見てもおもしろく感じにくいという、ある意味不幸な状況です。

 

最もこれは仕方のないことです。ドラマの視聴率は夏と冬にはよく、春と秋には良くない傾向にあります。スポンサーもそのことはよく知っていて、最大の広告効果を上げるドラマに出資するし、制作会社もそれを見越してドラマの制作に取りかかります。

そのため、必然的に夏冬のドラマの方が春秋のドラマよりも制作費が高く、数字を取りやすい俳優をピックアップするのです。有力俳優もまた、視聴率が高くなりやすい時期にドラマに参加します。

このことからもわかるように、現在はちょうど狭間のクールです。こんな時には個々の俳優のがんばりを評価するしかありません。

 

スポンサーリンク

夏ドラマは名作が出る可能性がある!

現在放送中のドラマが終わると夏ドラマが始まります。今年はサッカーのワールドカップがあるのでその影響を受けるドラマもアルかもしれませんが、各局、力作を投入してくるはずです。

特に注目なのがノ・ヒギョン(노희경)作家作品『大丈夫、愛さ(クェンチャナ サランイヤ:괜찮아 사랑이야)』です。(個人的には、『大丈夫、愛だよ』にしたい)

前作、その冬、風が吹く(ク キョウル、パラミ プンダ:그 겨울, 바람이 분다)でもノ・ヒギョン作家とタッグを組んだチョ・インソン(조인성)と、ラブコメの女王コン・ヒョジン(공효진)が主演です。

ノ・ヒギョン作家は台詞の変更を許さない作家であり、他の作家と異なり、事前に脚本を仕上げることでも有名です。そして、彼女の脚本で作るドラマは必然的にクオリティーが高くなります。

逆に、韓国らしいジェットコースターのような無謀なストーリーが見られないため、すごく日本人のメンタリティーにあった作品に仕上がります。

放送局はもちろんSBSです。間違いなくハイクオリティーなドラマに仕上がるはずですから、皆さんも首を長くして待っていてください!

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

コメント

  1. sallie より:

    いつも楽しく拝見。ありがとうございます。
    特定の俳優ファンでもなく、特定の視聴料を支払ってみてるわけでもない、
    単純にドラマ好きのわたしですが、PCでほぼリアル視聴ができるいい時代、加えてarasujidanさんのこのサイトに助けて頂き、本当にありがたく楽しんでいます。

    今クール、どのドラマも華やかなキャステイングで期待してましたが、仰るようにテンション下がってます。私的には次回が待ちきれないほどの作品が残念ながらありません。動画一覧をみては、惜しいな!と食指が動かずためいき。
    最初の数話でしんどくなってしまったドラマが多いです。それでもこちらで感想・あらすじを紹介して頂いているのを参考に、後々時間が出来た時に見ようかと。

    ちなみに友人達は ほぼTV視聴、ネットは殆どいません。
    最近はコメント投稿も少ないようですが、UP欠かさず見てます!!
    首をながーくして待ってます!今後ともよろしくお願いします。

  2. yumi より:

    こちらに来て楽しく読ませてもらい和んでいます。最近はドラマを途中でリタイアすることが多く、好きな俳優さんでも疑問疑問とふさぎこみながら見ています。こちらで、楽しい解説、コメントを読んで漸く納得です。皆さん同じなのね。
    チョ・インソン、コン・ヒョジンは両方とも大好きなので大いに期待です。
    仕事が終わってからの楽しみがないのが寂しいです。
    教えて下さった作品が映画だと思っていたので、ドラマが好きなのですごく嬉しいです。カットが多いTV局でも「星から来たあなた」は面白いです。「相続者たち」は翻訳に慣れてきました。面白いです。パソコンでリアルに見ていた時は早く帰って見たかったのですが、今は録画が目的です。
    2回に1回は気になるドラマを見て、あらずじをおおまかに追っています。