韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

ミスター・サンシャイン 第17話あらすじ・視聴感想 イ・ビョンホン、キム・テリ主演韓国ドラマ

      2018/09/07

イ・ビョンホン、キム・テリ、キム・ミンジョン、ユ・ヨンソク、ピョン・ヨハン主演のキム・ウンスク脚本によるtvN韓国ドラマ

ミスター・サンシャイン(미스터 션샤인)

の第17話あらすじ・視聴感想です。

 

ミスター・サンシャイン キャスト・登場人物紹介 イ・ビョンホン、キム・テリ主演韓国ドラマ

 

 

ミスター・サンシャイン

 

 

 

ミスター・サンシャイン(미스터 션샤인) 作品データ

  • 韓国tvNで2018年7月7日から放送開始の週末ドラマ
  • 脚本:キム・ウンスク(김은숙) 『トッケビ』『太陽の末裔』『シークレット・ガーデン』
  • 演出:イ・ウンボク(이응복) 『トッケビ』『太陽の末裔』
  • あらすじ:辛未洋擾(シンミヤンヨ:신미양요:1871)時に軍艦に乗船しアメリカの地を踏んだある少年が、アメリカ軍人の身分で、自分を捨てた祖国である朝鮮に戻り駐屯し、そこで起きる出来事を描いたドラマ
  • 視聴率 7.694%  視聴率グラフはこちら → 韓国ドラマランキング

 

 

 

ミスター・サンシャイン 第17話あらすじ・視聴感想

媽媽(ママ:마마)、コ家エシンが入りましたと、尚宮。

忠州から送ってきた進上品(チンサンプム:진상품)というのだ、甘く味がよく、私だけ隠れて食べるのだが、お前が来るというので特別に下すのだと、オム妃

光栄でごさいますと言って、その桃を一気に頬張ると、コ・エシン

ハハハ、班家の令嬢が新学問を学んでいるというので、私は非常に嬉しいと・・・そうだ、お前はどうして西洋の言葉に関心を置いたのだ?オム妃。

恐れ入り・・・恐れ・・・と、エシン。

大丈夫なので飲み込んで答えても良いと、笑うオム妃。

はい、恐れ入りますが、始まりは、とある者の名前を読んでみようとしたのですと、エシン。

名前・・・誰の名前だったのかと、オム妃。

一人の異邦人の名前でしたと、エシン。

それで、読めるようになったのか?と、オム妃。

書くことも知るようになりましたと、エシン。

お~、本当に素晴らしいな・・・けれど、好奇心で歩むには学堂はひょっとすると不慣れだろうに?と、オム妃。

サッドエンディングという英語の一言があるのですが、悲しい締めくくりだと教えてくれた者が、私を媽媽に推薦してくれた賓館の社長でした・・・初めてその言葉を聞いた時、学堂に通わねばと決心しました、サッドエンディングの反対の言葉を知りたいたからですと、エシン。

それで、知ることになったのか?と、オム妃。

すべての締めくくりは、それなりの悲しみを抱いているので、未だに知り得ませんと、エシン。

実に愚問で、実に賢答だ、そう、更に何を習ったのだ?と、オム妃。

読んで知恵を得る文などは、詩経の文言なり蘭雪軒(ナンソロン:난설헌)の文言なり、西洋の書籍の文言なり、言語だけ違う、その精神は一脈相通であるかと思います・・・

ただし、一つに一つを加えると、二つになるという山水の約束でありますが・・・私たちが住んでいるこの地を地球と言い、その地球は丸いとする科学の法則などは、非常に興味深いものでございますと、エシン。

まったく、こう聡明なので、祖父が誇らしく思われているだろう・・・お前を見るに、私が大韓の女人たちのために学堂を立てることが、無駄な事ではないようだ・・・端緒をさらに続けたいが、賓館の社長がお前を待っているというので、もうお行きなさい・・・「その日その時そこ」だと言っていたがと、オム妃。

恐れ入りますと、エシン。

 

 

フランス製パン所。

オム妃媽媽を通すとは思わなかったと、エシン。

無礼にもでしょう?と、工藤陽菜(くどうひな:以下ヒナ)

無礼にもとも思い、私は貴下が私に力を見せつけたとも思ったわと、エシン。

私はただ早く答えを差し上げたいと思い、ク・ドンメに直接聞いた声でと、ヒナ。

私は書信を待っていたのにと、エシン。

私は句として残すことしない方で、経験上と、ヒナ。

お願いだ、内幕が何なのだ?と、エシン。

お嬢様の祖父が全国各地に文を送ったのですが、その書信が到着する前に、みんな燃やされてしまったようです、その内一つ残ったものをク・ドンメが手に入れ、返して差しあげようと塀を越えたので、書信の内容は分かり得ず、燃やしてしまった内幕もわかりません・・・

ただし一つ推測してみるに、ク・ドンメが直接塀を越えたというのは、お嬢様のお祖父様を救うためだったのでしょう・・・答えになりましたでしょうか?と、ヒナ。

ありがとうと、エシン。

それなら私にも答えをいただけますか?ヒソンさんの手に納采書が入っていたのですが、お嬢様の手には、虚しい希望が握られたのでしょうか?と、ヒナ。

探らないでください、理由はよく知っていて・・・その日、私が初めて行ったのではないということも、知っているようだが?と、エシン。

一度は入って来るのを見て、その時は出てくるのを見ましたわ・・・入って出た日は違いましたが、お嬢様は、その部屋に続けている人のようでした・・・ありがとうという言葉は なさらなくて結構です、私も助けを受けたからと、ヒナ。

今日はありがとう、こう私を塀の外に抜け出させてくれて・・・では、これで行かなければ、私はまだ罰を受けている最中で、この餅(ケーキ)の対価は私が払うと、エシン。

頂きます、王宮はどうだったのでございますか?と、ヒナ。

泣きそうになったが、幸い、笑いましたと、エシン。

 

 

下賜された大韓帝国の国旗を眺めるユージン・チョイ(チェ・ユジン)

 

 

武官学校。

1898年に武官を養成することを目的に設立された学校だ。

「休め」の号令をしても、何が違うかわからないと、ダラダラしている学徒生。

おっしゃってください、教官ナウリと、兵。

私は今日から学徒たちを教える、アメリカ海兵隊大尉ユージン・チョイだ、名がユージン、姓がチョイだ、学徒たちが呼ぶことはないがと、ユージン。

ユージン、チョ・ヒ?どうして名前だけ2つなのだ?・・・そうして見るに、アメリカ軍の軍服だぞ・・・それならアメリカ人なのか?と、学徒たち。

集中なさって!と、兵。

私は学徒たちの信念と、身体と精神の武装にはまったく関心がない、それは各自良いように固めて・・・今後私が教えるのは、死なない方法だ・・・私の授業は、長くはないが大変で、頻繁にはしないが大変だろう、うまくやろうと、ユージン。

まったく緊張感がない学徒生。

けれど、一人だけ顔つきが違った。

 

1 2 3 4 5 6

スポンサードリンク (sponsored link)

 - ミスター・サンシャイン , , , , , , , , ,