ボーイフレンド(ナムジャチング)第6話視聴感想(あらすじ含む) ソン・ヘギョ&パク・ボゴム主演韓国ドラマ

ボーイフレンド(ナムジャチング)第6話あらすじ 3/3

父として、人の口に上るのは心が痛いと、チャ・ジョンヒョン

人の関心事になるのは慣れていると、スヒョン

そうだな、私の誤りだと、チャ・ジョンヒョン。

そんな意味じゃなくて、お父さん、合党のせいで頭が痛いでしょ、記事で見たわと、スヒョン。

近い内に処理できるだろう、今週だろ?ホテルのオープンと、チャ・ジョンヒョン。

来られる?と、スヒョン。

そんな楽しい席に政治家が行けば雰囲気が壊れるさと、チャ・ジョンヒョン。

 

 

チョン代表に会った所感はどう?と、チョ・ヘイン

質問の意図がなんなんだ?と、チニョク

笑い事じゃないわチニョク、あんただけが知らないようで心配よ、チョン・ウソク代表、彼の母キム会長、本当に怖い人達って、先輩たちの話を聞いてすごく驚くのと、ヘイン。

そうなのか?それがオレとなんの関係があるんだ?と、チニョク。

どうして関係ないの?彼がさっき、あんたを警戒するの感じなかったの?あんた、もう二度と代表の事に出張らなければいいわと、ヘイン。

オレの心配してくれるのか?と、チニョク。

チニョク、ちょっと!と、ヘイン。

心配するな、いくらその人たちがすごい人たちでも、オレはオレだと、チニョク。

代表を信じてそうなの?と、ヘイン。

チョ・ヘイン、こんな質問はイマイチだと、チニョク。

怒っても仕方ないわ、私はあんたが怪我するのを見てられない、続けてあの人達の目に止まればあんた・・・いや、代表も大変になるはずよ、このホテルを虎視眈々と狙っているという噂が出回ってるの、チャ代表がその人達の目の外に出て、ホテルを奪われるかも知れないわ、このようにまでなって代表、あんたを守ることができる?と、ヘイン。

心配してくれてありがとう、戻ろうと、チニョク。

 

 

ボーイフレンド(ナムジャチング)

 

 

ソクチョホテルのセレモニー準備。

 

キム会長とウソクがやってくる。

 

 

廊下で偶然会うスヒョンとチニョク。

ネクタイが気に入らない?と、スヒョン。

謝恩品だからイマイチなのかな?謝恩品じゃないんだけどと、スヒョン。

ここにあるのですが、結べなくて・・・まだ練習しなければならないようでと、チニョク。

それをちょっと外してみてと言い、プレゼントしたネクタイを結んであげるスヒョン。

どうしても笑みが溢れるチニョク。

その様子を目にしてしまうウソク。

 

 

結局ミオクにつれてこられたチャ・ジョンヒョンは、キム会長と会っていた。

合党の記事が2ヶ月後に出ると、キム会長。

不可という記事なら今すぐでもいいと、チャ・ジョンヒョン。

テギョンにはチャ議員が関係している多くの証拠があります、選挙を一人でなさいましたか?スヒョンもチャ議員も、もう自分の席を見つけないと・・・と、キム会長。

娘の呼称を改めてくれと、チャ・ジョンヒョン。

一度も他人と思ってなくて、家族同士可愛がるのがおかしいのかしら?・・・また戻るじゃないですかと、キム会長。

 

 

若いわね、うちのスヒョンが寂しいのかしら?と、キム会長。

それでは私は、行事進行のために移動しますと、チニョク。

止まりなさい!私がまだ行けと言ってないのに、職員教育がめちゃくちゃなのか、代表の背におぶさってふざけるのか?と、キム会長。

私がすべて熟知したと思っていましたが、VIP儀式マニュアルは疎かにしたようです、ご不快いにさせて申し訳ありませんと、チニョク。

途中から見ていたスヒョンは出ていこうとするのをミジンに止められる。

これほどの実力ならスヒョンが越えていくほどではあるわね、VIP儀式教育マニュアルは会社の教育館にあるだろうし、寂しくて金持ちの女性を魅了するマニュアルは、どこにあるの?と、キム会長。

そんなマニュアルは必要ありません、席にご案内しましょうかと、チニョク。

チェ理事、鶏を追っていた犬、屋根を眺めるという言葉は昔の話で、今はそんな犬たちはどうなるのかご存知で?分別を知らないそんな犬は、自分の茶碗も奪われて飢えて死ぬんですと、キム会長。

そこにウソクがやってきたことが、チニョクには助け舟となる。

 

 

ロビーでの様子をすべて見ていたヘインは、大丈夫?と、声を掛ける。

このように過ごしていたんだ、こんな言葉なんて初めて聞いたよ、だけど、彼女は、こんな酷い言葉を、こんな話にならない態度を、どれだけ耐えたのだろう?と、大きなため息をつくチニョク。

 

 

スヒョンへの公式インタビュー。

遠いところから来てくれた顧客へ、楽しい時間を過ごしてくださいますよう願いますと挨拶し、インタビューは終わろうとしていた。

そこに、相手は誰なのかとぶっこんでくるとある記者。

もちろん、チェ理事側が仕込んだ記者だ。

ここでお答えする内容ではありませんと言い、去ろうとするスヒョン。

それでも食い下がる記者は、相手はストーカーであってるのか?どんな仲なのか?と問う。

「どんな仲・・・好意を持つ仲です」と、スヒョン。

退出しようとしていたチニョクは思わず振り返る。

チニョクの方を見て、薄っすらと笑みを浮かべるスヒョン。

笑みを返すチニョク。

 

 

ボーイフレンド(ナムジャチング:남자친구)第7話に続く

 

文責:韓国ドラマあらすじ団

コメント