ボーイフレンド(ナムジャチング)第6話視聴感想(あらすじ含む) ソン・ヘギョ&パク・ボゴム主演韓国ドラマ

ボーイフレンド(ナムジャチング)第6話あらすじ 2/3

なんのことかわからないけど元気を出して・・・と打とうとしたチニョクだったが・・・ほら、モデルより遥かに綺麗だと言ったじゃないですか、春ですと、スヒョンにメールを打つ。

 

父のカーディガンを受け取りにブティックに寄ったスヒョン

ついでにネクタイも買う。

すると、そこにウソクが現れる。

出ていく途中なのと、スヒョン。

聞いたか?と、ウソク。

いいえと、スヒョン。

 

 

ボーイフレンド(ナムジャチング)

 

 

二人はどんな仲なの?と、イ先生

好意を持つ仲ですと、チニョク。

ひょっとして会社の代表じゃないの?と、イ先生。

そうと、チニョク。

なのに何が好意よ?と、イ先生。

本当なんだけどと、チニョク。

チニョクが好意を持っているのは嬉しいことだけど、相手がトンファホテルの代表で・・・自信ある?その人は生きるのに息が詰まる人生じゃない、あんたまで息が詰まったらどうなのよと、イ先生。

一緒に行ってみようと・・・と、チニョク。

あんた、誤解されるわ、その人が持ってるものが多くてと、イ先生。

私が誤解されるのは関係ないです、その人、時々笑うんです、それがすごくいいんですと、チニョク。

あんた好意じゃないわ、ものすごく好きなのねと、イ先生。

 

 

きれいな顔に生まれるのも大変なのに、その顔で笑う日がないのか?運転するのが嫌だ・・・歳月は早いぞと、ナム室長

 

 

一旦家に帰ったスヒョンだったが、イ先生の家に来てしまう。

けれど、車から出られずうなだれる。

そんなスヒョンを見つけるチニョク。

予定が早く終わってと、スヒョン。

どうか早く終われとすごく願ったんだけど、願いがかなったと、チニョク。

お願いがどうしてそんなに小さいの?と、スヒョン。

今日のお願いでしょ、明日は明日の願いがあってと、チニョク。

すごく遅くきたようだけどと、スヒョン。

中に誘おうとするチニョクだったが、散策しようと、スヒョン。

 

 

ホテルのオープンのことなどを話す二人。

チニョクさんはどう?初めてなんだけど、こんなの?と、スヒョン。

私はときめきますと、チニョク。

セレブを招待するの大変じゃない?と、スヒョン。

全く、全てうまくいくだろうから・・・まだ仕事を多くしたわけではないけれど、仕事をしてみるに、代表は、どうやって短期間に良いホテルにしたのか、代表のことをやたらと考えますと、チニョク。

気分がいいわと、スヒョン。

また、すべてを注いだと、適材適所の人材を迎えたと話す。

さらに、慰謝料でもらったホテルだったけど自分には全てだったこと、その上、一緒にしてくれた人たちへの感謝も口にする。

こんな話を聞けばすごく決断力があるのに、どうして私にはたじろぐんでしょう?認めるでしょう?と、チニョク。

よくわからないんだけど・・・と言ったあと、チニョクの腕に手を回すスヒョン。

その手を握るチニョク。

 

車に戻り、ネクタイのプレゼントを渡すスヒョン。

ジッパーのものはなかった、カラーが気に入るかわからないとも。

ネクタイのプレゼントは初めて受けとしましたと、チニョク。

私も、父以外は初めてよ、ネクタイのプレゼントと、スヒョン。

 

 

写真を見たから離婚すると、ソンジュ

ソンジュの夫をやり込めに行こうとするナム室長。

負けそうだわと、ナム室長を止めるソンジュ。

 

 

テギョングループに慮って、セレブたちはホテルオープンの招待を受けないようだと、ウソクに話すチェ理事

その言葉通り、チニョクの仕事はうまく行ってなかった。

 

 

いきなり広報チームにやってきて、セレブの招待を手伝うと、ウソク。

すかさず名簿を見せるイ課長

ウソクは今日中になんとかなりそうだと言い、チニョクのネクタイをチェックして去っていく。

チニョクだけがウソクが誰なのかを知らなかった。

今後は私の許可なしに出張るなと、イ課長に告げるソンジュ。

 

コメント