LIFE(ライフ)第3話視聴感想(あらすじ含む) イ・ドンウク、チョ・スンウ主演韓国ドラマ

イ・ドンウク、チョ・スンウ主演jtbc月火ドラマ

LIFE(ライフ/ライプ:라이프)

の第3話視聴感想(あらすじ含む)です。

 

LIFE(ライフ)・登場人物紹介 イ・ドンウク、チョ・スンウ主演韓国ドラマ

 

 

韓国ドラマLIFE(ライフ)

 

 

 

 

LIFE(ライフ) 作品データ

  • 韓国jtbcで2018年7月23日から放送開始の月火ドラマ
  • 脚本:イ・スヨン(이수연) 『秘密の森』
  • 演出:ホン・ジョンチャン(홍종찬) 『名不虚伝:ミョンブルホジョン』  イム・ヒョヌク(임현욱) 『分かり得る人』
  • あらすじ:私たちの体内で起こる激烈な抗原抗体反応のように、守ろうとする者と変えようとする者の信念が、病院内のあらゆる群像の中で衝突する医学ドラマ

 

 

 

LIFE(ライフ)第3話視聴感想(あらすじ含む)

まずは視聴率から。

 

第3話は4.601%と、第1話と第2話の中間の値でした。

落ち込むことの多い2週目に月曜日の自己記録を更新しているので、進捗としては上々です。

ただ、視聴者がこの内容についていけるのかどうかは疑問です。

外国人だからハードルの高差を感じるのか?韓国人にはマッチしているのか?

後者であれば、この先も数字は伸びそうです。

 

視聴率グラフはこちら → 韓国ドラマランキング

 

 

さて、第3話も難解でした。

ストーリーは、医師たちv.s.ク・スンヒョの構図と、イェ・ジヌの家族歴に整理されます。

 

外科医たちの医局会議で、ストライキを決行するという案が出てきました。

医師たちからぞんざいな扱いを受けているソヌ・チャンがク・スンヒョの手先として、音声を聞かせています。

ク・スンヒョには地方支援という名分があるので、ストライキは墓穴を掘る行為だと意見するイェ・ジヌ。

とりあえずストライキを決定する投票の期日だけが決まりました。

 

ソヌ・チャンはカン・ギョンアに対して、イェ・ジヌの解雇を命じます。

彫刻のような男を解雇すると言われ、残念がるカン・ギョンア。

 

掲示板への情報漏えいの責任をかぶろうとするチュ・ギョンムン

けれど、院長イ・ボフンのIDにログインできず、嘘がバレてしまいます。

もっとも、ク・スンヒョはイェ・ジヌが実行したことを知っていましたね。

 

構造調整室のスタッフを投入して、経営改革を刊行するク・スンヒョ。

スケジュール、勤務評価記録、Morbidity & Mortality Conference(M&Mカンファレンス)など、あらゆるデータを評価対象にされることに苛立っている応急医療センターの医師たち。

※M&Mカンファレンス・・・死亡や重要な症例を評価研究して次に繋げるためのもの

 

 

一方で、イェ・ジヌの家族史の端緒も描写されました。

イ・ボフンが家族ぐるみでの知り合いだということ。

母親が美人だということ。

チヌは母に群がる男たちが嫌だったこと。

母は現夫とヨーロッパへ行っていること。

 

チヌは勉強のため家にいて、父とソヌはサッカー観戦に行き、チヌは残念に思っていたこと。

父親が交通事故で亡くなったこと。

イェ・ジヌの弟イェ・ソヌの足は健全だったこと。

チヌが父の靴を整理している時、ソヌは足を不自由にしていたこと。(父と同じ事故で?)

ソヌはイ・ノウルに好意を持っていること。

 

 

未だにシーンが細切れで、あちこちと展開が移るので、なかなか整理が付きませんね。

来週辺りからはわかりやすくなるかもしれませんが、第4話までは説明的な描写が続きそうです。

 

文責:韓国ドラマあらすじ団