韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

私の後ろにテリウス 最終回視聴感想(あらすじ含む) ソ・ジソプ&チョン・インソン主演韓国ドラマ

   

ソ・ジソプ&チョン・インソン主演のMBC水木ドラマ

私の後ろにテリウス(ネ ティエ テリウス:내 뒤에 테리우스)

の最終回視聴感想(あらすじ含む)です。

 

私の後ろにテリウス 登場人物・キャスト紹介 ソ・ジソプ&チョン・インソン主演韓国ドラマ

 

 

私の後ろにテリウス

 

 

 

 

私の後ろにテリウス 作品データ

  • 韓国MBCで2018年9月27日から放送開始の水木ドラマ
  • 脚本:オ・ジヨン(오지영)
  • 演出:パク・サンフン(박상훈) 『自体発光オフィス』、パク・サンウ(박상우)
  • あらすじ:消えた伝説のブラック要員と、運命のように諜報戦争に飛び込んだ前の家の女の、怪しげな幻想の諜報コラボ

 

 

 

私の後ろにテリウス 最終回視聴感想(あらすじ含む)

全32話(実質16話)の放送が終了しました。

途中のレビューは書いていないのですが、途中からは空から降る一億の星(ハヌレソ ネリヌン イロッケエ ピョル:하늘에서 내리는 일억개의 별)よりも楽しく視聴していました。

視聴率は安定しており、トップを譲ることなく最終回を迎え、最終日には9.8%/10.5%と平均でも10%を超えるに至りました。

さすがソ・ジソプといったところでしょう。

 

視聴率グラフはこちら → 韓国ドラマランキング

 

 

当初は女性主人公コ・エリンを演じるチョン・インソンの鼻筋が気になって気になって仕方ありませんでした。

けれど、慣れというのは恐ろしいもので、徐々に気にならなくなるんですよね。

一月過ぎたころには気にならなくなりました。

また、もう一つの懸念材料だった子供との絡みも、徐々に慣れてきて違和感がなくなりました。

 

さて、本編ですが、さほど練られた脚本ではなかったため、最後に反転が起きるのだろうと思いつつ視聴していると・・・案の定の反転が起きました。

その他の描写も含め、脚本自体はセオリー通り型にはまったものだと言えます。

 

意外とツボにハマったのは、キングキャッスルの住人で結成しているKIS(KingCastle Information System)の存在。

妙に的を射た行動と組織力で、国家情報局にさえシンジケートかと思わせる活躍を見せました。

 

ソ・ジソプが演じたキム・ボムはスーパーエリートのはずなのにどこか間の抜けたところがありましたね。

脚本家が緻密に計算したキャラクターなのか、偶然出来上がったキャラクターなのかは定かではありませんが、国情院出身の要員と言うには物足りない一面がありました。

例えば、チャイムがなると銃を持って玄関まで出ていましたが、要員ならばカメラとモニターを付けませんか?

うちなんてネコの監視用に付けてるくらいなのに!

 

もう一つ気になったのは、エリンが死んだ夫をあまり振り返らなかったこと。

何箇所かはそのような描写はあったものの、あっけなくキム・ボムに傾いていったのはどうなのよ?と思ってしまいました。

あるいはこれが女性の生存本能なのかも?とも思ってみたり。

幼い子のために強いオスを欲するということなのでしょうか?

 

ま、それは置いといて、今回は緻密なドラマではなく、ちょっと笑える仕上がりになっていて、ソ・ジソプがうまくやってのけました。

チョン・インソンの演技は今回はじめてだったのですが、しっかりと演技のできる女優さんのようです。

互いの次回作にも期待ですね。

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサードリンク (sponsored link)

関連記事

 - その他の韓国ドラマ , , , , ,