韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

ラブリー・ホリブリー 第19話・第20話視聴感想(あらすじ含む) パク・シフ、ホン・ジヒョ主演韓国ドラマ

   

パク・シフ&ホン・ジヒョ主演のKBS2月火ドラマ

ラブリー・ホリブリー(러블리 호러블리:lovely horribly)

の第19話・第20話視聴感想(あらすじ含む)です。

※30分で1話です。

 

ラブリー・ホリブリー 登場人物・キャスト紹介 パク・シフ、ホン・ジヒョ主演韓国ドラマ

 

 

ラブリー・ホラブリー

 

 

 

ラブリー・ホリブリー  作品データ

  • 韓国KBS2で2018年8月13日から放送開始の月火ドラマ
  • 脚本:パク・ミンジュ(박민주)
  • 演出:カン・ミンギョン(강민경)、チ・ビョンヒョン(지병현)
  • あらすじ:運命を共有するある男女が、トップスターとドラマ作家として出会って起きる、奇異な事などを描いたホラーロマンティックコメディ

 

 

 

ラブリー・ホリブリー  第19話・第20話視聴感想(あらすじ含む)

まずは視聴率を見てみましょう。

第19話・第20話は4.4%/4.4%と回復してきました。

一時は最下位に逆転されそうでしたが、なんとか踏ん張っています。

 

視聴率グラフはこちら → 韓国ドラマランキング

 

 

今回も淡々とあらすじを紹介していきます。

 

 

「私は帰ってきた」との朱文字。

オ・ウルスンは書いた記憶がない。

鬼神はいないと、ユ・フィリップ

 

文章が思い浮かばないキ・ウニョン作家。

そこにラヨンの鬼神が現れ、私が助けてあげようか?私が助けたらあなたは何を差し出すの?と告げる。

 

傷ついて死ぬのより捨てられるのが怖くて、フィリップに冷たくするウルスン。

オレがどうして捨てるんだ?捨てないってと、フィリップ。

 

 

ウルスンのは母は友人の息子で、少しの間一緒に暮らしていたイ・ソンジュンに気づく。

現在フィリップが住んでいる場所はかつてウルスン宅だったのだ。

子供の頃はウルスンをお姉ちゃんと呼び、後ろをついて歩いていたソンジュン。

そのことなどを思い出したウルスンはぎこちない。

未だに霊が見え、それで自分にりんごの木を話してくれたのだと、今になって合点の行くウルスン。

 

 

動画について、サ・ドンチョルに脅迫されてやったと供述したウニョン。

けれど、それを聞けば聞くほど嘘の気がすると、フィリップに話すイ刑事

イ・スジョンの死体を表に出すために山崩れが起きたようだとも。

また、火災事件のときにもキ・ウニョンがそこにいたと話す。

キ・ウニョンと私は3つの事件に連結しているということですね?と、フィリップ。

けれど、ウニョンに動機があるかはフィリップにはわからない。

 

 

ウルスンの母が捕まえた探偵は、フィリップも知っている男だった。

けれど、今回はフィリップを探るシン・ユナが依頼主だったとわかる。

 

ウルスンの母はサンフランシスコに住んでいたわけでもなく、夫の事業が傾いたために、ウルスンから金を引き出そうとやって来ていた。

その電話を聞いてしまい、ウルスンは捨てられるのを怖がってるから自分が金を出すと、フィリップ。

 

 

ユナ、オレたち嘘はもうやめようと、フィリップ。

そばにいるだけいて良い人ができたら去れと言ったが、それが長かったようだとも。

肩の火傷痕を見せ、8年前に私が命をかけて助けたと言い、執着するユナ。

 

ウルスンはウニョンとの共同執筆に入ることに。

努めて無視しようとするウニョンに、怖がっているようにみえるわよと、ウルスン。

 

血が出るまで唇を噛みしめながら執筆するウニョン。

それに気づいていないウニョンに指摘を入れるウルスン。

 

ウニョンが共同執筆を申し出たことについて、企んでいることがあるようだと話す、フィリップ。

また、世の中で一番マンドゥがきらいだ、マンドゥを盗んで殴られたことがあるか?・・・おじさんよりその女がより恨めしいとも。

それが2002年ワールドカップのときだっと聞き、驚くウルスン。

フィリップは同情を煽ってキスしようとするが、キム・ヨンマンが戻ってきて未遂に終わる。

 

 

8年ごとに4回もフィリップに会っていることをイ・ソンジュンに話すウルスン。

 

初放送をフィリップと再生してみるウルスン。

自分のせいで失くしたものを戻して返してあげると、ネックレスをプレゼントするフィリップ。

怪我したところもいつか返すとも。

 

マンドゥのときの女の子は私だったと告白するウルスン。

世の中には食べてはいけないものが2つだけある、汚いもの、そして、他人のもの、マンドゥを食べたければうちに来てと、メモを渡していた。

コリナレジデンスでも知らずに会っていたかもとも。

ウル・マンドゥがお前だって?と、フィリップ。

母に新しい子供ができていて、失意のうちに帰った記憶がよみがえる。

 

 

ウルスンが10歳の時、夫が大運を受けようとして、ウルスンは病んで夫の事業が傾いた、ウルスンの四柱が特別で8年ごとに運が入れ代わる、あの子のために変なことも多くしたと、イ・ソンジュンに話すウルスンの母。

 

ウルスン、ごめんねと、りんごの木に触れ涙しているフィリップの母の鬼神。

 

 

自分に付いていた鬼神についてイ・ソンジュンに訪ねるフィリップ。

同じ霊気をウルスンにも見たと、イ・ソンジュン。

写真を見せて確認するフィリップ。

 

ウル・マンドゥへ行くフィリップ。

ウルチュクと呼ばれ振り返り、物が落ちてきて怪我をする。

ウルスンが受けた怪我を変わりに受けたようだ。

はじめからお前のものじゃなかった・・・もう、すべて返さなければと、フィリップの母。

母さん・・・と、フィリップ。

 

 

ラブリー・ホラブリー 第21話に続く

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

 - ラブリー・ホリブリー , , , ,