スポンサーリンク

アスダル年代記 第4話視聴感想(あらすじ含む) ソン・ジュンギ&チャン・ドンゴン主演韓国ドラマ

ソン・ジュンギ&チャン・ドンゴン&キム・ジウォン&キム・オクビン主演tvN週末ドラマ

アスダル年代記(アスダル ヨンデギ:아스달 연대기)

第4話視聴感想(あらすじ含む)です。

 

アスダル年代記 登場人物・キャスト ソン・ジュンギ&チャン・ドンゴン主演韓国ドラマ
アスダル年代記(アスダル ヨンデギ:아스달 연대기)とは、ソン・ジュンギ&チャン・ドンゴン&キム・ジウォン&キム・オクビン主演韓国ドラマ(tvN週末ドラマ)。あらすじ:太古の地「アス」で異なる伝説を描きゆく英雄の運命的な物語。以下で登場人物・キャスト(出演者)を紹介します。

 

 

アスダル年代記(アスダル ヨンデギ:아스달 연대기)

 

 

スポンサーリンク

アスダル年代記 作品データ

  • 韓国tvNで2019年6月1日から放送開始の週末ドラマ
  • Part1. 12部、Part2.6部
  • 脚本:キム・ヨンヒョン(김영현)、パク・サンヨン(박상연) ともに『六龍が飛ぶ』
  • 演出:キム・ウォンソク(김원석) 『シグナル』『私のおじさん』

 

 

 

スポンサーリンク

アスダル年代記 第4話視聴感想(あらすじ含む)

視聴率は小幅に上昇。

一応、自己記録も更新しています。

世の中で一番きれいな私の娘、アスダル年代記 等週末ドラマ視聴率20190609 自白,異夢,ボイス3
2019年6月9日付けの週末ドラマの視聴率速報です。(韓国ドラマランキング調べ、AGBニールセンの集計結果より)

 

 

第4話。

また寝落ちしてしまいました。

どこから寝落ちしたのかわからなくて最初から見返したのですが、20分ほどのところで眠ってしまったようです。

そもそも、このドラマ、80分も尺があるんですよね。

CMも入れるとさらに数分伸びるので、2日連続で映画を見ている感じです。

その描写には台詞が少なく画面も暗いという特徴が。

そりゃ、眠くなりますよ。

 

自分の中だけで不評なのかもしれないと思って、韓国でのレビューなどを数十ほど読んでみました。

ニュースに関しては提灯記事では絶賛しているものの、酷評記事数が遥かにそれを凌駕しています。

というより、そもそも記事数が少ない印象。

個人ブログに関しても同様で、あまりピックアップされていません。

 

直近の記事や感想を見たのですが、「540億ウォンをどこに使ったの?」「PD・脚本家・俳優を揃えたのに・・・」「台詞が少なくて意味のないシーンが長い」「制作会社の労使関係や株価がウンタラカンタラ・・・」といったものが目に付きました。

確かに、540億ウォンも使った割にはCGが雑だったり、神託のための踊りがやたら長かったりと、???な印象。

個人的には安っぽいミュージカルを見ているような感じがしています。

 

そもそも・・・韓国ってファンタジーを作るのが下手なんじゃないかと。

ウリナラファンタジーと揶揄されるファンタジーは置いといて、イギリスのようなファンタジー制作の素養がさほどない気がします。

なので、いくら実力のある制作陣と俳優を持ってきても、何やってるのかわからないカオスな状況に陥っているのかなと。

 

例えばハリーポッターなどでは、読者や視聴者自身が設定自体に興味を持ち、固有の言葉を覚えようとしますよね?

当ドラマにはそれほどの魅力はないんです。

なので、ドラマ内で設定されている言葉を覚えるのさえ面倒で、覚えないからさらに訳がわからなくなって興味をそがれていく。

そんなきらいがあります。

 

 

アスダル年代記に希望はある?

希望があるとすれば、ようやく主人公の二人、タゴンウンソムが遭遇したことでしょうか?

逆説的に言えば、これまでの320分は主人公が絡まなかったからつまらなかったのかもしれません。

ゆえに、ひょっとするとこれから劇的に面白くなる可能性もあるんです。

希望的観測でもあるのですが、少なくともこれまでよりは面白くはなるに違いありません。

 

呪詛

第4話の見どころは、タニャの兵士たちへの呪詛でした。

タニャは青い客星(超新星?)が現れた日に生まれたワハン族のタングリ(巫女)。

けれど、夢を見ることのできな出来損ないでもあります。

そんなタニャの脅しにも似た呪詛に、チョソルは白い狼の神気を感じるのでした。

 

そんなチョソルを自ら送るタニャ。

本当は夢を一度も見ていないことを告白します。

チョソルは自分も夢を見たことがないし、始祖の白い狼のおばあさま以降、夢を見た者はいないかもしれないと話しましたね。

また、白い狼のおばあさまが残したピョルダヤ(星図)を探せ、白い狼のおばあさまが元いた場所へ行くのだと言い息を引き取りました。

 

来週に期待

さすがに面白くなってくれないと困ります。

来週に期待しましょう。

 

 

アスダル年代記 第5話に続く

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

コメント