韓国ドラマ、時代劇と現代劇ではどちらがハードルが高いのか?

スポンサーリンク

お正月休みということで更新が滞りがちです。

『星から来たあなた』は明日の朝からあらすじをアップしていきますので、しばしお待ちを!

さて、本日からKBS1で骨太の大河ドラマ・鄭道伝(チョン・ドジョン:정도전)が始まります。

鄭道伝(チョン・ドジョン)キャスト・登場人物

おそらくは日本の影響なのでしょうが、韓国でもKBSの大型時代劇には『大河ドラマ(テハ トゥラマ:대하드라마)』の冠が付きます。

星から来たあなた

 

さて、 今回は、時代劇と現代劇ではどちらがハードルが高いのか?について考察していきます。

 

時代劇のほうが語彙数が少ない?

古いお付き合いの方はご存知と思いますが、ボクはそもそも歴史物をのドラマを見ながら史実を掘り下げることをメインにサイト運営をしてきました。トンイ考イ・サン考韓国歴史ヒストリアなどがそうです。

そのため、時代劇のほうが楽に視聴できます。また、語彙についても、歴史物は語彙が限られているし、言い回しも定型であることのほうが多いため、簡単に内容を把握することができます。

おそらく韓国人にとっては、漢字を捨ててしまった弊害により、歴史モノのほうが視聴の難易度は高いのではないかと思われます。

逆に日本人は漢字がわかるため、一度何かの機会にその字面を見てしまえば、それだけでどのようなモノなのか把握することができ、視聴の難易度を下げることができます。

例えば、捕盗庁(ポドチョン:포도청)ですが、韓国人は音だけが頼りなので、ハングルを見ただけでは正確にその意味はわかりません。もちろん、過去の経験から類推することはできますが、漢字を見た時のような明確さはありません。

日本人の場合には、『捕まえる』『盗む』『庁』とわかれば、警察っぽい官庁なんだなと用意に推測できますよね?

 

また、韓国の漢字の読みは基本的に1字に1音しかないため、一度読み方を覚えておけば、他の単語も芋づる式に覚えられて便利です。

ただし、たまに2つの読みを持つ漢字もありますので、そういったものには気をつけてください。例えば『寺』などがそうです。お寺を意味するときは『サ』と読み、官庁名として出てきた場合には『シ』と読みます。

問題は、歴史用語を簡単に覚えられるかどうかなのでしょうが、こればっかりは個人の能力差にもよりますね。世界史が好きだったりすれば、楽しんで覚えられると思いますが、ひょっとすると、女性にはそういった趣向の方は少ないかもしれません。

この問題さえクリアーすれば、歴史モノのほうが、圧倒的に語彙は少なくて済みます。

あ、こんなサイトも作っています。結構投げっぱなしですが(汗) → 韓国時代劇歴史ドラマ事典

 

現代劇の語彙数は膨大!

前回、『相続者たち』をほば全訳したことで、『結構語彙数が増えて実力がアップしたに違いない!』と思っていました。ところが、他の新しいドラマを見始めると、全くついて行けないんです。

現代劇というのは取り扱う題材によって全く語彙が変わってくるので、ひとつのドラマを把握できたからといって、他にも通用するというわけではないんですよね。わかりやすく言うと、サッカーはうまくても野球は下手的な感じです。

また、登場人物によって言い回しなども変わってくるため、それを把握するのも大変です。例えば、『相続者たち』では、キム・タンの父キム会長は他の登場人物とは異なる古風で厳格な韓国語を話していました。

そういったパターンが無数にある現代ドラマは、内容を把握するのがとても難しいです。

さらに、10年前のラブストーリーなどに比べて、明らかに語彙数が増えています。昔のドラマの表現は単純明快で把握しやすかったし、今ほどスピードもありませんでした。

現代ドラマは、元々韓国ドラマが苦手だった分野にもどんどん進出してきて多様化しているため、今後もますます外国人にはハードルが高いモノになることでしょう。

それでも、ぼくの感覚でいうと、韓国語のほうが日本語より語彙が少ないです。これは、漢字の読み数の少なさとも合致しているのですが、日本語の表現のほうが多様性があります。

ぼくがよく引き合いに出すのは『重』と言う字です。『重い』『重ね』『重力』『九重』『軽重』『重雄(人名)』と、この1字に6通りの読みが存在するなんてクレージーですよね。台湾人の友達でさえ驚いていました。

このようなクレージーな法則がない分、ある意味語彙に関しては制しやすい言語ではないかと思います。

 

以上のことからもわかるように、時代劇のほうが圧倒的に内容を把握しやすいです。難しそうと思って敬遠している方も、試しに見ていただければと思います。

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. すずり より:

    先月このサイトを知り、楽しく読ませていただいています。
    私もどちらかと言えば、時代劇のほうが好きで「イ・サン、トンイ、ペク・ドンス、階伯」などを
    観ました。もともとはアメリカの「ウォーキング・デッド、スーパーナチュラル」などの
    女性はあまり好みそうに無いドラマに嵌ってます。
    韓国ドラマも観てましたが、おっしゃるとおりハングルだと役者さんの名前からして
    似たような名前ばかり、顔も似てるので・・・・
    ただ昨年からキム・スヒョンさんの演技に惹かれ、初めて韓国俳優を個人的に
    応援してます。このサイトに出会えて良かった!! よろしくお願いします。

    • arasujidan より:

      慣れていくと見分けも付いて来ると思います。でも、手術してる方の見分けは難しいですね(汗)