熱血司祭 第17話(第33話・第34話)視聴感想(あらすじ含む) キム・ナムギル、キム・ソンギュン、イ・ハニ主演韓国ドラマ

キム・ナムギル、キム・ソンギュン、イ・ハニ主演韓国ドラマ

熱血司祭(ヨリョルサジェ:열혈사제)

第17話(第33話・第34話)視聴感想(あらすじ含む)です。

※韓国では30分を1話として放送

 

 

熱血司祭

 

 

熱血司祭 作品データ

  • 韓国jtbcで2019年2月15日から放送開始の週末ドラマ
  • 脚本:パク・ジェボム(박재범) 『キム課長』
  • 演出:イ・ミョンウ(이명우) 『耳打ち』

 

 

熱血司祭 第17話(第33話・第34話)視聴感想(あらすじ含む)

視聴率が20%を越えているのではないかと言われている今回ですが、残念ながらニールセンのシステムえっラーのため視聴率が出ていません。

後日分かり次第お知らせします。

 

 

熱血司祭 第17話(第33話)あらすじ

ソ・スンア刑事とソンサックを助けに入るキム・ヘイル神父

ヘイル優位で戦いが進むが、パトカーが来たところで戦いを終える。

ソ刑事は重症で病院に運ばれる。

 

イ・ジュングォンに電話を入れ、必ず探し出すと告げるヘイル。

キム・インギョンは無事だったが、クロスを取られていた。

テーブルにナイフが刺さっているのを見て驚くハン神父

 

自分と同じ特殊部隊出身の海外傭兵だと話すヘイル。

武術じゃなくて殺人で、本当に強いと、ソンサック。

それならイ・ジュングォンは誰ですか?と、ク・デヨン刑事

かつての上官と、ヘイル。

手榴弾を投げさせた?と、ク刑事。

 

イ・ジュングォンが泊まっているホステルへ行き、彼を叩きのめすヘイル。

オレを殺せがイ・ヨンジュン神父殺人事件の証人をひとり失うことになると、イ・ジュングォン。

一週間やる、話さなければ話さないことを後悔させてやると、ヘイル。

 

 

収監されているチョン・ドンジャ区長に会いに行くファン・チョルボム

お前しか来ないなと、チョン区長。

姐さんは姐さんだと、カン・ソクテ部長検事への怒りを露わにするファン社長。

 

ファン社長を襲撃する傭兵の一人。

評価はAプラスに及ばないAだと、傭兵。

 

病室で刑事たちと話しているヘイル。

何故か金庫破りのことも刑事たちに知られていた。

 

 

コザエフは今日も穴掘。

地盤が弱くてもうできないと、出資者のキ・ヨンムンに告げるコザエフ。

 

 

金庫に酸素欠乏になるシステムが組み込まれていることを話すヘイル。

悩んだ挙げ句、金を移動させれば奪うのも簡単だとの結論に至る。

どうやって動かせばいいんでしょう?と、ソ刑事。

それは難しくない、口ですればいいと、パク・ギョンソン

 

 

パク議員が傭兵たちに殺される。

そのニュースを見ているカン部長とキョンソン。

キョンソンはひとり残ったカン部長さえ居なければ、金は自分のものになるとファン社長が思うかもしれないと警鐘を鳴らし、金の移動を促す。

 

5対5の取引をファン社長に再確認するキョンソン。

また、お腹が空いた、眠い以外のカン部長の言葉を信じるなとも。

 

サンドイッチを食べているク刑事とヘイル。

急にトイレに行きたくなったことで、ファン社長の部下たちを無力化する方法を思いつくク刑事。

その後、2人でチュルチュル韓方医のところへ赴く。

ヘイルは乗り気でないようだ。

韓国にはなく輸入禁止のものだったので怒るヘイル。

 

 

国情院の局長に会うヘイル。

そして、必要なものを用立てて欲しいと話す。

期待せずに尋ねるが復帰はしないのか?と、局長。

その話はまたと、ヘイル。

 

リベンジのためにプラクティスしているソンサック。

「次に、必ず復讐してやるよ、ソ・スンア妹」

 

 

熱血司祭 第17話(第34話)あらすじ

聖堂。

金の移動を追跡する案を話すヘイル。

キョンソンはひとりで金庫へ入ることを不安がる。

自分たちが話を聞いてでてくるまで待っていると、ヘイル。

 

 

ファン社長の部下たちに、弁当屋に扮して弁当を配るソ刑事。

また、カメラも仕掛ける。

 

続々と関係者がやってくる。

汚い奴、カン部長検事。

ずる賢い奴、イ・ジュングォン。

悪い奴、ファン社長。

一昨日悔やんだ女、キョンソン。

善良だが狂った奴、ク刑事。

かっこいいが怒りの多い奴、ヘイル。

 

傭兵もやって来ている。

ファン社長に、また会ったな土佐犬と告げる傭兵。

トラックには追跡妨害のシステムが組まれており、班長たちの追跡だけが頼りだ。

ファン社長の部下たちは階段に潜んでいる。

 

緊張しているキョンソン。

ワイヤレスマイクのヘイルの声に「ハイ」と返事をしてしまう。

とりあえず歌ってごまかす。

 

ヘイルとク刑事が出動する。

カン部長の指示でファン社長に銃を突きつけるイ・ジュングォン。

ヘイルとク刑事が、建物の外で酔っ払ったふりで騒ぎ始める。

やたらと汗が出ているチャン・リョンと部下を確認するヘイルたち。

韓方医に教えてもらい局長に用立ててもらった洩瀉花(ソルサファ)が効いてきたのだ。

その後、次々とうんこを洩らし麻痺するファン社長の部下たち。

降りてきたチャン・リョンもうんこを漏らす。

キョンソンとファン社長が結託していたことがバレており、キョンソンも金庫に閉じ込められることに。

助けに行くヘイル。

ファン社長も加わり、傭兵と2対2で殴り合う。

その後、ク刑事たちも降りてくるが、空砲なのを見抜かれ、攻撃はできない。

 

建物から出た直後、カン部長は殴られ、イ・ジュングォンたちに金を奪われる。

そして、ヘイルだけでなく、その場に居た全員が金庫の中に閉じ込められていた。

酸素濃度が下がってくる。

 

 

熱血神父 第18話に続く

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

コメント