ボーイフレンド(ナムジャチング)第8話視聴感想(あらすじ含む) ソン・ヘギョ&パク・ボゴム主演韓国ドラマ

ボーイフレンド(ナムジャチング)第8話あらすじ 3/3

ウソクが彼女と別れたことを知るキム会長

どれだけスヒョンが好きなのかと問う。

また、スヒョンのためにスヒョンをこの家から追い出したことも知り、スヒョンがウソクをこのようにしたのだと気づく。

スヒョンは知らないことで、自分が望んだことだと、ウソク。

 

 

ソクチョホテルのフロントで働き始めるチニョク

仮面舞踏会の確認も怠らない。

 

 

互いが近くに居ない寂しさを感じるチニョクとスヒョン。

 

 

仮面舞踏会の準備は進む。

ソンジュスヒョンに仮面を選んでもらう。

顔があまり見えないものを手に取るスヒョン。

 

 

ナム室長が怒った様子でソクチョにやってくる。

そして、ソンジュがチニョクをすぐに連れてこいと大騒ぎしていると言う。

代表が怒っていると聞いた責任者は、チニョクに行くように告げる。

 

乗ってと、後部のドアを開けるナム室長。

前に乗ると、チニョク。

私はキム・ジニョクさんを連れに来たんじゃありません、ウチの代表の彼氏をお連れしに来たんだと、ナム室長。

 

 

ボーイフレンド(ナムジャチング)

 

続々と招待客がやってくる。

テチャンチンミョンだけでなく、ウソクもやってくる。

 

ワクワクして誰が企画したのかと尋ねるミジン

けれど、チニョクだと聞くと、急に苦いわと言いだす。

 

到着するやいなや走っていこうとするチニョク。

自分が企画したパーティーのコンセプトを知らないのか?と、ナム室長。

ナム室長はチニョクの仮面を用意していた。

 

かぶっても隠れない顔があるわねと、ナム室長に告げるソンジュ

ソロになったから、何処かに白馬に乗った王子様が居ないかサーチしなきゃ!と言って会場へ行く。

 

スヒョンを認識して会場から連れ出すチニョク。

ウソクは間違ってク・ウンジンにタッチしてしまう。

 

ちょうどカウントダウンの途中に顔を合わせ、新年を二人で迎える。

会場ではサルサバンドの演奏が始まる。

もちろん、チニョクの企画だ。

キューバを思い出す二人。

スヒョンを引き寄せキスをするチニョク。

呼応するスヒョン。

 

エピローグ

キム秘書に今日のスヒョンの服装を調べさせていたウソク。

けれど、ウンジンが似たような服を着ていたため間違えてしまう。

 

一方でチニョクは、顔を見られたくないスヒョンの気持ちを察して、特別に仮面を追加注文し、スケッチも送っていた。

それで、間違えることなくスヒョンを連れて行けたのだった。

 

ボーイフレンド(ナムジャチング) 第9話へ続く

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

コメント

  1. あこぷー より:

    韓国ドラマ好きですが、韓国語初心者なので、いつも ブログを拝見して 勉強させていただいています。
    ナムジャチングは、ソンヘギョとパクボゴムの演技が素敵で、いつのまにか遅いテンポにもかかわらず夢中になっています。
    2話までの早い展開を続けてくれたら、もっと面白かったのに…と最初は思ったのですが、このドラマのテンポは、主人公たちの感情のテンポに同調していて、逆にドラマに嵌まってしまいました。
    キューバで加速する二人の気持ちが、上司と部下の関係になってから 慎重に近づいていくようになった…ドラマのテンポも、それを表現されているのではないかと考えるのは、深読みしすぎでしょうか😅
    8話で出てくる仮面にも、意味が込められているようだし、挿し絵や プロローグ&エピローグにも 工夫があって、解釈を楽しめるドラマだなぁと思っています。
    サラっと見ると、ただの恋愛ドラマで、内容が薄く感じるかもしれなくて、評価は 人それぞれになると思います。
    後半の展開も楽しみです🎵

    • arasujidan より:

      確かにテンポは緩やかですよね。
      訳していても、さほど重要な言葉がなく、または繰り返しで、淡々としています。
      けれど、それが妙に心地よく、日常の切り取りという印象を受けます。
      緩やかな流れの川といったところでしょうか?
      しっとりと楽しむことができます!