韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

銭の花 第8話あらすじ チャン・ヒョク、パク・セヨン主演韓国ドラマ

   

チャン・ヒョク、パク・セヨン主演MBC週末連続劇

銭の花(お金の花:トンコッ:돈꽃)

の第8話視聴感想(あらすじ含む)です。

 

 

銭の花(お金の花:トンコッ:돈꽃)

 

 

 

銭の花(お金の花:トンコッ:돈꽃)作品データ

  • 韓国MBCで2017年11月11日から放送開始の水木ドラマ
  • 脚本:イ・ミョンヒ(이명희) 『蔣英實(チャン・ヨンシル:장영실)』
  • 演出:キム・ヒウォン(김희원) 『家令なる誘惑(サブ)』
  • あらすじ:金を支配しているという錯覚に生きているが、実は金に喰らわれているという人々を描いたドラマ
  • 視聴率 第7話11.1%、第8話15.3%  視聴率グラフはこちら → 韓国ドラマランキング

 

 

銭の花(お金の花:トンコッ:돈꽃) 第8話あらすじ

DNAの検査結果を見て、また祖父の婚外子が現れたのか?と、チャン・ブチョン

プチョンを部屋から出した後、チョン・マルランさん、ほんとに大したものだとつぶやくカン・ピルチュ

 

回想。

ピルチュに飛びつき1位となった成績表を見せるプチョン。

もう父さんの良い頭に似てないと言われないだろと、父の遺影に成績表を見せる。

父さんの息子チャン・ブチョンが悪くて嫌いだ、だけどこいつ、しきりにくっついてきて死にそうだと、心のなかでつぶやくピルチュ。

 

チャン・ヨチョンが秘密資金の補填をするためには、インターチェンジのそばの土地を売らなければならない、出れば仮名で買う・・・そのことでお呼びに?と、ピルチュ。

ナ・モヒョンはただ追憶としておいておけ、プチョンはお前と本当の兄弟も同様じゃないのと、チョン・マルラン

亡くなったチャン・スマン副会長、愛しておられましたか?おっしゃってくだされば私もナ・モヒョンに対する答えを申し上げますと、ピルチュ。

他の女に子供を産ませた男を愛する才はなかった、けれど、誰か一人でも自分の不幸を知るのが嫌で、なんとかして戻ってこさせようとした、息子のプチョンという福の子が生まれた・・・プチョンを慈しみ愛を与えることで、十分に補償を受けたと自らを慰めた・・・彼はアン・ホギョンに与えた気持ちを止められないようだった・・・二人は仲が良かったようよ、私を置いて二人で・・・お前の答えは?と、マルラン。

あなたが返してくださったナイフをこの書斎において出たときに、私はすでに答えを差し上げました・・・私がナ・モヒョンに心を残していると思ったのはあなたの錯覚ですと、プチョン。

常に正答を言うあなたが、私はほんとに気に入ってるわ・・・ナ・モヒョンをきれいに消し去ったと思っておくわと、マルラン。

 

 

かつてピルチュのものだったネックレスを眺めるモヒョン。

河原で拾ったのだ。

ピルチュはすでに居なくなっていた。

空き家となった場所でチョ・イノと書かれた本を見つけ、ポラロイドに撮る。

また会えたらいいな、きっと・・・おとなになったらわからないってこともあるからと、本と一緒にセルフィも撮る。

 

 

チョンアバイオが今後お前の試金石となると、チャン・グッカン

それで申し上げるのですが、ニューヨークにあるバイオ研究センターを投資合併するのはどうでしょう?と、プチョン。

そうなればいいと、チャン・グッカン。

 

チャン・グッカンはプチョンをバイオ関連の責任者に据える。

ヨチョンは苦虫を潰す思いだ。

合併を阻止するべく、NYにいる大学の同期をフル稼働させるヨチョン。

 

 

遺伝子検査がリークされたことをピルチュに伝えるパク・ヨング

ウ社長の筋を疑うピルチュ。

 

すでにその結果を入手していたチャン・ソンマン

マルランが絡んでいると聞き、プチョンがチャン家の人間でなければいいんだがと、ヨチョンとプチョンの遺伝子検査を行うようにと、ウ社長に指示する。

 

ヨチョンの妨害に切羽詰まっているプチョンに、教授に直接投資を提案しろと、ピルチュ。

 

