韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

ATOKの導入で誤変換・誤字脱字はなくなるのか?ドクター異邦人、来そうですね~!

   

さっき、ドクター異邦人(タクト イバンジン:닥터 이방인)の第3話を視聴し終わりました。

あまりに集中して視聴したため、終わった後はちょっとぐったり気味です。

これは来ますね~。むちゃくちゃおもしろかったです。

どうやらパク・ヘジンは念願の悪役のようですね。かなりクールに役をこなしているように思います。

一つ前のクールのドラマは食いついて見るタイプのものがなかったので、ドクター異邦人にはかなりの好感触を持っています。

 

誤変換・誤字脱字

 

ATOKの導入で誤変換・誤字脱字はなくなるのか?

サイト運営の悩みのうち、かなりのウエイトを占めるているのが誤変換と誤字脱字です。

昨日も、昔あらすじおこしをした馬医(マイ:마의)のサイトをチョックしていたのですが、あまりのミスの多さに唖然としてしまいました。

人の健康に直接関わる仕事をしていたために、記述や資料作成で誤字脱字などはしないタイプだったのですが、人というものは変わるもので、タイにしょっちゅう行くようになって、現在ではかなりざっくりとした性格になってしまいました。

日本人モードできっちりとしてしまうとやってられないことが多々あるので、タイに関わる多くの日本人がそうなっています(笑)

けれど、一番の原因は変換ソフトによるところが大きいです。

 

皆さんはPC利用時にはWindows付属のIMEを使用していると思います。僕はGoogleの日本語入力システムを利用しています。けれど、あまりにも誤変換が多いために有料のATOKを試してみることにしました。

最近の変換システムは無料のものでもかなり精度が高いのですが、けれどそれは、『単一言語に限る』という注釈付きです。多言語にまたがるとシステムが馬鹿になります。

というのも、最近のこれらのシステムは学習するので、変な学習の仕方をして混乱しているようなのです。

韓国人の登場人物の名前の一部だけを学習したりすると、中途半端な変換結果しか出さなくなりますし、漢字にしても韓国語を日本語に直訳している漢字を多用したりすると、優先順位がそちらに引きずられて日本語がおかしくなります。

この前もあらすじを書いていて、Googleの入力システムは、小学生でも間違わない漢字を次々と間違えてました(汗)

 

また、入力を簡素化するために、単語登録で漢字&カタカナ&ハングルのセットを登録しているのですが、これが最も人工知能を混乱させているようです。たとえば以下のような言葉です。

  • 領議政(ヨンイジョン:영의정)
  • 正祖(チョンジョ:정조)
  • 李芳遠(イ・バンウォン:이방원)
  • 威化島回軍(ウィファドフェグン:위화도회군)
  • 義禁府(ウィグムブ:의금부)
  • 星から来たあなた(ピョレソ オン クデ:별에서 온 그대)
  • ドクター異邦人(タクト イバンジン:닥터 이방인)

およそ300ほど登録しています。こうしておくと、ハングルで調べ物をするときにも便利なんです。

それによって、日本でも有数のダメ変換システムができあがっており、さすがに作業効率も悪いため、藁にもすがる思いでATOKを導入しました。

僕の使い方にだまされずに日本語部分を維持してくれればよいのですが、やってみないことにはわからないため、しばらく使ってみることにします。

皆さんも、ハングルを記憶させるとこのようなことになるかもしれないので気をつけてくださいね~。

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - コラム