きれいな男(キレイな男) 第12話あらすじ1/3 視聴率4.3%同時間帯3位

スポンサーリンク

チャン・グンソク(장근석)、IU(アイユー:아이유)主演の韓国ドラマ・キレイな男

(きれいな男:綺麗な男:美しい男: 原題:イェップン ナムジャ:예쁜 남자)

の第12話あらすじ(ネタバレ含む)&感想1/3です。

キレイな男 キャスト・登場人物紹介

 

  • 放送開始日:2013年11月20日
  • 放送局と曜日:KBS2水木ドラマ
  • 第12 話放送日と視聴率:2013年12月26日 視聴率:4.3% 同時間帯3位

きれいな男

 

スポンサーリンク

きれいな男 あらすじ

暗号

静かに聞きたいだろうからとユラマテを一人にしようとする。けれどマテは、待っくれという。そして、暗号のせいで、いや愛の為に人生を賭けた人とはチェ・チーム長(ダビドゥ)かと問う。

そのとおりだと答えるユラ。ダビドゥがどんなカードを切ったのか?今まで教えなかったのに従順に暗号を差し出す理由は何だ?と問うマテ。

ユラはダビドゥのカードは秘密の事情があるし、互いの事情は尊重しなければならないという。 そして、そのうちわかるから、少し待ってはどうかという。

『誰に感謝しなければならないのか?ポトン?ポトンを愛したチェ・チーム長?』と、マテ

ついに暗号を聞こうとするマテ。けれど、『削除・確認』とボタンを推し進める。一瞬フリーズした後、『今何をしたの?この暗号のために、あなたがここまでどのようにきたか!それはあなたのお母さん遺言なのよ!』と、ユラ。

母の遺言、その大切な暗号で、自分でない他人の犠牲で得たくはない。今までは暗号のために走った前半戦として、後半戦は自分で悟るために走ると、マテ。

『わたしの母の息子だから、必ずそうして探せると信じています。そして今後、再びポトンがあなたの前に跪くことのないように、気をしっかり整えて生きる』と、マテ。

 

『ごめんね。愛して・・・』と、ダビドゥがポトンに言い抱きしめたところを見たあと家に帰ったマテ。ダビドゥの正体はなんなんだ?ほんとうにポトンのために?と、考えを巡らせるマテ。

マテにユラから電話がかかる。今からでも暗号のことを教えてあげるというが、マテは断り自分で探すという。暗号を探しだすと、あなたは天が崩れるのにと、ユラ。

部屋に入り、ダビドゥに対し、暗号のせいで人生を投げたと聞いたというポトン。言えないことが有るというダビドゥ。MGとちょっと関係があってホン・ユラを助けたんだと。

『はぁ~、自分の運命にどうして三角関係が入って・・・』と嘆くポトン。ダビドゥは今までどおりマテにシュートすればいいし、自分もあなたにシュートをするという。いつか入るだろうと。そうでなくて自分のもとに来るかとも問う。もちろんダビドゥ特有の言い回しで、結局は何も考えずに寝てと言い話を終える。

 

ナ・ホンナンは臨時株主総会でパク・ムンスを解任し、着くべき席をなくせと部下に命令する。会長が手を差し伸べてもどうにもならないという。

ネットでA君B君にたとえて悩みを相談するポトン。そこに書いてあったとおりにキスを想像してみる。マテとの想像はいつもしているので、ダビドゥとのキスだ。そこに本物がやって来て驚くポトン。

『しなかった、しなかった、触れてない』と、弁明するポトン。母がやって来たので、A君B君の設定のまま相談してみる。仮称は全く意味をなしてなかったが、母は愛してくれる人といてこそ、朝、化粧のしがいがあるという。そして、ダビドゥを推す。

クィジはポトン会社にも乗り込んできていた。そして、マテが出かけるとともに、くっついて出て行く。

出先でトラブルを起こすクィジ。女性の足を踏んづけたにも関わらず、誤りもせずに弁償すればいいんでしょという。その女性は結婚記念日にチェコで特注して買った靴だと言いまくし立てる。周りの目も気になり始めたところに、マテが割って入り、事なきを得る。その後、自分の例を上げクィジを諭すマテ。

 

約束通りダビドゥと一杯やるマテ。暗号を消したことを話すマテ。そして、心が羽毛のように軽いと続けて話す。そんな軽いものでポトンを苦しめているのかと問うダビドゥ。

暗号自体は腕を差し出してもいいほどに欲しいものだが、自分を好きなポトン、ポトンを好きなチェ・チーム長までも利用して手に入れると、競争の終わりに恥ずかしくなるだろうと思ったのだと、気持ちを吐露する。

思ったより魅力があって真摯な男だというダビドゥ。けれど、その言葉は、社長のせいでポトンがこれ以上泣かないでいいと理解してもいいのかと、問う。

マテもまた、最後の質問としてダビドゥとポトンの中が進んだのかと問う。期待していると答えるダビドゥ。

 

きれいな男 第12話2/3に続く

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント