スポンサーリンク

ボーイフレンド(ナムジャチング)第5話視聴感想(あらすじ含む) ソン・ヘギョ&パク・ボゴム主演韓国ドラマ

ソン・ヘギョ&パク・ボゴム主演のtvN水木ドラマ

ボーイフレンド(ナムジャチング:남자친구)

の第5話視聴感想(あらすじ含む)です。

※このあらすじは3分割です。

 

 

ボーイフレンド(ナムジャチング

 

 

 

 

スポンサーリンク

ボーイフレンド(ナムジャチング) 作品データ

  • 韓国tvNで2018年11月28日から放送開始の水木ドラマ
  • 脚本:ユ・ヨンア(유영아) 『タンタラ』『キレイな男』
  • 演出:パク・シヌ(박신우) 『嫉妬の化身』
  • あらすじ:一度も自身が選択した生活を送ったことのないチャ・スヒョンと、自由で清い魂のキム・ジンヒョクの偶然な出会いで始まった、トキメキのロマンスドラマ

 

 

スポンサーリンク

ボーイフレンド(ナムジャチング)第5話視聴感想(あらすじ含む)

まずは視聴率について。

4話目の9.264%から8.513%に下落。

初週の勢いが途切れた印象を受けます。

若干放送時間は違うものの、ドラマファンの第一選択が『皇后の品格』へ移行しているようで、夜ドラマ全体の首位も明け渡してしまいました。

 

視聴率グラフはこちら → 韓国ドラマランキング

 

では、あらすじをざっくりと。

 

 

ロビー。

チェ・ジンチョル理事の執拗な追求。

コンビニでカップラーメンを食べましょうと言って、チャ・スヒョンを救うキム・ジニョク

私が奢るわと、笑みを浮かべてそれに呼応するスヒョン。

 

 

ナム室長の運転で、スヒョン・チニョク・ミジンが乗っている。

スヒョンにコンビニに行きましょうか?と尋ねるナム室長に、静かなところでキム・ジニョクさんを下ろしてくださいと、ミジン。

あの先で降りればいいわね、チャン秘書と、スヒョン。

え?わたし?と、ミジン。

そうだな、チャン秘書とオレが降りようと、ナム室長。

寂しいならナム室長とコンビニに寄って行ってと、スヒョン。

よく考えないと、頭が痛くなりますよと、スヒョンに告げるミジン。

けれど、お構いなしに運転席に移り、チニョクを連れて去っていくスヒョン。

 

約25年ぶりに、あんなにかっこいい男に会った、お前にはあんな男が居ないだろ?と、ミジンに告げるナム室長。

 

 

本当にコンビニへ行くんじゃないでしょ?家で降ろしてあげると、スヒョン。

ものすごい茶店に行きましょうと、チニョク。

右折して着いた先は教会だった。

出てきた女性を先生と呼ぶチニョク。

そして、スヒョンのことを、キューバで出会った友人と紹介する。

また、カメラをくれた父の友人の奥さんだ、学校の先生だったけど、おじさんが亡くなってからは旅行をして少しているとも。

建物が教会のようだけどと、スヒョン。

そうです、空いた協会を安く手に入れたんです、独特な方でしょ?と、チニョク。

 

話の流れで、告白すれば受けてくれるでしょうか?と問う、チニョク。

見てみよう、今日はブサイクだわ、あんた、今度・・・と、イ先生

 

イ先生は近所のおばあさんの按摩をしに出かける。

 

ちょっとは落ち着きました?驚かせてすみません、けれど後悔はありませんと、チニョク。

チニョクさん、明日から会社で辛いはずよ、みんなが知ってしまったから・・・あらぬこともと、スヒョン。

代表、私は決めました、それで出たんですと、チニョク。

どんな決定?会社の人たちのゴシップに困惑するという決定?と、スヒョン。

良いお茶飲んでカッとなさってはいけませんよと、チニョク。

チニョクさん、冗談を言ってるんじゃないわ、私と、スヒョン。

私が言いたい言葉を代表がおっしゃる、冗談ではありません、私は代表にとって意味のある人になってみなければ・・・決めましたと、チニョク。

もう行きましょうと、スヒョン。

お茶は2回目に入れるのが美味しいんですと、チニョク。

 

 

卒業のときにチニョクと二人で撮った写真を眺めているチョ・ヘイン

私は、どうすればいいのかな、チニョク・・・。

 

 

ミジンはイ・デチャンの店に。

ここに来たとチニョクにメールを送ってほしい、私がしたら来ないからと、ミジン。

そして、2回しか会ってない仲なのに、互いに言葉の押収を開始する。

 

 

チェ理事の報告を受け、失望させないことを望むと、キム・ファジン会長。

ファジンは理事会を開いてスヒョンを追い出すつもりだ。

キム秘書に何が起きたのか調べさせるチョン・ウソク

 

 

帰りの車の中。

ホンジェドンにも美術館があると、説明を始めるチニョク。

おかしいわ、美術館は全部知ってるんだけど?ウソのようだけど?名前は?プアムドンの方にあるのを言ってるんじゃないの?と、スヒョン。

うちの街であってます、ホンジェドンの司書キム・ジニョクの名に賭けてと、チニョク。

なんのタイトルがそんなに多いの?ホンジェドンのホークレーン、いまは司書と、スヒョン。

一度おいでになれば、しっかり説明しますと、チニョク。

あの、キム・ジニョクさん、明日から会社で・・・と、スヒョン。

代表、こうなった以上、私たち二人がぎこちなくよそよそしければ本当に笑われます、明日からは私たち、より親しくしないとと、チニョク。

会社は、そんなカジュアルなところじゃないわと、スヒョン。

そうだと言って、私が節操なく姉さん(ヌナ)と呼びますか?と、チニョク。

フフと、スヒョン。

姉さんという言葉、そんなに笑えますか?と、チニョク。

笑えるわと、スヒョン。

美術館へお行きになりたければ連絡くださいと言い、もう一度電話番号を書こうとするチニョク。

けれど、スヒョンは暗記していた。

私は頭がいいわと、スヒョン。

うわ、やっぱり代表は人と違いますね、だけど、どうしてメール一つなさらないので?と、チニョク。

する用がないからと、スヒョン。

私の番号取って、代表の番号はどうしてくれないのですか?と、チニョク。

私がいつ取ったの?チニョクさんが書いてくれたんじゃないと、スヒョン。

うん、「チニョクさん」と呼ぶから、より親しくなったようだ、そうでしょ?と、チニョク。

降りてくれる、もうと、スヒョン。

冗談はもうやめます、代表が今日のせいで怖がるかと思ってなだめてるんでと、チニョク。

怖がらないわ、根性あるわ、私と、スヒョン。

ほら、笑うから大したことないじゃないですか・・・代表、トンファホテル代表で、文化党のチャ・ジョンヒョン代表の娘で、テギョングループの嫁だった、そんな人だから、私が格式を持って対応するんじゃないですか?と、チニョク。

無理にそんな必要はないわと、スヒョン。

そうです、無理にそうしないでおきましょう、私たちと、チニョク。

また「私たち」そう言わないでってと、スヒョン。

敢えて、そう言わなければと、思います・・・行きます・・・ビビったら負けるんですよ、悩めば顔色だけが悪くなります、ぐっすり眠ってくださいと、チニョク。

 

コメント