相続者たち 訳後記 キーワードと残念な点&自分へのご褒美を!

相続者たち全20話の訳が終了しました。

王冠をかぶろうとする者、その重さに耐えろ 相続者たち

(ワングァヌル スリョヌンジャ、ク ムゲルル キョンドョラ サンソクジャドゥル:왕관을 쓰려는자, 그 무게를 견뎌라 – 상속자들)

最初はこの『長くて覚えられない!』というタイトルにもびっくりしました。

短縮バージョンが定着してホッとしたのはボクだけじゃないと思います(笑)

相続者たち

訳後記

正直なところ無謀な挑戦でした。当初はわかるところだけかいつまんで2000字程度のあらすじにしようと思っていたんです。2000文字というのは、ネットの記事でひとつの記事を苦もなく読める適度な文字数という統計が出ており、個人的にも『そんなもんだよね』と思っていたからです。

けれど、キム・ウンスク(作家)マジックに掛かってしまい、あれよあれよと文字数が増えていきました。細かいニュアンスまで知りたいという欲求にかられたのです。そして、結局は15000~20000字へと増えていきました。

2000文字の法則から言うと7~10分割しなければならなかったのですが、それだとさすがに分割し過ぎだと思い、多くても6分割に留めました。そのため、ひとつの記事が4000字を超えてしまうことも(汗)

おそらくバイリンガルの方なら3~4時間で仕上がるのでしょうが、僕の場合にはひとつの記事だけでもそのくらいかかってしまいました。

特に、ちょいちょい使われる方言や慣用句に手こずりました。この手の表現は辞書に載ってないので、NAVERで検索して調べたのですが、結構各地の方言が散りばめられています。

 

キーワード1.敷居(문턱:ムントク)

キム・ウンスク作家はドラマ内で過去に使った言葉や言い回しを大事にして、何度か使用したり引用したりします。全編を通してのキーワードとなった言葉は敷居(문턱:ムントク)でした。ミョンスの最後のセリフにも出てきましたし、タンとウンサンの会話でもものすごく出てきました。

世界の敷居を越えてみた者の顔。そういうの?(セサンエ ムントクル ノモボンジャエ オルグル イラルカ?:세상의 문턱을 넘어 본 자의 얼굴 이랄까?)

敷居という辞書に乗っている対訳だといまいちしっくり来ないので、ボーダーラインや壁と訳したところもあるかもしれません。ドラマ内ではウンサンが越えようとし、タンが越えさせようとした障壁として登場する言葉です。ハードルという訳でもいいかもしれませんね。

 

キーワード2.趣向(チュイヒャン:취향)

趣向(チュイヒャン:취향)という言葉も多く登場しました。イ・ミンホの過去の作品・個人の趣向(ケイネ チュイヒャン:개인의취향)がすぐに思い浮かびますが、一般的な単語なので、そこまで考えて使用した言葉ではないでしょう。けれど、出てくるたびに『あ、また!』と、思ってしまいました(笑)

 

キーワード3.それにもかかわらず(クロメドプルグハゴ:그럼에도 불구하고)

おそらく3回出てきたと思います。一箇所は少し訳を変えました。この言葉プラス直進(チクチン:직진)という言葉で、どんなことが会っても二人で突っ切って行くというメッセージを伝えていました。

 

指示代名詞と助詞

結構訳に困ったのが指示代名詞と助詞です。指示代名詞とは이(イ:この)그(ク:その)저(チョ:あの)のことです。以前韓国人のおじさんに『行くじょ~!って覚えろ』と言われたことがあります。韓国語には『ゾ』の発音がないから『行くぞ~!』がそうなってしまうのですが、これですぐに覚えられると思います(笑)

日本語よりも韓国語のほうが指示代名詞を多用しますよね?そのまま訳すと日本語としてのニュアンスが保てないことも多々ありました。特に그(ク:その)をそのまま『その』にするとイマイチなことも多く『あの』に変更したりもしています。

助詞にも同じことが言えて、しっくり来ない時には少し変えてしまったところがあります。それでも、全般を通してできるかぎり直訳が崩れないようには心がけました。

 

