韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

ミスター・サンシャイン 第6話あらすじ・視聴感想 イ・ビョンホン、キム・テリ主演韓国ドラマ

      2018/07/30

イ・ビョンホン(이병헌)、キム・テリ(김태리)主演のキム・ウンスク(김은숙)脚本によるtvN韓国ドラマ

ミスター・サンシャイン(미스터 션샤인)

の第6話あらすじ・視聴感想です。

 

ミスター・サンシャイン キャスト・登場人物紹介 イ・ビョンホン、キム・テリ主演韓国ドラマ

 

 

ミスター・サンシャイン

 

 

 

ミスター・サンシャイン(미스터 션샤인) 作品データ

  • 韓国tvNで2018年7月7日から放送開始の週末ドラマ
  • 脚本:キム・ウンスク(김은숙) 『トッケビ』『太陽の末裔』『シークレット・ガーデン』
  • 演出:イ・ウンボク(이응복) 『トッケビ』『太陽の末裔』
  • あらすじ:辛未洋擾(シンミヤンヨ:신미양요:1871)時に軍艦に乗船しアメリカの地を踏んだある少年が、アメリカ軍人の身分で、自分を捨てた祖国である朝鮮に戻り駐屯し、そこで起きる出来事を描いたドラマ
  • 視聴率 11.713%  視聴率グラフはこちら → 韓国ドラマランキング

 

 

 

ミスター・サンシャイン 第6話あらすじ・視聴感想

雨。

道具屋。

エシンのチマを握るク・ドンメ

何をするのか!と、エシン。

何もです・・・ただ、あるんです、お嬢様・・・私が朝鮮にどうして戻ってきたのかご存知ですか?・・・(どうして私を?・・・人の命は貴いという)・・・たかだか一度、その一瞬間のせいで・・・(奢りが過ぎた両班の女が)・・・100回背を向けてもこの道一つだけです、お嬢様と、トンメ。

店を出ていくトンメ。

涙目のエシン。

 

戻るトンメ。

ホタルがいる。

うっかり忘れた、お前が遣いさせたものと、トンメ。

トンメの手のひらに文字を書くホタル。

石頭(馬鹿)だって?違うさと、トンメ。

トンメの背中をぶつホタル。

痛い・・・と、トンメ。

 

 

アメリカ公使館。

お前がユジンか?これはいつぶりだ?どうしてこう良く大きくなって、どうしてこんな所に!と、キム家の下男

それで、会えてうれし嬉しいか?本論だけ話せ、どこだ?オレの両親を捨てた所?と、ユージン・チョイ(チェ・ユジン)

お前が恨むのもわかるが、その時は世の中のすべてがそうでと、キム家の下男。

本論だけ言えと!と、ユージン。

江華島の村の裏山に捨てたんだが、昔のことで正確には・・・キム家の下男。

正確に思い出さねばならないだろう、生きたければと、ユージン。

 

 

庭にチマを投げ、捨てろとハマン宅(宅)に告げるエシン。

 

 

 

ヒソンが自宅に戻ってくる。

若様!と、下男。

ハグして喜ぶ二人。

私はどうにもあまりに買いすぎたようだ、父上が知れば贅沢したと悪口を言われるのでそなたがと、ヒソン。

そして、両親に頬を打たれる覚悟で家の中に入っていく。

 

父上・母上、ヒソンです。私が戻ってきました!と、ヒソン。

お前がなぜ?どうしてここにいる!お前の母が電報を打ったと言ったのに!と、キム・アンピョン

あそこにいろといったではないか!と、ヒソンの母・尹氏婦人

チョルをしようとするヒソン。

そこに別の下男が駆け寄ってきて、30年前に働いていた男を見つけてアメリカ公使館に・・・と、伝える。

シー!と、下男を黙らせる両親。

ヒソンを追い返そうとしていたキム・アンピョンだったが、ごまかすためにヒソンをハグする。

そして下男を遠ざける。

会いたかったです、遅く戻ってきてすみませんと、ヒソン。

 

 

江華島。

チャン・スングが墓参りをしている。

馬に乗ってやって来るユージン。

下男に道案内させている。

ひょっとして残っている酒があれば一杯分けていただけますか?経験がなくてきて手ぶらです、酒台は朝鮮駐在アメリカ大使館にと、ユージン。

タダだ、7歳の女の子だ、酒の味はわからないさ、残っていると、酒瓶を差し出すスング。

ありがとうございますと、ユージン。

 

ある場所に到着し、この近くだが30年も月日が経ち正確な場所がわからない下男。

30年・・・一度も来なかったという話だな・・・(胸ぐらをつかみ)・・・覚えていなければならないだろう!そのように殴り殺したなら、ちゃんと埋めてくれなければならないだろう!と、涙ながらに言葉をぶつけるユージン。

ひざまずいて詫びる下男。

上典(サンジョン:상전)がいる状況では来られるはずもなく、賤民に生まれた来相変わらず賤民のままだと言い訳するしか無い。

そのことをわからないユージンではなかった。

逆に痛いほどわかっていた。

 

酒瓶を墓に返し・・・気に入ってくれるかわからない、幼い頃に母が好きだった花のだけどと、花束を持っているユージン。

気にいるはずだと、スング。

花を手向け・・・ご家族のようですね?と、ユージン。

父だ、辛未(シンミ)戦争のときにこうなられと、スング。

それならここの墓が、その時にすべて・・・と、ユージン。

その時から今までさ、こっちは辛未年の洋の奴らが、あっちは乙未年の倭の奴らが・・・その年は、婦女子を劫奪に略奪に放火に、村一つが廃墟になった・・・そちらは誰を訪ねに来たのだ?あちらの谷間は・・・と、スング。

そうだ、奴婢だった私の父・母だ・・・なぜそう見るので?奴婢の子供が、かなり整っていますか?と、ユージン。

それで酒代を受けに行こうか、考え中ですと、スング。

いらしてくださいと、ユージン。

 

※辛未年・・・1871年。アメリカ軍が江華島を陥落させた辛未洋擾(シンミヤンヨ:신미양요:1871)

※乙未年・・・1895年。三浦梧楼率いる日本人が明成王后(ミョンソンワンフ:명성왕후)閔妃を殺害した乙未事変(ウルミサビョン:을미사변)

 

1 2 3 4 5

スポンサードリンク (sponsored link)

 - ミスター・サンシャイン , , , , , , , , ,