トラップ(trap:트랩)に期待するぞ! イ・ソジン&ソン・ドンイル&イム・ファヨン主演韓国ドラマ

トラップ(trap:트랩)とは、OCNが「ドラマティックシネマ」というコンセプトで制作する長編映画のようなクオリティーの韓国ドラマで、2019年1月から放送されます。(7部作)→ 2月9日からに変更。

あらすじ:知りえない罠にかかった国民的アンカーの衝撃的な顛末を描いたハードボイルド追跡スリラードラマ。

イ・ソジン&ソン・ドンイル&イム・ファヨンが主演ということで、キャストだけでもクオリティーの高さが伺えますね。

 

先日、2019年1月25日から放送されるチュ・ジフン&ペ・ドゥナ&リュ・ソンニョン主演の韓国ドラマ・キングダム(킹덤)を紹介しましたが、同じようなコンセプトがこれから主流になるのかも知れません。

「尺が長いのが韓国ドラマの特徴」という時代は終わりなのでしょう。

そうでもないかな?

「キングダム」という史劇がNetflixで始まるらしい チュ・ジフン&ペ・ドゥナ&リュ・ソンニョン主演韓国ドラマ

 

トラップ

 

トラップ(trap:트랩) 作品データ

  • OCNで2019年1月から放送のドラマ
  • 脚本:ナム・サンウク(남상욱) ドラマを数本
  • 演出:パク・シヌ(박신우) 映画『白夜行』

 

久しぶりのイ・ソジン

まずは断っておかないといけないことが。

韓国ドラマファンならOCNと聞けば韓国のケーブル系だとすぐに分かると思うのですが、一般的な日本の皆さんにはOCNといえばNTT系ですよね?

今回のOCNは当然ながら前者で、日本でネット配信されるわけではないのでご注意を!

 

さて、好きな俳優の一人イ・ソジンのドラマカムバックということで、少々テンションが上っています。

しかも、国民的アンカーなんてどはまり役ですよね?

2016年の結婚契約(キョロン ケヤク:결혼계약)以降もテレビには出ずっぱりだったものの、ドラマがなくて寂しい思いをしていました。

けれど、これで払拭できます。

できれば長編史劇に出てほしい気持ちはあるのですが・・・ま、ひとまずは溜飲を下げましょう。

 

映画監督&ドラマ脚本家

キングダム(킹덤)もこのパターンでした。

なんとなく事情はわかる気がします。

昨今では映画の脚本家がドラマを書くこともありますが、短距離走の選手が長距離走をするようなもので、相当の才能がないと無理が生じます。

今回は7部作なので、ミニシリーズを凝縮していけば良いためドラマ脚本家のほうが適任です。

 

一方で、常に長めの尺を撮っているドラマの演出家は、凝縮したクオリティーを出すことは苦手な気がします。

もちろん、映画監督が長い尺を取れる保障はどこにもないのですが、いつも映画では削ってしまうシーンなどを盛り込むことができるので、そこまで難しくはなさそうです。

書物と違って、映像の尺を延ばすのはカメラがやってくれることなので、物理的にも比較的簡単ですし。

 

ソン・ドンイルも見逃せない!

彼はある意味、興行手形を持つ男。

ドラマでは脇を固める重要な役を担っていて、最低でも出演作品を小ヒットまで引き上げます。

過去の作品を見ても、ドアマットになった作品はないんですよね~。

ノ・ヒギョン作家に愛された演技力ですから、外すわけがありません。

 

ソン・ドンイルもまたお気に入りの俳優。

イ・ソジンとどのようなケミストリーを見せてくれるのか、楽しみで仕方ありません。

 

まとめ

いまのところ明確な編成は決まってないようで、1月からスタートということしかわかりません。

個人的に多忙な時期なので、あらすじを書くことができるかどうかわかりません。

だけど、最低でもレビューは必ず書こうと思っています。

ま、ボクが書かなくても書きそうな方に心当たりはあるし、ネットにあらすじがアップされないことはなさそうですよ!

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

コメント

  1. kabukimon より:

    今晩は…saksakさん♪♪ご無沙汰しております~~ イ・ソジンさんの新作ドラマ【トラップ(트랩)】っ!!今からワクワクしていますっ♪♪…ところが、初放送の日が未だに確定していないんです~(T_T)~当初は1月19日…と、予定されていましたが、現在では2月9日が最有力放送開始日です…初回放送が1月から2月に延期されたのは確かなのですが、はっきりした日が決まっていないようです…日本でいつから日本語字幕入りが放映されるか?!は分かりませんが、撮影自体は全て終了していますので…後は放送されるのを待つばかり~~来年を楽しみしています♪saksakさん~♪できたら、あらすじをお願いいたしますっ~(*゜∀゜*)♪♪

    • arasujidan より:

      こんにちは!
      あらら、2月にずれ込むかもしれないんですね。
      事前制作だから予定通りかと思ったのですが、競合との兼ね合いとかも吟味してるのかもしれませんね。

      あらすじは、kabukimonさんがやってくださるものとばかり。
      心当たりとはまさにkabukimonさんのことですよ!
      時節的にそのときになってみないと時間が取れるかどうかわかりませんので、レビューだけだったら「時間がないのね」と思ってください。
      キャスト情報は作りますよ~。