ドラマの残念な点

特に残念だと思ったのが最終回です。韓国のニュース記事で関節広告の多さを指摘されたものがいくつか出てましたが、今回はそれが強引で露骨だった印象がありました。

わかりやすいのはみみずくのぬいぐるみです。買ってもらったぬいぐるみを学校に持って行かないですよね?パッと見た瞬間にすごく違和感を感じました。

日本の場合関節広告に厳しくないので、これ見よがしにドラマ内で描写するということはせずに、ただ小物として使用しますが、韓国の場合には規制があるので、それに対向するかのように使用して見せます。

ヨンドとトンウクの柔道対決の時も、トンウクが道着の下にアシックスのTシャツを着ていたり、ウォンがシェーバーを使ったり、コーヒーを入れてみたり、『その描写いらないよね?』という必然性のないシーンが多かったです。ああいった描写はナシにして欲しいですね~。

 

相続者たち

 

最終回で気になったのは、最後のキスシーンの時のウンサンの髪型でした。タンが結ばないほうが好きと言ったにもかかわらず、どうしてドレスアップしてるのに髪を結んだのでしょうか?

10年後だからタンの趣味が変わった?そんなんじゃないですよね。あれは『やらかしちまった』描写です。あのシーンだけは撮り直してほしいと思います。といっても、もう無理ですね(汗)

また、後半2話は少々流れが途切れがちだったようにも思えます。このあたりは、今までキム・ウンスク作家がずっとタッグを組んでいたシン・ウチョルPDのほうがうまかったのかなとも思います。

もうひとつ、これはちょっと仕方ないのですが、ラストシーンって4月ですよね?すっごく雪が降ってるんですけど(汗)

コメント

  1. yuka より:

    お疲れ様でした。
    そしてありがとうございました。

    腱鞘炎、いかがですか?
    セレブキーボードで負担が軽くなると良いですね。

    19.20話、私はまぁ、こんなもんかな、と上から目線で納得はしました(笑)
    19話はむむむ、でしたが。
    他に納得できる終わり方も思いつかないので、18話であれだけ盛り上がったらそのあとは厳しいようにも思います。

    ウンサンの髪型、タンがポニーテールを嫌がったのは、(多分タンがドキッとしていた)首筋を他のナムジャに見せたくなくて、だったのではないでしょうか?
    他におろしている方が良いと言っていたシーンがあればすみません、記憶がなくて、、、
    恐らく深く考えずに10年後だし大人っぽく、みたいな感じでしょうね(>_<)

    ウビン君、間違いなくスターダムにのし上がりましたね!
    CMのギャラも倍以上になったとかいう記事も出てました。
    大好きですが個人的には主役より二番手などの重要な脇役で見たい気持ちが強いですが、主役の話も来ているでしょうね。
    ファンミが日本であれば必ず行くと思います(笑)

  2. セビョク より:

    お疲れさまでした。そして感謝です。
    字幕無しに韓国映画を観たくて勉強を始めて早5年になりますが、なかなか進歩できてません。
    ソゾソブペンで、前回主君からなんとなく観てしまったこのドラマ、久々にパジョタ!OSTまで買ったし、正直今まで舌足らずで苦手だったミノ君にも完落ちです。
    内容的には単純だし、主君よりは会話も聞き取りやすかったですけど、高校生世代の独特な会話や意味不明な方言?言い回しにはお手上げでした。リアル視聴の後、週末はこちらを頼りに勉強させていただきました。本当にありがとうございました。
    いいドラマでしたね。

    私も、キムタンはウンサンのアップモリは好物だと思いますよ。他の男にウナジを見せたくなくて髪をほどいていたのでしょう。高2でそこまでしちゃうの笑えるけど(幼いのか、大人なのか・・・笑)
     伏線となるエピソードが最後までには完結された、とても良くできた脚本だったと思います。
    ウビン君も良かった!
    私的にはカン・ミンヒョクがチェゴ!達者だわ・・童顔のくせに何者って思ったらCNのドラマーだとか(恐るべしKポップアイドル)
    3ヶ月間、勉強させていただきました。(できたら、是非この次の”星から~も宜しくお願いします)
    本当にありがとうございました。

  3. miyuki より:

    お疲れ様でした。そしてありがとうございました^^
    相続者楽しく視聴できたのもひとえにここのおかげです。
    腱鞘炎、大事になさってくださいね。無理をすると後々大変なことになりますしね