 

チャン・グッカンを選択したと、チャン・ソンマンに伝えるナ・ギチョル

プチョンがチャン家の人間でなければどうするのかと、チャン・ソンマン。

 

 

教授からの好返答に喜ぶプチョン。

デートしようとピルチュ。

 

スマンの祭祀のときの飴玉を食べながら・・・話すのを躊躇するピルチュ。

そんな様子をはじめて見たと、プチョン。

お前、お前の父親の息子じゃないと、ピルチュ。

冗談めいたことを話してみるも、ピルチュが戯言を言う人間でないことを知っているプチョン。

先日の検査結果が自分のものだったのだと気付く。

お前の叔父が遺伝子検査をしろと言うはずだと、ピルチュ。

やれと言え・・・ホントなのか?チャン氏じゃないって?お前、オレをここに連れてきた理由は何だ?水に溺れて死ねと?と、プチョン。

それもいいしと、ピルチュ。

車に飛び込んで轢かれるのはどうだと、プチョン。

それも悪くない、お前がやりたいほどに怒れ、すべてやっていい、絶対に死なせないと、ピルチュ。

 

入水しようとするも、水が冷たくて引き返すプチョン。

その後、ユン・ソウォンと会う。

そして、「おもち」が息子か娘なのかと尋ねる。

また、お腹を蹴るという話を聞いて涙してしまう。

 

 

ピルチュがチャン・ウンチョンの替え玉チャ・テヨンを探したのか気になるオ運転手

チャン・ソンマンがチャン・ヨチョンの母パク・ソンギョンを伴ってマルランに会いにやって来る。

ヨチョンが使った秘密資金の穴埋めに借名講座を持参してきたのだ。

けれど、まだ足りないので近いうちに払うとも。

土地を売ると思っていたのだけれどと、マルラン。

そこに、プチョンの事故の知らせが入り、ピルチュが出向く。

 

 

自分を捨ててヨチョンのところへ行けと、プチョン。

一番気にかかったのはモヒョンでも母でもなくピルチュだったのだ。

モヒョンには正直に話せと、ピルチュ。

結婚がダメになるのでは?と、プチョン。

まだモヒョンをわからないのか?と、ピルチュ。

看護師が採血しにやって来る。

その後、ヨングがピルチュのものにすり替える。

 

やって来たモヒョンに自分が父の子でないことを告白するプチョン。

何の躊躇もなく受け入れ、言ってくれてありがとう、プチョンさんの誤りじゃないじゃないと、モヒョン。

死ぬまで秘密にしてくれる?と、プチョン。

そうすると、モヒョン。

 

すべてチャン・グッカンに話せと、ヨング。

そうすればマルランを追い出すのはチャン・グッカンになる、必ず自分が追い出す、マルランがチョンアをすべて掴んだと思った瞬間にと、プチョン。

 

遺伝子検査の結果は血族関係を示すものだった。

事故を起こして採血させるべくプチョンを入院させたのも、すべてピルチュの策略だった。

 

スマンの息子がいることをプチョンに話すピルチュ。

そして、今から正気をしっかり保てと告げる。

 

 

ハン女史にじじいの妻より百倍いいものだと、飲食事業の権利を与えるチャン・グッカン。

 

 

結婚と同時にプチョンをNYに送るとチャン・グッカン。

寝耳に水のマルラン。

プチョンが投資合併を手掛けたので最高責任者として運営するのが当然だと、ピルチュ。

 

ナ・ギチョルへの資金提供の絡みで、モヒョンが国内に居ないほうがいいと判断したと、マルランに話すピルチュ。

 

 

結婚式当日。

モヒョンを遠巻きに見つめるピルチュ。

駐車場では秘密資金の受け渡しが行われていた。

 

5年後。

帰国するプチョンとモヒョン。

ナ・ギチョルが優位に大統領選挙を進めているのをニュースで見るプチョン。

モヒョンは子を授かっておらず、同乗している子供に目が行く。

同じ飛行機にはソウォンが乗っていた。

プチョンと切れていないのだ。

 

空港でプチョンたちを待つピルチュ。

ソウォンと彼女が連れている子を見つける。

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

関連記事

 - カネの花~愛を閉ざした男~ , , , , ,