韓国ドラマあらすじ団

韓国ドラマあらすじ団では、韓国で放送されるタイミングで韓国ドラマのあらすじを紹介していきます。また、キャストや登場人物の紹介も行っていきます。

ミスター・サンシャイン 第22話あらすじ・視聴感想 イ・ビョンホン、キム・テリ主演韓国ドラマ

      2018/09/23

イ・ビョンホン、キム・テリ、キム・ミンジョン、ユ・ヨンソク、ピョン・ヨハン主演のキム・ウンスク脚本によるtvN韓国ドラマ

ミスター・サンシャイン(미스터 션샤인)

の第22話あらすじ・視聴感想です。

 

ミスター・サンシャイン キャスト・登場人物紹介 イ・ビョンホン、キム・テリ主演韓国ドラマ

 

 

ミスター・サンシャイン

 

 

 

ミスター・サンシャイン(미스터 션샤인) 作品データ

  • 韓国tvNで2018年7月7日から放送開始の週末ドラマ
  • 脚本:キム・ウンスク(김은숙) 『トッケビ』『太陽の末裔』『シークレット・ガーデン』
  • 演出:イ・ウンボク(이응복) 『トッケビ』『太陽の末裔』
  • あらすじ:辛未洋擾(シンミヤンヨ:신미양요:1871)時に軍艦に乗船しアメリカの地を踏んだある少年が、アメリカ軍人の身分で、自分を捨てた祖国である朝鮮に戻り駐屯し、そこで起きる出来事を描いたドラマ
  • 視聴率 16.588%  視聴率グラフはこちら → 韓国ドラマランキング

 

 

 

ミスター・サンシャイン 第22話あらすじ・視聴感想

どこへ行かれるのですか?と、ユジョ

日本と、ク・ドンメ

親分!と、ユジョ。

オレが一月経っても戻らなければ、みんな去れ、各自整理するものは整理してと、トンメ。

いま、たかだかその女のために私達皆を捨てるのですか?と、ユジョ。

お前はわかってるんじゃないか?その女人が私にとって、たかだか女なのか?と、トンメ。

刀を抜き跪き・・・私はお行きになるというなら共に行きます、親分がいま本国へお行きになれば、死にますと、ユジョ。

それでオレがお前たちを捨てたじゃないか、たった今!おれはもう世の中の全てが敵だと、百度振り返ってもこの道をして、だから行かねば、日本と、トンメ。

止めるホタル。

別のところから出ていくトンメ。

親分!と、ユジョ。

 

 

アメリカ兵と浪人に挟まれたコ・エシンユージン・チョイ(チェ・ユジン)

アメリカ海兵隊大尉ユージン・チョイです、この女人は私の妻です!と、ユージン。

アメリカ海兵隊大尉?と、門の中の将校。

カイル・ムーア少佐が証明してくれるでしょう、朝鮮に共にいましたと、ユージン。

カイル少佐を直ちにお連れしろと、将校

迫る浪人たち。

あいつらはまたなんだ?と、将校。

表に出ていた兵が斬られる。

撃て!と、将校。

被害が出たため引き上げる浪人たち。

ユージン?と、カイル。

 

二人は倉庫に監禁される。

 

アメリカ軍がアメリカ公使館を銃で撃った?狂ったやつなのか?と、文官。

保護を要請したんですと、カイル。

現在夫人とともに拘禁中ですと、将校。

この女人がユージン・チョイ大尉の妻なのは確かなのか?と、文官。

そのように主張していますと、将校。

事実だ、オレが祝ったんだよと、カイル。

要はアメリカ軍と結婚した朝鮮女性というのではない、この女性は送り出す、朝鮮人を我々がどうして連れているんだ?

そうはできません、アメリカ軍の妻ならアメリカが保護するのが適切ですと、カイル。

そうか?それならふたりとも送り出すなり、本国に行かねばならない者が行かずに、いまこの騒ぎを起こしたんじゃないか?それにその日本の浪人たち、清国まで進出する恐ろしい組織なのをご存知で?・・・

何も知らなければ外交的問題にもうでバラないのが良いようだが、少佐?と、文官。

我々が戦場で死にゆくときに、出張るなとおっしゃらないのに、私は日本が怖くて女性一人救えない祖国のために手を失ったのか?と、カイル。

頭が・・・わかりました・・・一旦閉じ込め、そして明日出勤してまた話そうと、文官。

祈りが必要な瞬間なのかと、カイル。

 

 

恨んでもいいのに、全て私のせいです、ごめんなさいと、エシン。

すでに起きたことは、起きたこととしましょう、今は誰かを恨む時ではなく、目をちょっと瞑るときにです、明日どんなことが起こるかわからないからと、ユージン。

どうして、こんなに沈着でいることができるのです?と、ヒナ。

騙されていますよ、胸がすごく高鳴っているのに、いま・・・こんなに寄り添って座るとは知らなくてと、ユージン。

貴下は私と会い、あまりにも多くの道を戻っているようですと、エシン。

それを知りながら、捕まえもせずに・・・期待してください、助けになるでしょうと、ユージン。

朝まで一緒にいてくださいと、ユージンの肩により掛かるエシン。

絵のようにいるでしょうと、ユージン。

 

 

船上のトンメ。

 

日本に着いたトンメは、早速義兵に接触する。

貴様がここにどうして?貴様をその時殺さねばならなかったのに!と、義兵。

時間がありませんナウリと言って本題に入り、ナウリを生かしたように今回はお嬢様を生かします、日本人の助けがなくては難しい決起でしょう、お嬢様は、いま東京のどこにおいでなのですか?と、トンメ。

 

 

エシンをアメリカがかばうはずがないと判断した首長は、公使館を見張っていろと部下に命じる。

 

 

目覚めて我に返り立ち上がるエシン。

Good Morningと、ユージン。

私が正気じゃないわ、こんな状況でぐっすり眠ってしまったわと、エシン。

よく眠れたって、幸いです・・・いまから私の言葉をよく聞いて、私がここから無事に出してあげますと、ユージン。

私一人ですか?と、エシン。

私は、本国に行かねばならないから・・・私達には時間がいくらも残ってないようなので、ここで挨拶しましょう、今回は、私がする別れの挨拶ですと、ユージン。

小さく声を出して泣くエシン。

Goodbye でなく See You でしましょうと、エシン。

See you,See you again ・・・私が先に出ることになるでしょう、心配しないで、私がいつもそうしたように、私が後ろを見てあげるのだから、その次は、一人でもうまくやると信じてもいいですか?と、ユージン。

ユージンが連れて行かれ、一人残されるエシン。

 

手錠をはめられ移動するユージン。

トラックで連れて行かれる。

カイルは馬車でアメリカ兵の遺体を運ぶ。

後を追う武臣会。

そして馬車を囲む。

今何をしてるんだ?と、カイル。

棺桶を開ける武臣会。

けれど、エシンではなく、本当にアメリカ兵の遺体だった。

指示した男を殴り・・・恐れもなく死者の名誉を毀損するのか?それもアメリカ軍の名誉を?このことに日本政府がどんな公文を送るのか気になるな、だがどんな公文が来ても、お前は死ぬと、凄むカイル。

 

 

少し前のユージンとのやり取りを思い出しているカイル。

(カイル、お願いがある、殉職したその上等兵、オレと共に発たせてくれと、ユージン。馬車が必要だなと、カイル。)

幸運を祈る、ユージン・・・と、出ていく舟を見送るカイル。

1 2 3 4 5 6

スポンサードリンク (sponsored link)

関連記事

 - ミスター・サンシャイン , , , , , , , , , ,