    やはりみなさん最終週ですよね。ひっかかりは・・・
    韓国の新学期は3月じゃなかったでしょうか?(確か卒業式は二月だから・・・)だから雪が降ってるのは違和感なかったのですが、私的にはウォンの選択でしょうかねぇ。あれほど嫌っていた父と同じような人生を歩むようになるわけでしょう?
    タンとの打ち解け方ももう少しゆっくりとでよかったような気がします
    ラブラインも伏線があった分だけハッピーエンドであってほしかった気はします。
    タンの回想シーンでのシネちゃんが、イ・ミンジョンさんと重なってしまって、ちょっと残念でした

    役者さんとしては主役の二人は置いといて、まずはカン・ミニョク君 役どころも良かったし、彼の雰囲気を存分に楽しめました^^
    キム・ウビン君は安定感というかそういうものが出てきましたよね。ただ主役となるとどうかな?って感じはしますが・・・気負いせず頑張ってよい役者さんになってほしいですよね^^
    チェ・ジニョクさんは個人的に今年はまった役者さんです。≪九家の書≫で完全におちました^^;これから楽しみ~と思ってたら、兵役がすぐのようでちょっと残念ではありますが・・・

    って、上から目線で申し訳ありません。
    自分にできるか?と聞かれたら無理なことばかりなので、平に謝らせてもらいます^^;

    ということで、改めて、あらすじありがとうございました。そしてお疲れ様でした

    次は、星から~でしょうか?楽しみにしています。(←どこまでも厚かましい上に、そっとお願いしてみます^^)

  4. nori より:

    お疲れ様でした。
    腱鞘炎の具合はいかがでしょうか?
    沢山の方がこちらのあらすじを楽しみにしておられると思います。お大事になさって下さい。
    これからも「奇皇后」他、お世話になります。よろしくお願いします。

  5. いいまる より:

    最終話まで、毎回楽しみに読ませていただきました!本当にお疲れ様でした&ありがとうございました!腱鞘炎、お大事になさってくださいね!本当に、毎回とても丁寧な翻訳、セリフ一つ一つがとても細やかで、キーワードになりそうな伏線を考えたり、セリフのかっこよさにキュンとしたり。。。大変読み応えもありました!一話読ませていただくのも、え?こんなに時間が過ぎて行ったの?っと思うほどですから、これを翻訳されたことを思うと・・・相当な労力と改めて、感謝いたします!3月からスマホ配信されるようですが、(想定外であまり納得できない笑)ですが、日本でテレビでお目にかかる日も、そう遠くなさそうですね。若手の俳優さんも歌手兼、も多く出演されていましたが、ドラマの筋は軽く仕上がらず、見ごたえ充分でした。むしろ、みなさんの演技が光っていました。素敵なドラマでした。
    そして、これからも、いろいろ、楽しみにしております!ありがとうございました!おいしいものをたくさん食べて、素敵な年末をお過ごしくださいませ!^^

  6. wingsatt より:

    うわぁ大変お疲れ様でした‼︎
    買い物して、ストレス発散してよく休んで下さい。あらすじレビューとても参考になりました。
    ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。無理のない範囲で。笑

    ウビン旋風すごいですよね。ホント。
    私はセカンド落ちすることが多いタイプなので
    正直ヨンドとウンサンカップルのシーンの方が見るの好きでしたね。不思議なもので途中からケミもこっちのカップルの方があるように見えてきてしまって…。笑
    タン、ウンサンカップルのベストカップル賞どうでしょうかね。。年末間近に放送されたドラマの方が有利な気もしますが、他にもSBSは今年素敵なカップルのドラマがたくさんあったので難しい気もしますね。演技大賞もイ・ボヨン、ソン・ヘギョなど女優の候補が中々有力な感じがしますね。年末のショーレースも楽しみです。
    また面白い記事期待してます。

    ホントに相続人あらすじUPお疲れ様でした。

  7. arasujidan より:

    皆様へ。
    コメントありがとうございます!
    指力温存のためたまっているあらすじを書き終えてからコメントをお返ししようと思っていたら、随分遅くなってしまいました。

    一旦腱鞘炎になると、なかなか治らないようで、ペットボトルを開けるのでさえ大変な状況です。
    みなさんもくれぐれもお気をつけてタイピングしてくださいね。
    まとめてのリプライは失礼かとは思いましたが、しばらくはご了承ください!