スポンサーリンク

死の賛美 視聴感想(あらすじ含む) イ・ジョンソク&シン・ヘソン主演韓国ドラマ

死の賛美(サエ チャンミ:사의 찬미)とは、2018年11月27日から放送されたイ・ジョンソク&シン・ヘソン主演の韓国ドラマ(SBS月火ドラマ/6部作)。

あらすじ:朝鮮最初のソプラノ歌手ユン・シンドクと、彼の恋人であり天才劇作家であるキム・ウジンの悲劇的な愛と、共に知られなかったキム・ウジンの作品世界に再照明を当てたドラマ。

 

レビューを書こうと思っていたのにすっかり忘れてました。

ということで、遅ればせながらレビューを書きます。

 

死の賛美

 

 

スポンサーリンク

死の賛美 視聴感想(あらすじ含む)

まず最初に思ったのが、「この二人でのドラマならせめてミニシリーズでしょ!」ということ。

6部作品にするにはもったいないキャスティングです。

もっとも、水増ししたような内容になっても興ざめなので、致し方なかったのかも知れません。

 

全話を見て・・・なるほどと思いました。

6部でよかったです。

いや、4部でも良かったかな?

登場人物が日本語を話すことが多く、俳優としてはそこが結構きつかったのではないかなと。

また、ドラスティックなはずのストーリーが、なぜだか鮮明さに欠ける印象でした。

 

 

個人的にはこのストーリーは知りませんでした。

けれど、韓国では、小説・映画・ミュージカル、そしてドラマになっている題材で、二人の悲劇はよく知られているようです。

 

ユン・シンドクは声楽家として、キム・ウジンは戯曲作家として、共に才能を認められた人物です。

けれど、それ以上に、遺書も残さないまま玄界灘に突然消えたミステリーが謎を呼び、知名度を上げました。

 

ドラマでも下関から釜山への移動途中に、甲板でダンスを踊ったのち、こつ然と消えた様子が描写されていましたね。

落ちた様子を誰も目視していないことから、ひょっとして二人は生きているのかも?との憶測も生まれたようです。

 

 

死の賛美

 

これは1926年8月5日の東亜日報。

読んでみると、ドラマの描写のように偽名を使って搭乗しています。

ユン・シンドクは尹水仙(ユン・スソン)、キム・ウジンは金水山(キム・スサン)。

 

最大の謎は、なぜ二人は死ななければならなかったのかということ。

現代の感覚では、決定的な死ぬ要素を見出すことはできませんが、併合された抑うつや、大正時代の背景がそうさせたのかも知れません。

 

ドラマとしての評価は・・・

あまり視聴率もよくなく・・・

ま、興味のある方は視聴してみてくださいと言ったところでしょうか。

 

視聴率グラフはこちら → 韓国ドラマランキング

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

コメント